トップ > ドラマ > 東京少女山下リオ 初恋ダッシュ。
2008年04月06日

東京少女山下リオ 初恋ダッシュ。

山下リオさん主演『東京少女山下リオ』第一話「初恋ダッシュ。」

BS-i 東京少女
http://w3.bs-i.co.jp/tokyogirl/
2008年4月5日(土)23:00-23:30

あらすじ、
バッチリメイクに派手な髪型、ルーズソックスに、数多くのアクセサリー。
とある高校の校門でひときわ目立つ女子高校生、リオ(山下リオ)。
徳島から上京したリオは、両親に黙って母親の妹、
朝子(高瀬媛子)のマンションに転がり込んできた。
東京に強い憧れを抱いているリオは、
雑誌を見本にした格好で登校してしまったようだ。
もちろん徳島の方言は一言も出さず、
出身地がバレないよう気を使っている。
そんな不自然な格好のおかげか、
クラスメイトの千尋(松尾寧夏)と仲良なる一方、
間違って男子トイレでメイクを直していた姿を
目撃された神田篤志(冨浦智嗣)には、からかわれてしまう。
そんなある日、リオは千尋に誘われ神田らとともに原宿にいくことになる。
初めて訪れた原宿の混雑に疲れ果てたリオは、
カフェで思わず方言を発してしまう。
その方言に敏感に反応した神田は、なぜかその意味を知っているようで・・・。
(公式サイトから)

つづき、
二人だけになったとき、神田は話し始める。
小学三年のとき、短い間だけ徳島に転校し、その時に顔をあわせていたのだった。
神田はリオに徳島出身であることを黙っていることの交換条件に
ケータイ番号を聞きだす。
恋の予感…、いや、宿題や剣道部の雑用を言いつける。
リオは仕方なく手伝うことに。

ある日教室でリオは神田に頼まれ折鶴を折っていると、
神田は遊びで怪鳥ツルゴンを作り上げる。
かつて徳島の浜辺でリオは神田に貝殻をプレゼントしたが捨てられ、
田舎者とののしられた。これこそがリオの東京への執着だった。
そして幼いリオの恋でもあった。
子供のときのこととはいえ、ののしられたことを許せないリオ。
後日、リオは神田に教室へ呼ばれるが行かない。
ケータイで話し、
神田はあの後に貝殻を必死に探したけど見つけられなかったと謝る。
それを聞いたリオ、こっそり教室横の廊下まで来ていて、
「今のうちの宝物当てたら許したる」と言う。
その宝物とは、あのツルゴンだ。
終わり。

この『東京少女』毎月主人公が変わるらしい、その四月度がこれらしい。
『恋する〜』枠のドラマで、あれは再放送だったけど、
この枠で初めてオンタイムで視聴。予告からすると一話完結か。

二人の出会い、リオの恋、神田の謝りたいこと。
短編でうまくまとめてるよね。

『恋する〜』で知った山下リオさん、
今、コンタクトレンズ系CM『アキュビュー アドバンス』出演中!
先輩役で松永かなみちゃんも!
http://acuvue.jnj.co.jp/event/cm/cm25.htm

いやあ、純粋な感じがかわいい子。このドラマでは主題歌も!

神田、この顔見たことがある! 声を聞いて何に出ていたかを思い出す!
声変わりはまだかー?(笑)

リオと神田の背の違い、リオのほうが高く、
これは小学生時代の二人の子役の背にも引き継がれているところがいい。

キャスト
ブログランキング応援お願いしまーす
山下リオ………渡辺リオ役、東京に憧れてやって来たが徳島弁を隠す
冨浦智嗣………神田篤志役、リオの出身を知っている。ナルセ(親の離婚で神田に)

松尾寧夏………女子高生、リオの友人、アダチ千尋

滝澤史…………少女時代のリオ
石田愛希………少年時代の神田

藪内奈津子……リオの母(電話の声)?
向井章介………教師

高瀬媛子………リオの叔母(と言っても若い人)

脚本 篠崎絵里子
主題歌 「イケナイ恋」山下リオ(作曲遠藤浩二)
音楽 遠藤浩二
監督 安藤尋

初恋ダッシュ。 (リンダブックス 東京少女 1)
4803001286

リンダブックス編集部
泰文堂 2008-04

東京少女 DVD-BOX1
キングレコード 2009-09-09




posted by エデン at 00:30 . | Comment(1) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
BS-i 2008/10/8(水) 22:30-23:00 初恋ダッシュ。 (再)
毎週水曜、再放送かな?
Posted by エデン at 2008年10月06日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。