トップ > のだめカンタービレ ヨーロッパ > 二夜連続ドラマスペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ二夜 その1
2008年01月12日

二夜連続ドラマスペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ二夜 その1

二夜連続ドラマスペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ二夜
「ライバル出現で波瀾万丈!初リサイタルと二人の恋の結末は!?」
http://wwwz.fujitv.co.jp/nodame/
2008年1月5日(土)21:03-23:30

コンクールで優勝!
意気揚々とヴィエラのもとへ向かう千秋。
しかし謎の男に襲われる!

全セリフ、完全あらすじ

B00137UQ2Q
のだめカンタービレ in ヨーロッパ [DVD]

千秋<親愛なるヴィエラ先生。
 ようやくここまで
 来ることができました。
 ヴィエラ先生の演奏旅行か。
 とりあえず契約が済んだら
 すぐ会いに行こう。
 正直本当は、
 もう忘れられているんじゃないかと思ってた。
 ヴィエラ先生…>

千秋が黒ずくめの男に銃で脅される!
(ドイツ語の会話)
男《動くな!
 騒がなければ安全は保証する》
千秋<ドイツ語?>
千秋《オリバー》
(そう、ミルヒーの仲間の男だ)
オリバー《あ!!》
千秋《なんの真似だー!?》
オリバー《いや…、だからこれは…》
千秋《あのジイさんの差し金か!?》
オリバー《いいからおとなしくついて来い!》
千秋《いやだ!》
オリバー「大丈夫。怖くないから、お願いだから来て」
千秋《いやだ》
少女《ママー、男の人が抱き合ってるよー
 (↑英語…、いやフランス語か)》
千秋「ひい!? 何をたくらんでんだ! クソ!」
担がれて運ばれてしまう千秋。


 早速ですが、ここからは字幕を減らし
 できるだけ日本語でお送りしたいと思います(ハート)

パリ国立高等音楽院
(コンセルヴァトワール)

フランク「早く! よいしょ。
 急いで急いで」 
ターニャ「間に合った。のだめのせいで
 遅刻するところだったわよ」
のだめ「ターニャ、フランク、メルシーボク」
フランク「ホント、声かけてよかったよ」
のだめ「でも入学式のお知らせなんて
 来てなかったですよ」
ターニャ「入学式なんてそんなもんないわよ。
 代わりに説明会の通知が来たでしょ」
のだめ「えっ?」
フランク「のだめ、説明会、行ってないんだ」
ターニャ「じゃアナリーゼのクラスの発表は?
 初見の授業の予約は?」
のだめ「アナリーゼ? 予約?」
フランク「ごめん。僕が教えてあげればよかったんだ」
 のだめまだ読み書き苦手なのに」
ターニャ「わざとなんじゃないの?
 ライバルは一人でも減ったほうがいいもんね」
フランク「そんなつもりじゃないよ、僕は」
ターニャ「でものだめってあの千秋と
 同じ大学に通ってたんでしょ?
 強力なライバルじゃない」
フランク「いきなり優勝だもんね、千秋。
 何か急に遠くに行っちゃった感じ」
ターニャ「あれはちょっとすごすぎたわね」

のだめの回想、
ミルヒー<でものだめちゃん、今のままでは
 千秋とは一緒にいられない。
 一緒にいられない>

教室、
講師「はい。
 それではアナリーゼの授業をはじめましょう。
 まずは曲を聴いて曲の特徴から、作曲家や時代を推定し、
 そして楽譜を見て和声などの分析をしてみましょう」

【アナリーゼ】楽曲の構造や背景を分析する事

のだめ「はっ!? 迷子?」
フランク「うん?」
のだめ「こんなとこに子供が」
フランク「コンヴァトは試験さえ通れば
 何歳からでも入学できるんだよ。
 上は22歳までっていう制限はあるけど」
のだめ「もしかして一番年上?」

講師「はい。まずは
 1曲目から聴いてみましょう」

CD(演奏)

一同「うん。ああ」
のだめ「うぎっ」

講師「それではこの曲を聴いて
 皆さんコメントしてください」
フランク「ブラームスの
 『交響曲 第3番 第3楽章』
 確か1883年。彼は交響曲を
 4曲書いてるんだよね。
 ブラームスの曲にしては
 簡素で流ちょうで…」
学生「コンパクト」
学生「このころのブラームスは
 歌曲もいっぱい書いていて」
フランク「旋律を構成する動機は
 最初の付点リズムを部分動機aとすると
 次の部分動機は…」
学生「2小節目のソファレじゃないかな」
フランク「いや。これは部分動機aと
 同じリズムだから、
 aの変化したものだと見るべきだよ」
リュカ「じゃあ、動機がひとつしかないわけ?
 旋律的な主題では
 無理があるんじゃないの?」
子供の発言に、のだめは髪が逆立つほど驚く!
20080105_01.jpg
学生「2小節目はリズムが一緒でも
 音程が違うから別の動機だよ」
学生「でもアウフタクトで始まる旋律だから、
 その次までは一つの動機だよ」
学生「いや、その中にもうひとつ…」

のだめ「千秋先輩がいっぱい…」

フランク「それじゃこの付点リズムの後の
 付点4分音符から
 次の小節の部分動機aの
 変形までを含めて
 動機bというのはどう」
一同「おお」
学生「そう考えると
 アウフタクトの意味も出るね」
学生「そうだね。2小節目から
 3小節目までつながるね」

のだめ「ホントだね。うんうんうん。
 いいよね、その考え。
 うん。そう思う」
講師「君。君も何か発言しなさい」
のだめ「あのう。そうですね…。
 また今度」
リュカ「フフフ」
のだめ「えーっ!?」
(子供に笑われ、のだめは髪をかきむしる)

その後、
フランク「のだめ? 大丈夫?」
のだめ「何で?」
フランク「うん?」
のだめ「どうしてみんな
 あんなに知識があるんですか?
 フランクも。子供まで」
フランク「ああ。まあ好きだし。
 ああいうアナリーゼの授業は
 前の学校でもやって来たから
 慣れてるし。
 のだめは日本でやって来なかったの?
 アナリーゼ」
のだめ、白目でぶっ倒れる。
フランク「ああっ!?」

牢屋のような場所、
エリーゼ「『砂漠のプロメテウス作戦』
 とりあえず成功かしら?
 でも予定と違って、もうボロボロね」
オリバー「マエストロと違って
 若いぶん抵抗力が」
千秋「エリーゼ。何なんだ? これ。
 『砂漠のプロメテウス作戦』って?」
エリーゼ「うちの事務所と契約してもらいます」
千秋「はっ?」
エリーゼ「うちの事務所の所属になれば
 ちゃんとプロモーションもしてあげるし、
 たくさん仕事が来て、
 馬車馬のように働ける、
 立派な指揮者にしてあげるっていう
 すばらしい契約です。
 さあ。サインする? しない?」
千秋「するか!」
エリーゼ「まあ。なぜ?
 尊敬する師匠と同じ事務所よ」

千秋<絶対まともじゃない>

千秋「俺のプロモーションはコンクール事務局が…」
エリーゼ「うちの事務所のほうが
 優秀よ。コンクールの優勝賞金と
 演奏会の権利はありがたくいただきなさい。
 ただし、それ以外のスケジュールは
 すべてうちが管理します」
千秋「お断りだ! こんな非人道的な事務所…」
エリーゼ「そう。残念ね。
 この手だけは使いたくなかったけど」
 (取り出したのは孫の手)

♪ PRETTY MAIDS - Back to back

千秋「な…、何を?」
エリーゼ「知ってる?
 プロメテウスはね、人間に火を
 与えてしまったがために、
 ゼウスの怒りにふれ、
 絶壁に縛り付けられ
 ワシたちにはらわたをつつかれ食われ。
 毎日毎日つつかれ食われ。
 こしょこしょ、こしょこしょ…」
千秋「やめろ! ひいー!」
エリーゼ「ほーれ、ほれほれほれ。
 こしょこしょ…」
千秋「ハハハハ…!」
エリーゼ「アハハハハ! いい気味ね、千秋。
 ジャンの敵(かたき)」
千秋<ジャン?>
千秋「ハハハハ…!」
エリーゼ「食らえ! 神の手」
千秋「うわー!」
エリーゼ「アーッハッハッハ!」

学校の帰り道、
フランク「元気出してよ。のだめ。
 大丈夫。きっとすぐ慣れるよ」
のだめ「うん…」
フランク「ほら。
 まだ実技レッスン始まったわけじゃないし」
のだめ「そうですね。
 早くピアノ弾きたいですね」
フランク「うん。ぼくも
 千秋のコンクールの演奏を聴いて、
 すごくいい刺激を受けたよ。
 何か今までと色々と
 違った発見があった感じで。
 やっぱオケっていいね」
のだめ「ウィ、ウィ。
 のだめももっと頑張って練習して、
 先輩とピアノコンチェルトできるように
 もっと…。あっ!?」
(背後から抱きつく男!)
ミルヒー「のだめちゃん! 相変わらずです!」
のだめ「金!?(金色の手袋)」
ミルヒー「コマンタレブー」
(背後からおっぱい鷲づかみ!)
のだめ「ああー!? ぎゃぼー!(右ストレート!)
ミルヒー「がっ!?」

アパルトマン、
のだめ「こっちです」
ミルヒー「おお。
 これがのだめちゃんの新居ですか。
 わたしの学生時代を思い出します。
 もっときれいにしてたけどね」
のだめ「これでもきれいなんですよ」
ミルヒー「千秋の部屋はここですか?」
のだめ「ああ、隣ですよ。
 日本にいたときと同じで、
 先輩の部屋だけ
 VIPルームでピアノもいいんです。
 もうぜいたくな男ですよね。
 (お茶っ葉が固まっていて)
 ぎゃぼっ」
ミルヒー「おお。二人とも相変わらずですか」
のだめ「ずっと一緒ですよ。
 のだめあれから頑張ったんです。
 コンクールはともかく、音楽院の
 試験とか。目覚しい進歩です」
(ピアノにほこりがかぶっている)
ミルヒー「(そのほこりを指で取って吹く)
 ふーっ。進歩ね」
のだめ「そういえばミルヒー、
 どうしてここに?
 千秋先輩と
 約束してるわけないですよね?」
ミルヒー「どうしてわけないの?」
のだめ「だって先輩、
 ヴィエラ先生んとこ行くって行ってたから。
 はいどうぞ、お湯です」
ミルヒー「ヴィエラ!?」
(怒りに震える)

千秋、雨の街を歩く。
どうやら脱け出せたようだ。

千秋の回想、
神の手に負けてへとへとになりながら
サインする千秋。
エリーゼ<おめでとう。
 ようこそ我が事務所へ。
 『砂漠のプロメテウス作戦』終了。
 これでわたしはバカンスへ。
 千秋は明日から
 マエストロ・シュトレーゼマンに付き添って
 演奏旅行へ。
 はい。これ予定表と注意書き。
 こっちがエロ対策関連
 (シュトレーゼマンエロ対策関連)>
千秋<演奏旅行?>
エリーゼ<よかったわね。
 早速修行ができて。
 もう帰っていいわよ>
千秋<ちょ、ちょっと待て。
 『砂漠の』って何だったんだ?>
エリーゼ<別に。語呂がよかったから>

街を歩く千秋、
千秋<あんな事務所と契約してしまった。
 俺はこれから一体どうなるんだ?>
雨から激しい嵐へ! 前へ進めない!

アパルトマンに帰宅、
フランク「あっ! 千秋、千秋!
 大変だ、大変だ。
 のだめが謎の男に
 さらわれていっちゃったよ。
 街でね、いきなり後ろから
 ガーって来て。で、こう(鷲づかみ)」
千秋「何だ? その手は」
フランク「あっ…。
 のだめを無事に帰してほしかったら、
 ここに来いって」
(メモを渡す)
千秋「どうせ変な外人だろ」
フランク「うん。
 指揮者のシュトレーゼマンに
 すごく似てるけど、
 絶対そうじゃないよ。
 すごくスケベっぽいんだ」
千秋「絶対そうだろ」

メモに書かれた住所へやって来た。
千秋「嘘だろ」
『CLUB One More Kiss PARIS』
連ドラでも登場したクラブ、そのパリ店だ。

中では…、
ミルヒー「やっぱり日本の文化、最高です。
 それでは皆さん、日本、伝統行事、
 野球拳しましょう!」
一同「イェーイ!」
千秋「じじい!」
ミルヒー「千秋」
千秋「何でパリにまでこのクラブが」
ミルヒー「千秋、やせました」
千秋「今日一日でやせたんだよ」
ミルヒー「えっ? 何ですか?」
千秋「とぼけんな!
 エリーゼを使って、俺を無理やり…」
のだめ「千秋先輩。
 どうですか? これ。
 ミルヒーからの日本土産(着物一式とカツラ)」
女「のだめちゃん、すてき」
女「やまとなでしこ」
のだめ「タイトルは
 『いいかげん捕まえて蝶だい』
 きゃはっ!」

その後、
ミルヒー「それでは、
 わたしの弟子の勝利を祝って、
 みんなでチンチン!」
一同「チンチン!」
ミルヒー「まっ。わたしの弟子なら
 当たり前のことです」
千秋「おかげさまで」
女_「えっ? 何に勝ったの?」
ミルヒー「セクハラ裁判! タッチ、タッチ!」
千秋<全くこの人は。
 やり方には本当に腹が立つけど>
千秋「さてと。俺はそろそろ行かないと」
女_「えっ? どこに?」
千秋「あしたはスペインでしょ」
千秋<シュトレーゼマンとの演奏旅行。
 うれしくないわけがない> 
千秋「俺は夜行列車で先に向こうに行ってます」
ミルヒー「何を言ってるの?
 このまま朝まで飲んで
 飛行機で一緒に行けばいいじゃない」
千秋「嫌だ。可能な限り乗りたくない」
ミルヒー「夜行列車。これまた懐かしい。
 わたしもそれで行きますか」
千秋「えっ?」
ミルヒー「何だかとっても、
 乗ってみたくなりました。ハホッ。
 というわけで、のだめちゃん」
のだめ「はーい?」
ミルヒー「千秋と演奏旅行行ってきます」
のだめ「えっ?」
ミルヒー「のだめちゃんも
 ピアノの勉強頑張ってください」
のだめ「どこに…。どれくらい?」
千秋「世界中。3ヶ月ぐらい。
 これ、頼む(部屋の鍵を預ける)。
 俺の部屋、荷物とかいろいろ届くと思うから。
 じゃあな。頑張れよ。
 うちのピアノ弾いていいからな」

♪『ベートーベン 交響曲第7番』

オープニング

CM

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

400行以上。やっぱり先は長い。

キャスト、まだ不完全

上野樹里……のだめ

玉木宏………千秋

瑛太…………峰

水川あさみ…清良

小出恵介……真澄

遠藤雄弥……大河内

近藤公園……玉木圭司、クラリネット
坂本真………橋本洋平、オーボエ
松岡璃奈子…鈴木萌、フルート
松岡恵望子…鈴木薫、クラリネット
山中祟………岩井一志、コントラバス
小林きな子…金城静香、ヴィオラ
深田あき……井上由貴、
小嶌天天……金井、

木村了………高橋紀之、バイオリン、新都フィル
橋爪遼………木村智仁、バイオリン、新都フィル
波岡一喜……片山智治、ホルン
桜井千寿……相沢舞子、
─────
のだめオーケストラ

ウエンツ瑛士…フランク

ベッキー………ターニャ

山口紗弥加……ゆうこ

山田優…………孫Rui

石井正則………片平

ジリ・ヴァンソン……ジャン
マヌエル・ドンセル…オクレール先生
三浦涼介………………ロラン
富永凌平………………リュカ
マイク・ジーバク……オリバー
ジョナサン・ヘッド…ロマン
中丸シオン……………ジュエリーショップ店員
堤匡孝…………………コンサート係員

片桐はいり…………孫Ruiの母親

猫背椿………………マジノ

ダニエル カール…ピエール

パンツェッタ・ジローラモ…執事

セイン カミュ……講師

プラハ放送交響楽団のメンバー
芸優
マリブマネージメント
青二プロダクション
宝井プロジェクト
俳協
フジテレビクラブのみなさん
洗足のだめ応援隊のみなさん

福士誠治……黒木

吉瀬美智子…エリーゼ

伊武雅刀……峰龍見

竹中直人……ミルヒー(シュトレーゼマン)

富永凌平くん、かわいい子役。がんばれ! 将来有望な10歳!

B000Y3JGB2
のだめカンタービレ スペシャルBEST!

エピックレコードジャパン 2007-12-19

どらま・のーと弐 | のだめカンタービレinヨーロッパ Special Lesson 2


二夜連続ドラマスペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ二夜 その2


posted by エデン at 02:54 . | Comment(0) | TrackBack(1) | のだめカンタービレ ヨーロッパ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

レベル999のマニアな講義 : のだめカンタービレinヨーロッパ第二夜 ついに禁断の森へ。。
内容コンクールで優勝した千秋。そんな千秋は、オリバー、エリーゼに連れ去られる。シュトレーゼマンの『砂漠のプロメテウス作戦』が決行されたためだった。そして、、、、強引に、シュトレーゼマンの事務所と契約さ..
2008-01-12 17:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。