トップ > 野ブタ。をプロデュース > 野ブタ。をプロデュース 第五話
2008年05月15日

野ブタ。をプロデュース 第五話

「悪夢のデート」

ノブタ(堀北真希)に何かが足りないと思う修二(亀梨和也)は
恋こそが必要だと判断。シッタカ(若葉竜也)が
ノブタに恋しているようで、恋の成就プロデュースが始まる。

デートの楽しさよりも、デートをきっかけとして心の変化が描かれる。

あらすじ、
髪を切ってさっぱりしたはずなのにどんよりしているノブタに
何かが足りないと思う修二は恋こそが必要だと判断。
その頃、ノブタのもとにラブレターが送られ、送り主はシッタカ。
恋の成就へプロデュースが始まる。
ただし、彰はノブタを意識し始めていて今回は消極的だが。

修二はシッタカに接触して、
ダブルデート(修二とまり子、ノブタとシッタカ)を提案、
ノブタにも同意を得ようとするがノブタは臆病さを見せる。

<ア〜ハ、ア〜ハ、アハハハ>
不気味な笑い声が町中に響き渡り、教師の間でも不吉な出来事の前兆だと恐れられる。
どうやらキャサリンらしいが…。

ノブタを勇気付けて、「今日は楽しかったです」の
言葉を教えるなどデートの成功を狙って準備をする。
まり子は引き立て役を買って出てわがままな女を演じる。

ダブルデートが始まり、いい雰囲気になったところで
二手に分かれて、ノブタとシッタカふたりのデートが始まる。
まだ臆病なノブタ、
「ノ…、ノブタパワー注入!」

水族館デート、
客のおじいさんが倒れてノブタが介抱する中、
嘔吐で汚れたノブタの手にシッタカが
「汚ねっ!」と避けてしまう。
ノブタを避けたのではなく、おじいさんの嘔吐物に避けたのだが…。

尾行していた彰とノブタがおじいさんを救急車に。
汚い手なんかじゃないと彰はノブタを励ます。
幸いおじいさんは飲みすぎだっただけ。
その後、きれいな空を見て、ノブタと彰がキャッチボール。
ノブタの心の声、
いつも二人に投げてもらってるばかり、受けるばかりで、
いつか投げ返せるようになりたい。

翌日、学校ではノブタの男癖の悪さを指摘するビラがばら撒かれる。

修二はシッタカが反省していることを伝えるが、
ノブタはやっぱり好きな人とは付き合えないと言う。
さらに別に人気者になりたくないというノブタに、修二はいらだちを見せる。

キャサリン教頭が鳥を捕まえた。
<アーハハ>と笑う九官鳥で、キャサリンは似ていると言われて迷惑だった。
修二もまさか鳥とは思っておらず、キャサリンが言う。
「冷静沈着な桐谷修二も、噂ごときに惑わされたか。
 あっ! こういうのにも惑わされたりしてる?」
とあのビラをただの紙切れだと言い切る。

帰り道、彰は修二を呼び止め、ふたりでノブタの帰り道を尾行。
ノブタは毎日神社に寄ったり花屋のおばさんと話したり。
ふたりはノブタのことを何も知らなかった。
「♪七色の谷を越えて、流れて行く風の…」
ノブタのつぶやいた歌、検索すると童謡のようだ。

修二は考えを改め、ノブタの意見を尊重。
また、修二自身がノブタを人気者にしたいと宣言。
ビラでキャッチボール、修二とノブタの心のキャッチボール。

デートは意外な展開を見せ、
生徒カスミがノブタに話しかける。
ノブタの助けたおじいさんはカスミの祖父だったのだ。
これを機に、カスミがノブタの友達になった。
おわり。


ビラから来る噂とキャッチボールが印象的。
ともにデートに関係ないながらも本編の大事な要素。
心の変化を表すもので、うまく取り入れられたなと。

キャサリン、やっぱりいいところで登場する!

しかしまあ、最初の彰とノブタのキャッチボール、
グローブはどこから持ってきたんだ(笑)

今週のガリ勉木村、
ちょっと映るだけ。

お弁当、
デートでまり子が作ってきた、でもこげた玉子焼き。
後日、なぜか悪い噂が流れる。自分で作っていないうえに下手だと。
まり子自身が引き立て役として下手に作っただけなのに。
いったいどこから噂が?

デートのお弁当、修二がノブタの作ったものとして用意。
ノブタ用とシッタカ用。
母親がほとんど家にいないせいか、修二、上手いな。

恒吉梨絵さん、かわいいな。
今回、一年生の生徒役のようで「上原先輩」の噂話をして、横顔が写る程度。
身長は160ぐらいかな、一番いい感じ。

キャスト
─────
亀梨和也………桐谷修二

山下智久(特別出演)……草野彰

堀北真希………小谷信子

戸田恵梨香……上原まり子
─────
中島裕翔………桐谷浩二、修二の弟
岡田義徳………横山武士、担任で国語教師
木村祐一………早乙女(セバスチャン)、体育教師
深浦加奈子……修二の母、出張から帰ってきて爆睡
不破万作………家原靖男、校長
たくませいこ…黒木広子、数学教師
─────
柊瑠美…………蒼井かすみ(カスミ)…普通女子
田上尚樹………明石博之_(明石)……普通男子
田島穂奈美……井上美咲_(美咲)……女子
若葉竜也………植木誠(シッタカ)……普通男子
山根和馬………遠藤文太(文太)………不良男子
宮沢麻衣………大石里恵(コイシ)……スポーツ
飯田貴昭………河合哲司(カワイ)……スポーツ
楯真由子………木村愛里(木村)………ガリ勉
末高斗夢………近藤利晃(近藤)………ディスティニィの坊主頭
亜希子…………佐伯奈美(奈美)………女子
川口渉…………佐藤学(トーダイ)……ガリ勉
三浦葵…………高田由佳(高田)………普通女子、背が高い
大東俊介………谷口健太(タニ)………修二グループ
広瀬剛進………手塚真吾(手塚)………カブトムシの餌を吸う
高瀬友規奈……沼田真弓(ヌマタ)……不良女子
奈津子…………野村明美(ノムラ)……不良女子
斉藤友以乃……橋本麗子(ハシモト)…不良女子
渡辺敬介………長谷川俊明(長谷川)…ディスティニィ
水田芙美子……坂東梢(バンドー)……不良女子
豊岡武士………福浦浩輔(福浦)………スポーツ
辰巳奈都子……宮里亜沙子(宮里)……スポーツ
立澤真明………矢沢恭平(矢沢)………不良男子
エリックまたひら…山田ジェイムズ隆志(山田)…普通男子
増島綾子………湯川瞳(ヒトミ)………ガリ勉
石井智也………吉田浩(ヨシダ)………修二グループ
古原靖久………和久井拓三(タクゾー)…不良男子
涌澤未来………渡辺ちえ(ちえ)………女子
─────
宇梶剛士………桐谷悟、修二の父
忌野清志郎……本屋ゴーヨク堂店主・デルフィーヌ
─────
伊藤正博………水族館で倒れるおじいちゃん、実はカスミの祖父
山口みよ子……花屋のおばちゃん
成田さほ子……看護師、おじいさんの無事をノブタと彰に伝える
野貴葵…………スタント、キャサリンのアクロバット
井端珠里………上原まり子の友人
渡辺夏菜………同上
恒吉梨絵………生徒、まり子の悪い噂話
織田菜月………生徒、同上
─────
高橋克実………平山一平、彰の下宿先の豆腐屋
夏木マリ………佐田杳子(キャサリン)、教頭
─────

脚本 木皿泉
演出 岩本仁志




posted by エデン at 01:20 . | Comment(0) | TrackBack(0) | 野ブタ。をプロデュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。