トップ > 映画 > LOVEHOTELS
2008年05月18日

LOVEHOTELS

タグ:原田佳奈

ラブホテルを舞台に、4つの短編が描かれる映画。
http://www.excite.co.jp/cinema/special/lovehotels/

原田佳奈さん主演!

WOWOW恒例の土曜深夜エロタイムに放送。
http://www.wowow.co.jp/schedule/ghtml/020727001G1.html
2008年5月18日(日)1:20-3:05
WOWOW初放送

まっ、総合的には☆☆2つってところかな。
出演者のファンだから楽しめるもののお薦めは出来ない。

原田佳奈さん『SWEET OPTIMISM』編、スズコ役。
2006年公開。PG-15
彼女のブログで2005年ごろから書かれていたなあ。
「2年前に撮った」と。つまり2003年ごろの収録。

ハラカナ、このころがとてもかわいらしい。
最近は洗練されてキレイになってきてるからね。

『SWEET OPTIMISM』
今年のクリスマスは一人でいたくなくて、二人の男とそれぞれ別の部屋で過ごす。

ハラカナ編はわずか19分ほど。
結局最後は幸せだったのかな、空しかったのかな。
その他、短編の間に描かれる飲み会にも登場。

かわいさにうっとり〜。
ピザ屋の子も美人だな。
スズコは去年あの子のようにピザの配達をしていたとセリフがあった。
この二人、面識はないんだな。
だからこそ二度目に会った時に微妙な間が出来た。
もし恋のライバルだったら、というような話も面白かったかも。

キャスト
─────
原田佳奈……スズコ、今年のクリスマスは一人でいたくない
田村圭生……コースケ、一人目の男
中泉英雄……ソウ、二人目の男
岡野由季……ピザ配達、二つの部屋でスズコと出会う
清川均士……エレベーターの男?
─────

二本目、
片山けいさん主演、
大人の女が男と不倫、車中で口で奉仕しているところを男の妻に見られてしまう。

静かな雰囲気がちょっと退屈。ムード映画とでもいう感じか。
主演の人の存在感、サクランボの使われ方など、エロい。

三本目、
三浦敦子さん主演、
男にセフレとして付き合われていた女の苦悩。

激しいエロ。色白だしいい体だしかわいいあえぎ声だし、いいな!
最後はどうなったんだっけ?エロに気を取られて覚えてない。
というか暗く重い雰囲気でのめり込めない。

四本目、
サエコさん主演、
高橋一生さんや木下ほうかさん、
ハラカナも所属するJFCTの矢柴俊博さんや森永健司さんも。
長めのコメディ。ラブホテルを継ぐことになった女子高生。

前の三作とは完全に違う作品。
しっかりと作られた話だし、コミカルで気楽に見れるし、面白い。
なんといっても、カラフル!

LOVEHOTELS ラヴホテルズ
B000I0SA8G

2006-10-27


posted by エデン at 07:58 . | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。