トップ > 怨み屋本舗 > 怨み屋本舗 第八話
2008年05月24日

怨み屋本舗 第八話

木下あゆ美さん主演『怨み屋本舗』「ハートキャッチャー」
ゲスト:大谷允保さん、柄本佑くん

2008年5月23日(金)23:58-0:35

あらすじ、
「恋人商法と田吾作」
田舎から上京してきたばかりの青年・五反野進は、
出会い系サイトで知り合った高野レイの甘い誘惑に騙され、
ローンを組んで時計などの高額商品を買わされる。
実はレイは偽名で、本名は大野弥生。大学生の彼女は、
詐欺まがいのアルバイトで何人もの男を騙し、手数料を稼いでいた。
五反野は弥生に返金を迫るが、ストーカー呼ばわりされるだけ。
ある日怨み屋の存在を知った五反野は、弥生への復讐を依頼。
怨み屋は彼女の本性を暴こうと、
シュウや十二月田を彼女に接近させる。
(番組説明から)

つづき、
まずは、里奈をバイト先に潜入させ、情報収集。
シュウに昔の知り合いのフリをさせ、
取り巻きの男たちに疑心を植え付ける。
十二月田をカモとして接触させ、
オタク人形をプレゼントさせる。
大学構内ではキャッチセールスの事実のビラをばらまかれ、
弥生は五反野の仕業だと思って
取り巻きの男たちをうまく騙して復讐させ、
五反野はボコボコにされる。
その頃、弥生は部屋で人形相手に金儲けを喜んで語る。
後日、寄木たちがこの男たちを逮捕。
きっかけは五反野が仕込んでいた録音機。
怨み屋は弥生への制裁に手を付け始める。
十二月田を再び接触させ、
あのマクロイン王国上官からの指令として、
弥生の改心を狙う。
あの人形には隠しカメラがあって、
金の亡者っぷりを録画していたのだ。
ネットに動画を流したと言う十二月田に、
弥生はキレて襲い掛かる。
部屋を出て逃げる十二月田、追いかける弥生、
そこを寄木たちが現行犯逮捕。
「僕の愛は不滅だ」十二月田。
「あ、おまえ、どっかで?」寄木。
「さいなら」十二月田、後ろ向きで走り去る。
後日、怨み屋は五反野から報酬60万円を受け取り契約終了。
「いい人」と言われ、
怨み屋は嬉しいような悲しいような表情を見せる。
おわり。

後ろ向きに走る十二月田は必見!

大谷允保さん、
若手女優の中では演技力があるほうだよな、としみじみ。
かわいいし、もっとブレイクしてもいいはず。

柄本佑くん、ボウズ、がんばってるな!

キャスト
─────
怨み屋_(木下あゆ美)ダークヒロイン
情報屋_(寺島進)怨み屋の協力者
十二月田猛臣(前田健)オタク、情報屋の隣人
杉河里奈()女子高生、怨み屋のもとで働く
シュウ_(竹財輝之助)怨み屋本舗の工作員
野田修一巡査(マイク・ハン)刑事
─────
広瀬雅隆(木村公一)弥生の取り巻き、弥生に騙され暴行、そして逮捕
鈴木重人(江嵜大兄)同上
松岡英輝(黒田耕平)同上
(花ヶ前浩一)弥生の通う大学教授、内定取り消しを告げる
児玉貴志)弥生の詐欺バイト先上司、里奈に儲かると斡旋
(うさぎ唯)弥生の詐欺アルバイト仲間の三人のうちの一人
(久嬢由紀子)同上
(抽月美穂)同上
ダックスープ 放映プロジェクト K.N.P.
─────
五反野進(柄本佑)依頼人、大学生
大野弥生(大谷允保)恋人商法の女
─────
寄木聡警部(きたろう)刑事、渋谷南警察署
─────

脚本 川嶋澄乃
演出 仁木啓介

上記のエンドロールに誤字あり、
柚月美穂(ゆづきみほ)さん。柚子の“柚”ですぜ。

http://ameblo.jp/yuzuki-miho/
B00132L30A
柚月美穂 NEW KISS

スパイスビジュアル 2008-03-28
里奈が潜入した弥生のバイト先のバイト仲間。
『パセリ』で知った子だけど、
この頃はちょっとぽっちゃり?
初見では見分けられなかったな。
背の低さなどから間違いなくバイト仲間。
同じくクレジットされた女性ふたりもおそらくバイト仲間。

おおっと、次回は渡辺典子さん!




posted by エデン at 02:46 . | Comment(0) | TrackBack(0) | 怨み屋本舗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。