トップ > ドラマ > 夢縁坂骨董店 第六話
2005年11月20日

夢縁坂骨董店 第六話

今回の骨董品は“女王の首輪”で、条件は“決して指輪を外してはいけない”。
佐藤藍子さん主演。

エロは特に無かった。あのブラ姿と服を着た状態でのアップぐらいだった。

秘美子が「記憶が戻るのが怖い」と不安になり魔界を呼ぶ。
現れた魔界はビジュアル系。初めてか。
秘美子は安心し「呼べば出てくれる、でしょ?」と言ってリボンつき骨を手にする。
「わしゃ、お前のペットか!」ピエロっぽいものに変化。
今回は剣のシーンが無かった。
秘美子が髪形を変えた。
いつかの辻ちゃん、加護ちゃんのように横にふたつまとめてる(編みこんでまとめてる)。

佐藤藍子さんは受付嬢星野涼子を演じる。28歳で、同僚から「お局」と陰で言われる。
その同僚二人が更衣室で愚痴を垂れる時にブラ姿。

かつて交際相手に裏切られた涼子はもう男を信じられない。
そんな彼女の心のよりどころはペットのケン。クウちゃんと同じ犬種だ。チワワか。
そのケンが自室マンションから落ちて死んでしまい、絶望感を抱き遺影まで作って、そして骨董店へ。
えらく軽めの設定とまず思ったものの実は「ペットロス」と言われる結構重い症状だったりする。
秘美子はお茶を煎じて飲むし、何か色々変わった設定だ。
今回のストーリーにはやたらとバナナが出てきて、店では和菓子(バナナあん?)も。

「この指輪をはめた男性はあなたの下僕になります。ペットのようにあなたに服従するんです。」
半信半疑も涼子は受け取る。

桜井アキラが涼子にアプローチを仕掛ける。
「(謙虚)もし良かったら、コンサートのチケットがあるんで、一緒に行ってもらえませんか?」
「(軽め)忙しいですよね、そうですよね、すいません。ホントすいません。失礼します。」
立ち去ったかと思いきやまた現れ
「(クール)また今度食事でもいかがですか?」
「(軽め)あ、唐突過ぎますよね。オレってホントにダメだな。すいません。」
うまく演じてたな〜。BGMも良かった。アップテンポのムード曲って感じ。
続いて告白し、涼子は十日間の契約で交際することに。
「めんどくさい付き合いはしたくないの。それに期限を決めておけばどちらかが嫌になっても
恨みっこなしでしょ。それから十日間はこの指輪を薬指にはめておいて。」
バナナにかぶりつくアキラ、喜び叫ぶときに出ちゃったよ…。

その後アキラは言いなり。
「この服いいよね、アキラくんに似合うよ」→何かと思えば犬の着ぐるみ→怪訝な顔をするも指輪が光り「ワン!いいですよ」
「お散歩のときに着ようね」→「ワン!」
「クリーニング忘れてた」→「ワン!オレが取ってきますよ」
指輪の効果を実感する涼子。
部屋には涼子とアキラのツーショットの写真がいっぱい。
けど同じショットだ。背景が違うのは合成か?
写真サイズと額縁が違うだけで同じ写真がいっぱい。ちょっと…。

すっかりアキラのことが気にかかるようになった涼子はアキラに会いに行く。
見つけたと思ったら同僚に抱きつかれる現場に出くわしてしまった。
涼子はショックで走り去る。

場所を変えて二人で話をする。
さっきのは同僚が告白するシーンだったが、涼子はそれは見ていなくて、抱きつかれるところだけ見たようだ。日清食品(カップヌードル)の赤い大きな電光看板が見えるのはどこのオフィスだろう?

「言い訳は聞きたくない。」→指輪が光り「ごめんなさい。」
「なれなれしく名前で呼ばないでよ。」→「ごめんなさい。」
「ホントに私のこと好き?」→「もちろんです。大好きです。」
指輪で言いなりだからそういう答えしかないよね。
「もういいわ…。ピカピカピカピカうっとうしい。指輪を返して。」と指輪を奪う。
「もう一度聞くけど、私のこと好き?」→「なんで信じないかな…。」と言って立ち去る。
おお! 指輪の力だけじゃなかったってことか。

秘美子が現れ「どうして指輪を外させたのですか?」
涼子「怖かったけど、彼の本当の気持ちを聞きたくなったんです。」

コクった同僚からアキラが福岡に転勤することを知り追いかける涼子。
その同僚はアキラが涼子を好きなことに気づいていないようだ。
ま、細かい設定はいらないけどね。

魔界「本物の愛というものは一方的な関係の中からは見つかりはしない。」
秘美子「双方向の想いがあってこそ見つけられるもの…。」
「何だろう、この懐かしい想い。こんな光景をどこかで…。私の記憶は一体…。」と言ってまた過去を少し思い出す。
「私は…誰?」

今回は今ひとつ。
でも矢松亜由美さんは初回に比べるとかなり良くなったし、ゲストたちも上手だからそれなりに良かった。
演出はいいけど、脚本が今ひとつなのかな、今回は。(ヘタな論評)

女王の首輪、ドラマ中では"A Queen's Collar"で、
公式サイトストーリーページでは"the collar of queen"だ。
違うフレーズであることにちょっと突っ込んでおくけど、英語を気にしたのは今回が初めて。
へえ、collar(服の襟・えり)に首輪という意味もあるんだ、と思った。

矢松さん、「牡丹と薔薇」の小沢真珠さんに似てる。

ブラ姿は内藤萌亜さんか。174cmで胸もデカー!
もうひとり告白役は大島由香里さん。頭ひとつ分の身長差で、ブラシーンでは真横に顔。
アキラは飛岡宏年さん。結構かっこいい。演技派だ。

金子舞優名(子役) 坂東亀三郎(特別出演) 理久 佐川満男
エンディングテーマ HIKARI / より子

監督:内片輝  脚本:平林幸恵

次週はメイドです。
夢縁坂骨董店 北川弘美 メードに変身
http://edens.seesaa.net/article/8701992.html


トリック、夢縁坂骨董店 夢縁坂骨董店 北川弘美 メードに変身
夢縁坂骨董店 第三話 夢縁坂骨董店 第四話 夢縁坂骨董店 第五話
夢縁坂骨董店 第六話 夢縁坂骨董店 第七話 夢縁坂骨董店 第八話
夢縁坂骨董店 第九話 夢縁坂骨董店 第十話(最終話) 夢縁坂 原作本プレゼント


posted by エデン at 13:42 . | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。