トップ > ドラマ > 着信アリ 第四話
2005年11月05日

着信アリ 第四話

タグ:着信アリ

すっごい面白かった。でも今回は主に映画版のテレビスタジオシーンのリメイクですね。

パクリ?コピー?
呼び方はどうあれ、ハラハラドキドキだった。
映画版に頼らない次回以降の出来はいかに!?

その映画版、テレビスタジオシーン等中盤までは非常に良かったが、
終盤はいまいちだった。
ドラマ版が同じ道を歩んでしまわないことを祈る。

「あと何人死ねば…終わりになるの…?」のシーン、逆光がまぶしすぎる!

伏線が幅広い。って言うか多過ぎ。
・学院の事件(女生徒松下さやか視点、学院長秋野修司視点、新任教師山下勝彦視点)
・学院長に関わるおじさんたちの息子娘が呪いの電話のターゲット、おじさんたち同士の話
・警視正仙堂の秘め事(一連の事件との関わり、由美との関わり)
・仙堂を知る特命ウォッチの編集長
・由美の過去の謎
などなど。

学院長秋野と話す成瀬雄一(正常歩行困難で杖をついている)
秋野「二度と顔を合わさない。そういう約束のはずだが。」
(略)
秋野「佐々木…? ああ、階段から転落した…。」
(略)
秋野「北村聡…。まさか、あの北村の?」
成瀬「それだけじゃない。水野の子供も、横田の子供も死んだ。死んだ佐々木裕子は俺の娘だ。」
秋野「お前の娘!」
成瀬「これで分かったろう。何者かが嗅ぎつけたんだ。俺たちの秘密を。」
秋野 咳き込む←設定上の持病か?

ここでちょっとまとめると、
北村聡(自室・呪い)、
佐々木裕子(スカートに火・事件)、
水野亜紀(プール・呪い)、
横田涼子(ガラス・呪い)、

会話にあった苗字
↓なかった苗字
牧村智子(踏切・呪い)
麻田弥生(エレベーター・事件)

公式のストーリーページの予告文章を見ると
・被害者の父親が皆、同じ大学の同期生だった
 全員ワンダーフォーゲル部に所属
 登山中、事故にあってから、小田桐は仲間との交友を断っていたようだ
その事故で成瀬は松葉杖常態か?

偽者の由美が駆けつけて小田桐恭子を抱きしめる。
そして本物の由美が現れる。
由美の目から恭子はどう見えていたのか映像を欲しかった。
それっぽい映像があったものの、個人的にはあれは違うモノで、一般的視線の映像だと思った。
恭子ひとりだけの姿が見えてたのかな?映画も同じで、無かったっけ?
あと、偽由美の後頭部が映ってるような状態で、
女性の後頭部を白い手がつかむシーンを見せられると、
てっきり偽由美の後頭部かと思ってしまう。これも映画と同じか!?

サッチョウ(字幕放送でカタカナだった)とは警察庁のことか?
警察トップも関わってくるのか?

バーのマスターを演じる義田貴士さん、どこかで見た顔と思ったら、
イチロー選手が心を許すほど仲良い人で、たまに独占インタビューとかしている人ね。
コープス・リバイバー corpse reviverっていうカクテルは本当にあるようだ。

エンドクレジットを見てると
西澤絵里香 西澤絵美香の名が。共に役名なし。
調べてみたら、名前が一文字違いであることから推測できる通り双子で、
役は
絵美香 ANB「着信アリ」高校時代の由美(菊川怜)役(レギュラー出演)(2005)
http://www.exceed-a.co.jp/teens-profile/nishizawa-emika.html
絵里香 ANB「着信アリ」高校時代の亜美役(レギュラー出演)(2005)
http://www.exceed-a.co.jp/teens-profile/nishizawa-erika.html
うっほ。亜美という名前を知ってしまったよ!

他にも
・北村聡の死に方、その録画
・落合優里と言い争う松下さやか、
 犬を使って落合を襲わせた松下、
 その現場を見ていたであろう山下勝彦
など見所満載だった。

放送中に流れたCMのひとつ、これも見逃せない!
サントリー ビタミンウォーター 速水いまいち
http://www.suntory.co.jp/softdrink/dakara/vitaminwater/cm.html


posted by エデン at 21:01 . | Comment(0) | TrackBack(2) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

太郎日記’79J : 着信アリーデ・ヴェルチ 急展開の4コール目
今回もドラマ「着信アリ」をゆっくり見たいと思います。 まぁ、今回はよかったですね。ドラマ開始直後からの悪戯ネタ連発で、 ホラーの醍醐味である「怖さ」が失われつつありましたから、 今回の方向転換は..
2005-11-10 00:26
鴎の行くままに 〜とあるTRPG者の呟き〜 : 【着信アリ】第4話「テレビ公開除霊〜死の瞬間を実況された女生徒!」感想
【着信アリ】(TV朝日系) 見ている人は少ないが、はっきり言えることはただ一つ。 このドラマ、今辺りが一番面白い。それは間違いない。 というわけで、着信アリ第4話感想です。
2005-11-10 02:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。