トップ > ドラマ > 着信アリ 第五話
2005年11月13日

着信アリ 第五話

タグ:着信アリ

小田桐父が呪いの電話を受け、自宅で死亡。
首吊り自殺に見せかけるようなものだったが、
「バラのあざはあった(仙堂談)」。

監察部長に土肥って名前があるってことはまた今後出てくるのかな。
なぜか暗い部屋(笑)で仙堂を捜査から手を引くよう言い聞かそうとするが
仙堂は突っぱね、監察部長も仕方なく諦める。

水野父(松澤一之さん)が呪いの電話で死亡。
地獄の炎に焼き尽くされ(?)、ミイラになった。
電池を抜いてもまた鳴るって怖い。
「あるある探検隊」のお笑いコンビ・レギュラーが出演。

秋野智佳(星野奈津子さん)は学院長・秋野の娘ということらしい。

ワンダーフォーゲル部九名の遭難事故の近くで母子二名の遭難もあったが
見つからず捜査打ち切りになっていた。
新聞シーンをコマ送りして記事を読むと、姓は榊(さかき)? 娘か息子かは分からず。
ワンゲル部は母子と遭遇していない、と書かれていた。
これは大きな鍵だ。
編集長はやっぱりこの事故のことを知ってるね。
かつては敏腕記者だったらしく、この事故を調べていたのか、または母子と関係あるのか。
バーのマスター義田さん、イチローの真似をしていた。前にもしてたかな。

子供も妻もいない斎藤(田山涼成さん)は
宮下さつき(佐田真由美さん)と結婚しようとしている?
しかしそのさつきに呪いの電話が。

かさぶた号(笑)の久しぶりの登場

新任教師山下とばったり出会う由美。
山下は姉亜美(ドラマ上ではまだ名前は出ていない)と深い知り合いだったようだ。
恋人か?

由美「教師、続けてらしたんですね」
あっ、出戻りか。そうだよな。
白衣の先生の昔を知っているのは、女学院だからかつて生徒だったわけじゃなく先生だったんだね。

松下さやか、超能力〜!


posted by エデン at 14:12 . | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。