トップ > ドラマ > 恋する日曜日 近くて遠い恋
2008年02月27日

恋する日曜日 近くて遠い恋

大政絢さん主演『恋する日曜日 第3シリーズ 第21話』

http://w3.bs-i.co.jp/koisuru/backnumber/0073.html
2008年2月27日(水)2:25-2:55

『恋する』久々に正統的な恋のストーリー。
あらすじ、
高校生のレナは幼なじみの一郎の久美先輩への恋を応援する。
一郎に告白させ、なんと両想いだった。
しかし一郎は東京へ引っ越すことになり、
付き合うことはしないとレナに言う。
どうせ別れることになるんだからと。
久美がやって来て、
引越しで別れ別れになるとか関係なく、
好きだから今付き合うことに前向き。
とまどう一郎。
後日、一郎は久美に言う。
レナのことが好きだと。
いざ離れることになってそれに気づいたと。
久美は身を引いて去っていく。
しかし一郎の真意は先のない短い付き合いが嫌なだけ。
レナのことが好きというのは嘘だ。
それを知ったレナは激怒する。
「人の気持ちは関係ないわけ!」
後日、レナは先がないからと一郎と遊ばない。
一郎は怒るが、
レナの言葉は一郎が久美に対して言ったことと同じこと。
レナは久美を呼んでいて、一郎に後を任せる。
「今度は逃げんじゃねえぞ」
一郎は久美と付き合い始め、毎日が楽しい。
久美は東京の大学を目指していて、
引越ししても一緒になるかも知れず、うまく進んでいる。
レナは床屋を目指す一郎に、色んな思いを込めて
「あたしの髪、切らせてやるよ」
その後、レナは久美と出会い、
一郎のことが好きだったことを伝える。
久美はその想いに気づいていた。
「知ってた。わたしも見てたから。ありがとう」
レナは誰にも言えなかった想いを
打ち明けることが出来て、心晴れ晴れ、二人の幸せを願う。

かなりいい感じのストーリー。
自分の思いを抑えて恋のキューピッドに。
強気なキャラもあって、優しい性格が光る!

一郎はどうせ別れるなら、先がないならと付き合いを始めない。
相手のことも考えてのことだけど、自分本位。
レナは好きだという嘘に傷つきながらも、
両思いの二人を別れさせてはいけないと、
先がないから一郎とは遊ばないと言って、
一郎の言動を利用して大事なことを伝える。
自己犠牲。いいヤツだな、レナ。

渡辺千穂さん、言えない思いを描くいい本を書く。
好きだよ、千穂。( ̄∇ ̄)

一番大好きなあの回が印象的☆
http://edens.seesaa.net/article/67668793.html

大政絢さん、強い目力など、顔つきが柴咲コウさんに似てるね。
強気なキャラや声が高いことも似てるね。
なんと同じスターダスト。
一気に人気者になる要素アリだな。
なんと共演者もみんなスターダスト。若手のブレイクなるか!?

久美役の子のほうがタイプで、かわいいな〜。
顔だけでは誰だか分からず、名前を見てすっきり。
S☆スパイシーという三人組ユニット(?)の一人。
あやささん(あえて平仮名)ともども応援してるよ!

キャスト
─────
大政絢……寺崎レナ、一郎の恋をアシスト
真下玲奈…久美先輩、一郎の恋の相手
─────
田辺季正(ときまさ)…荒木一郎、レナの幼なじみ
─────

主題歌 「草原のマルコ」
 『母をたずねて三千里』のテーマ曲と紹介。
 ♪さあ、出発だ、今、陽が昇る♪ 力強さが好き
脚本 渡辺千穂
監督 古厩智之




posted by エデン at 07:30 . | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。