トップ > ドラマ > 恋する日曜日 森脇英理子
2008年05月12日

恋する日曜日 森脇英理子

恋する日曜日・文學の唄「市井事」
http://w3.bs-i.co.jp/koisuru/series2/backnumber/0306.html

あらすじ、
文博(入江雅人)の元に、桔平(坂本真)という男が売り込みに来た。
強引な桔平にとまどいながらもどこか憎めない桔平に文博は、
夕食をご馳走する。翌日留守中に訪ねてきた桔平に電車賃を
渡したことを花江(森脇英理子)から聞いた文博は呆れるが、
その後も訪ねてくる桔平に対する花江の態度をみて、
内心穏やかでなくなった文博。
そしてある日、花江から桔平とキスをしたと告白され…。
(番組説明から)

つづき、
文博は聞き流すことも出来ず、桔平のことを否定するようなまねも出来ず、
ただ相づちを打つだけだった。
「昨日、お月さんとキスしたよ」
「そう…、お月さんとキスしたか…」
「本当にしたんだよ」
「そう…、本当にしたか…」
桔平=お月さん、丸い顔をしているからと花江が呼ぶ。

後日、文博は花江が結婚を意識し始めたことを知る。
ちょうどそこへ桔平が訪ねてきて、大事な話があると言う。
文博は察していて結婚のことだろうと優しく切り出すが、
桔平はそのつもりだったけど出来なくなったと言う。
影でその言葉を聞いてしまった花江に気づかず、
文博と桔平は外へ出て話をつづける。
留学の話があって自分を試してみたくて、
結婚は待って欲しいと花江に伝えて欲しいと言う。
文博は花江を悲しませることは出来ず、
ぜひ結婚してやって欲しいと頭を下げる。
この日以来、桔平は姿を見せなくなり、ケータイもつながらない。
花江は寂しさに暮れる。

三ヵ月後のある日、桔平がやって来た。
結婚の自信を失っていたものの、この三ヶ月考え抜いて、
出した結論は一緒に留学することだ。
文博は自分勝手な桔平を許さず結婚は認めない。
それでも桔平がプロポーズするが、
花江は優しく切り返す。
「一緒には行けないわ。
 夢を追う人は夢をしっかりと見すえておけばそれでいいのよ。
 私も夢を見つける。
 (千円を渡して)お月さんにあげる最後の交通費かもしれないわね」

文博がバッティングセンターでひとり言。
「わたしはラブストーリーが嫌いだ。
 なぜなら、自分が物語の主人公になれないことを知っているから。
 しかし今度は、彼女のラブストーリーの主人公になりたい。
 そう、彼女にはずっとこういう顔でいて欲しい」」
文博がホームランを当てて、花江は満面の笑顔を見せる。
終わり。


男目線のドラマで面白い。
文博にまともに感情移入!妹に惚れる感情もまた!

森脇英理子さん、美人だな〜!
『のだめ』で目を引く存在だった。
今回、彼女がメインで登場。
笑顔はもちろん、困った表情も印象的だったな。
花江は風呂の兄を呼びに行き困った顔を見せる。予定外に桔平がやって来たから。

そして何より、公称バスト86のふくらみが印象的( ̄∇ ̄)

異母兄妹のふたり暮らし。
兄は少なからず恋愛感情を持つ。
(後に桔平に「花江を愛している。幸せにしてやってくれ」と発言)
妹はキスを告白したから同じく恋愛感情を…?

そんな中、小説家・文博を訪ねてイラストレーター・桔平が来た。
なんとも自分勝手な桔平。
強引にやって来て、みすぼらしい格好で雇って欲しいと言う。
さらに、食事に加わるわ、主人である文博より先に肉に手を付けるわ、
人の話は聞かないわ、社交辞令を言えないKYだわ、腹の立つ存在。
なぜか花江と桔平がどんどん親密に、さらに腹が立つ。
文博は花江の気持ちから結婚を許すが、
自分勝手な留学の話で、また腹が立つ。

しかし、花江の気持ちを大事にして、
文博も異母兄妹の花江を愛しているが、
桔平に幸せにして欲しいと頭を下げる。
その後、桔平は姿を見せず。

そして三ヵ月後、桔平が自分の弱気を取り払って
結婚の意思が決まったからとやって来た。
とことん自分勝手な桔平に本当に腹が立つ。

救われたのは、花江がしっかりと別れを告げたこと。
もし付いて行ったなら、文博としてはうなだれるしかない。

うん、面白かった。

キャスト
─────
入江雅人……石田文博、小説家
森脇英理子…石田花江、異母兄妹
坂本真………中山桔平、イラストレーター
─────

原作 武田麟太郎「市井事」
脚本 中山智博
監督 吉村剛弘

恋する日曜日 文學の唄 ラブストーリーコレクション
B000RJV0G2

KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(D) 2007-09-05




posted by エデン at 06:00 . | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。