トップ > 怨み屋本舗 > 怨み屋本舗 第五話
2008年05月03日

怨み屋本舗 第五話

木下あゆ美さん主演『怨み屋本舗』「ストーカー女VS十二月田(シワスダ)」
ゲスト:黒田勇樹さん、小林きな子さん

2008年5月2日(金)23:58-0:35

あらすじ、
「ストーカー女VSオタク」
人気ゲームソフトの主役キャラクター「電脳探偵K」
を演じる漆原正太郎は、売出し中の若手俳優。
ある日、帰宅途中にブスでデブな女・下北リカコに
スタンガンで襲われ、気がつくと部屋で全裸にされていた。
しかも横には同じく全裸のリカコの姿が!
「電脳探偵Kと私は結ばれる運命」と思い込んでいるリカコは、
漆原の引越し先まで突き止め、追いかけて来る。
執拗なストーカー行為に苦しんだ漆原は、
飛び込んだ公衆電話に貼られた黒い名刺を見つけ、
怨み屋に助けを求める。怨み屋は情報屋にリカコの素性調査を依頼。
区役所に勤めるリカコは、気に入らない人物の住所を調べ、
嫌がらせを繰り返して…。
(番組説明から)

つづき、
怨み屋はシュウをリカコに接触させるが、
リカコの脳内はオタクの世界であり、シュウは追っ払われる。
へこむシュウ(笑)。
別のオタク・十二月田のもとに、オタクの世界の上官から
電話連絡が入り、リカコへの接触指令が与えられる。
その上官は情報屋(笑)。
指令を受けた十二月田はリカコにしつこく付きまとい始める。
変なキャラの二人の怪演が光る!
困ったリカコによりストーカーの通報を受けた
刑事・寄木たちが駆けつけ、長官が撤退の指令を出し、
十二月田は刑事を気にせず撤退。
怨み屋は「改心させるのが目的じゃない」と本腰を入れる。
リカコは区役所で十二月田の情報を調べ始めるが、
そこへリカコへの苦情を言う人たちが殺到する。
皆、下北リカコの仕業であると通報を受けてやって来たのだ。
その通報はもちろん怨み屋の仕事。
知らないと言い張るリカコだが、ちょうど十二月田の情報を
調べようとパソコンで“住基ネット”を開いていたところであり、
すべてがバレる。その後、区役所の不祥事として新聞に載り、
リカコは辞めて田舎の自宅静養。
依頼人・漆原はリカコが東京に戻ってくる心配をするが、
怨み屋は「しばらくは大丈夫。彼女も自分のことで手一杯だから」。
そう、リカコは追いかけられているのだ、十二月田に。
報酬金200万円を出すことを渋って嘘をつく漆原だが、
怨み屋はメイド喫茶の少女との淫行の事実を突き出し、
漆原はうなだれながら約束の報酬を差し出す。
一方、リカコは十二月田から必死に逃げる。
また、寄木は殺人事件の資料を調べる中、
資料の中から“青い蝶”の標本が写された写真資料を発見する。
終わり。


かなり面白いな、このドラマ!

ストーカー・リカコ対オタク・十二月田!
バトルもいいけど、目には目をストーカーにはストーカーを!
ふたりの変なキャラが楽しい。

全体的に、チープさが逆にいい!?
画質や怨み屋のカツラなど、ツッコミを受けるかもしれない面もあるけど、
そこは見る側の発想力でカバー、何より全体の雰囲気がいい。

エンドロールの背後で、“青い蝶”の標本を眺める怨み屋。
一個だけじゃなくたくさんの標本。
いったい何なのか、一話完結の中で全体を通して残す謎の存在。
今回、刑事が調べる過去の殺人事件がこの青い蝶に絡むことが分かり、
怨み屋にも何かしらその事件のことが絡んでくる!

小林きな子さん、下着姿など体を張って度胸満点の怪演!!
彼女のことは何度か見ているけど、これほど強烈な役はすごい!
誰もがこの役で印象を残したに違いない!

マクロイン王国、
オタクの世界、
早美あいさんが起用されたことが面白い。
実際、ゆうこりんを思わせる彼女で適材適所!
セリフはほとんどなかったけどね。

ドラマの中で、2006年8月11日(金)付けの新聞で悪事が報道。
実際にドラマ本放送がこの頃だったんだろうね。

ドラマの中でちょっと映った情報。
十二月・猛臣
シワスダ・タケオミ
さすがに変換はされないな、ドラマ上の特別な固有名詞。

1973年4月3日生まれ、
何か意味はあるかな?

連続ドラマDVD
怨み屋本舗 DVD-BOX
B000GH3PLI

バップ 2006-11-22

主なキャスト
─────
怨み屋_(木下あゆ美)ダークヒロイン
情報屋_(寺島進)怨み屋の協力者
十二月田猛臣(前田健)
杉河里奈()女子高生、怨み屋のもとで働く
シュウ_(竹財輝之助)怨み屋本舗の工作員
野田修一巡査(マイク・ハン)刑事
─────
青山美香(花澤香菜)登場なし? または17歳のメイド、漆原の淫行
オーロラ姫(早美あい)オタク少女、マクロイン王国の王女
リカコの上司(小島康志)役所の上司
高谷基史)役所を訪ねる男・大須賀、リカコの嫌がらせを受ける
須永千重)怨み屋の狙い通り苦情を言い付ける住民
町田水城(みずき・男))同上
竹口龍茶(ろんちゃ))同上
(伊藤早由)漆原に接客するメイド?
(稲垣浩子)漆原に接客するメイド?
(杉山めぐみ)漆原に接客するメイド?
(尾花優子)漆原に接客するメイド?
K.N.P.
─────
漆原正太郎(黒田勇樹)依頼人、ヒーローショーの男
下北リカコ(小林きな子)ストーカー女、羽黒区役所勤め
─────
寄木聡警部(きたろう)刑事、渋谷南警察署
─────

脚本 川嶋澄乃
演出 仁木啓介


posted by エデン at 01:58 . | Comment(0) | TrackBack(0) | 怨み屋本舗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。