トップ > のだめカンタービレ ヨーロッパ > 二夜連続ドラマスペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ二夜 その4
2008年01月15日

二夜連続ドラマスペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ二夜 その4

のだめがオクレールのレッスンを受けるが、
マネごとでは魅力的な演奏をできず、散々な結果に。
千秋が落ち込んだのだめに出会うが、
何もしてやれることがなく…。

B000JS77GS
のだめカンタービレ キャラクター・セレクション ミルヒーと仲間たち編

ソニーミュージックエンタテインメント 2006-12-13

出演者情報 第二夜
http://edens.seesaa.net/article/77906183.html

B00137UQ2Q
のだめカンタービレ in ヨーロッパ [DVD]

ロビー、
千秋「よかったな、Rui。
 マエストロの体調が戻って無事共演できて」
Rui_「うん。おかげさまで。最高だった!
 またね。千秋。
 次はヨーロッパで。
 また買い物付き合ってね」
千秋「まだそれを言うか」

母親「千秋!
 シュトレーゼマンの代役に
 あなたのようなペーペーが振るのを
 快く許してやったんだから、
 この貸しはいつか返してもらうわよ」
Rui「ママ! 大暴れしたくせに!
 快く許したのはわたしよ。もう」
母親「フン! まあいい演奏だったわよ。
 早く出世しなさい!」
Rui「じゃあね。千秋」

ミルヒー「ふうー。やれやれ。やっと行きましたか」
千秋「いたのか」
ミルヒー「Ruiちゃん、めちゃくちゃかわいい!
 でもあのお母さん、最低最悪」
千秋「いい母親じゃないですか。
 娘の才能しっかり育てて守って」
ミルヒー「色気ってものがまったくありません!」
千秋「そんな話か」
ミルヒー「ほかに何の話が?」
千秋「のだめも小さい時から
 そういう人がそばにいれば、
 Ruiみたいになってたんですかね?」
ミルヒー「のだめちゃんのお父さんと
 お母さん、音楽関係ないの?」
千秋「ないです。のり農家で
 趣味は民謡と裁縫。
 あるようなないような…。
 ないんです。ほぼ放置」
ミルヒー「でも、ピアノの先生、いたんでしょ?」
千秋「最初の先生と流血事件を起こしてまた放置」
ミルヒー「なるほどね」

千秋<俺と会うまでは
 ただ楽しくピアノを弾いていた>

回想、
千秋<何でもっと上を目指さないんだ!?>
千秋<俺と一緒にヨーロッパに行かないか?>
のだめ<何でそこまでして
 勉強しなくちゃいけないんですか>
のだめ<自由に楽しくピアノ弾いて
 何が悪いんですか!?>

ミルヒー「Ruiみたいになってたら、
 そうやってうっとりと、
 のだめちゃんのこと想う千秋は
 いなかったかもしれない」
千秋「誰がうっとり?」
ミルヒー「なのに、のだめちゃんまた放置」
千秋「はあ!?」」
ミルヒー「もうそういうのは
 やめなさい。みっともない」
千秋「それとこれとは話が…」
ミルヒー「だから、その辺のこと
 はっきり分けなさいと言ってます」
千秋「えっ?」
ミルヒー「千秋。もういいかげん
 素直になりなさい」
千秋「俺をパリから連れ出したのはどこの誰だ?」
ミルヒー「…。エリーゼです!」

音楽院、
のだめ「野田恵です。はじめまして」
オクレール「シャルル・オクレールです。
 はじめまして。
 演奏旅行に行っててなかなか
 レッスンできなくてごめんね。
 ベーベちゃん」
のだめ「のだめです。
 あっ。これ、お母さんが先生にって。
 博多名物『通りもん』です」
オクレール「おお、ありがとー。お餅だ、お餅だ」
のだめ「あっ、違いますよ。おまんじゅうです」
オクレール「おいしいね、おまんじゅう!」
のだめ「でしょう。これ、モンドセレクションで
 金賞取ったんです」
オクレール「もう一個。もう一個」
のだめ「あの、オクレール先生って、
 日本のコンクールで、
 わたしの演奏を聴いて、
 それでこの学校に
 誘ってくれた人なんですよね?」
オクレール「そうですよ。
 合格してよかったですね」
のだめ「のだめ、見込みがあるってことですか?」
オクレール「そうですよ。みんなそうです」
のだめ「今からでも遅くないですか?」
オクレール「それはどうだろう」
のだめ「えっ」
オクレール「まずはピアノを弾いてみてよ。
 君の好きな曲でいいよ」

のだめ、Ruiの髪をなびかせる仕草を真似て…。

♪『超絶技巧練習曲』

のだめの頭の中はライバルRuiのことだけ。

♪〜

学校でのつらい思い。
千秋との一時的な別れ。

♪〜

のだめ「どうですか?」
オクレール「うん。全然ダメ。
 僕は好きな曲って言ったんで、
 特技を見せろと言ったわけじゃない。
 それに、そういった難しい曲が弾ける子は
 今は君じゃなくてもたくさんいるから。
 君はここに何しに来たの?」
のだめ、答えられない。

CM

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

11月、
パリ、
千秋「やっと帰ってきた」

デュバイのエリーゼ、ケータイ、
エリーゼ「はあ? 休みが欲しいだ?」
千秋「1日。半日だけ着替えを取ったら
 すぐ戻りますから」
エリーゼ「演奏旅行は3ヶ月続くって
 言ってあったでしょう!?
 こっちは契約どおり、ちゃんと
 デビューさせてやったんだから!」
千秋「はい。それはありがたく思ってます」
エリーゼ「えっ? 聞こえない」
千秋「感謝してます!」
エリーゼ「もし戻ってこなかったら
 そのときは…。フッフッフ」

エリーゼ<コチョコチョコチョコチョ>
千秋<ああーっ!>

エリーゼ「それと、コンクールの優勝記念コンサート、
 年明けに決まったそうよ」
千秋「えっ?」
エリーゼ「いよいよヨーロッパデビューね。
 じゃ」

アパルトマン、
千秋<あいつまだ学校かな?
 東京公演のこと、ちゃんと報告しないとな。
 ヨーロッパデビューのことも。
 いや。その前に掃除だ>

千秋の部屋、
千秋<電話した時は確かにここにいたのに。
 って言うか俺、何でこんなに動揺してるんだ!?
 あいつがこの部屋にいて、
 あのピアノを弾いてれば
 大丈夫だと…。
 大丈夫って何が!?>

<そういえば、あいつと
 会ってからというもの…>

『人生ゲーム』のようなマス目。
<多忙にて思考停止中(一回休み)
<部屋の前で拾われる
<こたつと共に侵略される
<ほっぺにキスを許す
<多忙にて思考停止中(一回休み)
<一緒に留学しようと誘う
<のだめの実家へ行く
<居住先を同じにする
<多忙にて思考停止中(一回休み)
<うっかり手を繋ぐ
<うっかりカギを渡す
<多忙にて思考停止中(一回休み)
この先は奈落の底。

<今までこの辺で
 踏みとどまっていたはずなのに>

その先に見えるのは、
『変態の森』
のだめマングースやプリごろ太キャラたちが
手招きをしている。

部屋を出ると、疲れ果てたのだめが
帰ってきたところだった。
のだめ「あっ」
千秋「のだめ?」
のだめ「(力のない声で)
 お帰りなさい、先輩。
 デビュー、おめでとうございました。
 お勤めご苦労様です」
千秋<またあれになってる>
のだめ「のだめ今日おなかいっぱいなので、
 これで失礼します」
千秋「ちょっと待て!
 (のだめの部屋の中へ)
 どうした? お前。
 腹いっぱいって。
 学校で何かあったのか!?
 っていうかやったのか!?」
のだめ「別に。何も。
 何にもできなかったんです。
 のだめは何一つさっぱり
 ついていけなかったんです。
 みんなのだめより若いのに、
 すごく立派なインテリジェンスで、
 音楽にも詳しくて…。
 のだめは、子供にも笑われて。
 のだめは、井の中の蛙で、
 世界はすごく広かったんです。
 そんだけです」
千秋「お前にインテリジェンスがないのは
 今に始まったことじゃないだろ。
 それでも受かったんだから!」
のだめ「何かの間違いだったんですよ。
 実技レッスンもボロボロだったし」
千秋「だって、お前を誘ってくれた
 ピアノの先生は?」
のだめ「『全然ダメ』って。
 『何しに来たの?』
 『こんにちは、ベーベちゃん』
 そんだけです」
千秋「そんなバカな。
 お前、またあの何とか体操とか
 やったんじゃないのか!?」
のだめ「精一杯ピアノ弾いたですよ。
 でもダメだって言われたんです。
 もう22歳なのに、ベーベちゃんだって」
千秋「お前何を弾いたんだ?
 ちょっと弾いてみろ!」
のだめ「あっ。むきゃ!」
千秋「先生の前で弾いたとおりに」

のだめ、Ruiの髪真似をして、
♪『超絶技巧練習曲』

千秋<『超絶』!?>

♪〜

千秋<しかも何でそんな弾き方を?>

♪〜

千秋の目にRuiのCD(DVD)が目に入る。

♪〜

千秋<バカなヤツ。あせる必要なんかないのに>
千秋「もういい、のだめ。
 いいからやめろ!」
 (抱きしめる)
のだめ「むっきゃーっ!(吹っ飛ばす)
 何やってんですか!?
 のだめのピアノは
 聴けないっていうんですか!?」
千秋「そうじゃなくて。
 俺はお前のピアノが好きだから!
 だからあせらなくても…」
のだめ「千秋先輩一人が好きだって
 しかたないんですよ!
 もう的外れなことばっかり!
 同情するなら金をくれ
 って言うんですよ。
 もう出てってください!
 のだめのことほっといていいですから!
 (追い出されてしまった)」

部屋の外から様子を聞いていた二人…、
フランク「ああ…。千秋。お帰り」
ターニャ「お疲れ」

千秋<的外れ?>

回想、
千秋<俺はお前のピアノが好きだから!
 だからあせらなくても…>
のだめ<千秋先輩一人が好きだって
 しかたないんですよ!>
ミルヒー<だから、そのへんのことを
 はっきり分けなさいって言ってます>

千秋「クソ」
苦悩に揺れる。

千秋<俺だって、楽譜を前にした時、
 いつも高い壁を感じている。
 でも…。
 一つ一つ、自分で
 乗り越えるしかないから>

千秋、着替えを取り、アパルトマンを去っていく。

CM

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


二夜連続ドラマスペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ二夜 その5


posted by エデン at 01:57 . | Comment(0) | のだめカンタービレ ヨーロッパ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。