トップ > だいすき!! > だいすき!! 第六話
2008年02月22日

だいすき!! 第六話

「お父さんはどこ?」

2008年2月14日(木)22:00-22:54

ひまわりが自分の父親に会いたがる。
墓参りに行き、会えないことを知るが、
夢の世界の草介が現れて…。

卒園式、柚子は笹岡先生に素っ気ない挨拶で別れる。
ふと忘れ物を思い出し…。
柚子は先生に感謝の言葉を。

第三話に匹敵する感動。
さすが千穂、やるな!

最初のCMまでの話で今回は良さそうと思えた。
その期待にこたえる良い回。

文才なくうまく書けないな(自爆)

あと、この話も良かった。
柚子が昔いじめられたことから
ランドセルの男子に恐怖感を持つ。
柚子は笹岡先生の言葉から
道でぶつかるランドセル男子に怒ることが出来た。
親として大人として人間として成長した。

冒頭、パチンコ屋で働く琴音。
ある列で作業中、カメラが横に動き隣りの列へ。
そこにも琴音が。上手い撮影。

松元環季ちゃん再登場。
ひまわりの小学校入学に合わせランドセルが必要に。
しかし柚子にはつらい思い出が。
いじめられていた回想で登場。
悲しくつらそうに泣くその表情がいい。つられて泣ける。

人からの質問にいつも意外に素早く答える柚子。
でも、なぜ墓参りに行くのか琴音に聞かれ、
「ひまわりがね、保育園休んでてね、
 演奏会があって、それで、あのね…」
詳しい説明になるとやっぱり苦手。
草ちゃんに会いたがっている、これを言えたら良かったのに、
「演奏会」が出てくるとあれれだな。

ひまわりの花でCGを使ったことに違和感があったけど、 終わりよければよし。感動の父と娘でした。

曇り空が晴れるのもCGかな。変だった。

卒園式、小林聡美さんそっくりな人がいるね! ビックリした!

香里奈 24歳誕生日ケーキに笑顔
> 「これからも、今までにない役柄に挑戦したい」
うん、とても好演してる。
これほどうまく演じるとは思わなかったよ!

キャスト
─────
福原柚子(香里奈)軽度の知的障害の中で出産・育児
福原蓮_(平岡祐太)柚子の弟、姉思い
沢田琴音(福田沙紀)亡くなった柚子の夫の妹
安西真紀(紺野まひる)施設スタッフ、柚子を支援
野村陽子(MEGUMI)園ママ、息子は陽人はると
笹岡俊哉(田中幸太朗)保育士
田中清一郎(相島一之)和菓子屋『紅照』の店主、美代子の勤務先
藤川夏梅(臼田あさ美)蓮の彼女
岡本拓也(蓮ハルク)施設スタッフ
田中桃花(近野成美)和菓子屋の娘
真田香織(小川奈那)保母
博美(眞野裕子)園ママ、娘は彩奈
早苗(宝積有香)園ママ、息子は翼
園長(石田太郎)草介が育った施設
福原ひまわり(5歳)(佐々木麻緒)保育園児
─────
下柳園長(音無美紀子)
─────
(土肥美緒)園ママ、美香子
(井上康)博美の夫であやなの父、ひまわりにも優しく接する
(仲澤剛志)琴音とカフェで相席する男、トラブル
(下塚恭平)パチンコ屋従業員、琴音の私用電話を急かす
(内村遥)若い男性、草介が育った施設職員?
(牧徹)琴音の相席後のトラブルで駆けつける警官
(松元環季)柚子の幼少
(喜内琉斗)はると
(八木瑛美莉)あやな
(小島楓矢)翼
(小田切美織)あおい
(中村恵史郎)回想で幼い柚子をいじめる小学生または現在柚子にぶつかるランドセル小学生
(土屋璃生)同上
(鈴木飛鳥)同上
(山内翔平)同上
放映プロジェクト、テアトルアカデミー、第一富士幼稚園のみなさん
─────
沢田草平(中村俊介)(特別出演)柚子の夫でひまわりの父
─────
福原美代子(岸本加世子)柚子の母
─────

脚本 渡辺千穂
演出 竹村謙太郎

だいすき!! 第一話 だいすき!! 第二話
だいすき!! 第三話 だいすき!! 第四話 だいすき!! 第五話
だいすき!! 第六話 だいすき!! 第七話 だいすき!! 第八話
だいすき!! 第九話 だいすき!! 最終話


posted by エデン at 03:12 . | Comment(0) | TrackBack(1) | だいすき!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レベル999のマニアな講義 : だいすき!! 第6話 ひまわりのお父さん
内容保育園に来ていた友達のお父さんに遊んでもらったひまわり。ひまわりは、『お父さんに会いたい』と柚子に訴えかけるのだが、どうして良いか分からない。美代子がフォローしても、父・草介が死んだことを理解でき..
2008-02-22 18:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。