トップ > のだめカンタービレ ヨーロッパ > 二夜連続ドラマスペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ一夜 その3
2008年01月08日

二夜連続ドラマスペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ一夜 その3

まだ序盤。
日本、真澄たちが峰の中華裏軒を訪れ、
千秋の指揮コンクール予備審査合格を知る。
そして9月、
指揮コンクール本選直前、
パリで電車に乗る前に、
千秋とのだめはジャンとゆうこに出会う。

B0010VFW2E
ドラマ 「のだめカンタービレ」 in ヨーロッパ ミュージックガイドブック [雑誌]

ヤマハミュージックメディア 2007-12-17

出演者情報 第一夜
http://edens.seesaa.net/article/76872721.html

B00137UQ2Q
のだめカンタービレ in ヨーロッパ [DVD]

龍見「おういらっしゃい!」
峰_「いらっしゃい!」
真澄「龍ちゃん」
峰_「お、真澄ちゃん!
 木村に高橋君も久しぶりじゃーん!」
真澄「相変わらず元気そうね、学生は。
 何? 試験勉強?」
木村「こっちは新都フィルの練習で
 もうくったくただよ。
 マスター、スタミナ定食3つ!」
龍見「はいよ!
 そうか! いよいよ
 プロオケ奏者としてのスタートだ。ねえ」
木村「留学組に負けてられませんからね」
真澄「あー、パリかあ。
 遠い。遠いけどでも、
 千秋様とパリ。ぴったりよね!」
龍見「のだめちゃんも元気にやってるかなあ」
高橋「夕日の傾くモンマルトル。
 裸体像がひしめく美術館。
 あのまぐわしいベルサイユ宮殿の中で、
 まさか二人は…。ああ…」
真澄「あんた何言ってんのよ!?」
峰_「まあまあ、まあまあ、まあまあ!
 ほら! とにかく千秋が
 向こうで活躍してくれれば、
 我がライジングスターにも箔が付くぜ」
真澄「そうね。それを祈るのが真実の愛よね」
峰_「愛…」
真澄「龍ちゃん、どうかした?」
龍見「ここんとこウイーンにいる
 清良さんからめっきり連絡がないらしくてね」
真澄「はーん」
龍見「はい、おまちどー!」
大河内「ど…、どうも」←最初から店にいた
峰_「別に、俺たちは、
 心と心でつながってるから」
(メールの着信音)
木村「あっ、メール」
峰_「清良!?」
真澄「あっ、わたしだわ。
 のだめ!?」

『千秋先輩、指揮コンクール
 予備審査、見事合格(ハート)
 添付画像
 ベルサイユにて(ハート)』

峰「えっ?
 あっ。指揮コンクール。
 予備審査合格だって」
真澄「何なのよ? この関係ない写真は!
 嫌がらせよ、これは!」
峰_「えっ?」
高橋「(ケータイを奪って)
 千秋君。ああー。ああー。アハハ。
 入ってくれ」
真澄「ちょっと!」
高橋「千秋君!」
真澄「あんた何自分のケータイに
 転送してるのよ!?」
峰_「もういいからやめろ! 親父!(止めてくれ!)」

9月

千秋の部屋、
千秋<そして季節は流れ…。
 とうとうあしたから、俺の新たな挑戦が始まる>

のだめ「ぎゃぼ〜! アニメフェスティバル!」
フランク「うん。
 毎年この辺で行なわれてるフェスティバルでね、
 世界中のアニメファンが集うんだ!
 そして何と今年は、
 『プリごろ太』の作者が来まーす!」
のだめ「おー! ハラヒロシ!
 ハラヒロシ来るんですか!?」
フランク「一緒に行こう、のだめ!」
のだめ「ウィ、ウィ、トレビアーン!」
フランク「よかった、ハラヒロシ」
千秋「おいお前ら! 俺はあしたからの
 コンクールの準備が忙しいんだけど、
 なぜ人の部屋に集う?」
フランク「あ…。
 千秋のコンクールって、
 あしたからなんですか?
 そのコンクール、親戚の家から近いし、
 僕絶対に
 応援に行こうと思うんですけど。
 まさかアニメフェスタとかぶっているなんてー!」
のだめ「あっ。どうしよう?」
フランク「どうしよう?」
千秋「来なくていい」
のだめ「先輩のコンクール、
 10日間もあるんだし、絶対行きますよ」
千秋「まあどうせ、1次予選は非公開だし」
のだめ「2次予選はいつですか?」
千秋「17日」
フランク「ノーン! その時期は
 この古城を貸しきっての
 アニメパーティがあるんだよ!」
のだめ「ええっ!? えっ? お城でパーティ?」
フランク「世界中のアニメファンが集って、
 そして今年は
 『プリごろ太』のショーもやるんだよ」
のだめ「ショー。ふおおっ!
 先輩! 3次、いつですか?
 当然残ってますよね?」
千秋「来なくていい。
 俺のコンクールはアニメ以下か!?」
のだめ「まあまあ、そんないじけなくても。
 3次は見に行きますから。
 残っててください」
フランク「ハラヒロシに出会ったらどうする?」
のだめ「えっ? ツーショットの写真撮る」
フランク「写真? サイン! サインももらおう」
千秋「絶対来るなー!」

パリ、リヨン駅

コスプレの外国人がいっぱい。(電車TGVかっこいい)
のだめ「わあー。ふおおー!」
千秋「おい。あれ、お前らの仲間か?」
のだめ「アハハ。そうですね。
 今日アニメフェスタの
 前夜祭があるって言ってたから。
 みんなすごーい。
 コスプレって世界基準なんですね」
千秋「それよりお前、もうすぐ
 コンセルヴァトワール始まるんだろ?
 そろそろ本腰入れて
 ピアノの練習しておかないと」
のだめ「分かかってますよ。
 だからせめて今だけは。
 あっ。先輩、いい匂い。
 ラックシュ・スーパーリッチ」
千秋「離れろ」
ゆうこ「(コスプレたちの歓声に)
 なんだかうるさいわねぇ」
のだめ「ジャポネ?」
ゆうこ「大丈夫? ジャン。
 集中できないんじゃない?」
ジャン「平気だよ、ゆうこ。
 今は楽譜を楽しんでるだけだから」
ゆうこ「そう? さすがね、ジャン」
のだめ「隣の人もコンクール出るみたいですね」
千秋「ああ」
のだめ「あっ、そうだ。先輩。
 はい、お守りです」
千秋「これ、菓子か何かのおまけに付いてる指人形じゃ?」
のだめ「それがですね、先輩のこの指揮棒に。
 うん! うん! うん!
 はあー。
 (指揮棒の持つ部分にはめ込んだ)
 これで優勝間違いなしです。
 ぴったりでしょ」
千秋「ひぃっ。
 こんなの付けて指揮できるか!?」
のだめ「ゴム製だから滑り止めにもなるんですよ」
千秋「と…、取れない!」
ゆうこ「アハーッハハハ!
 やーだ! カズオ指揮棒! もう。
 あなたたち、コンクールに出るのはいいけど、
 あんまりよその国で
 日本人の恥、さらさないでよね」
のだめ「恥って。そんなもんかきませんよ!
 千秋先輩は見事優勝してみせるんですから。
 ああー! 日本の誇り〜!」
ゆうこ「悪いけど、1位は取れないのよ。
 なぜなら、ここにいるわたしのジャンが1位だから。
 ごめんなさいね。
 同じ日本人なのに、冷たいこと言っちゃって。
 でもこれは事実だから!」
のだめ「むきゃー!
 コンクールはこれからというのに、
 なんて失礼な!」
ゆうこ「そっちこそ!
 優勝するなんて失礼よ!
 ジャンは去年のベルギーの指揮者コンクールで
 1位を取った期待の新鋭よ!
 フランスの誇りよ!」
のだめ「千秋先輩だってね、
 大昔のバイオリンコンクールで
 優勝したんですよ!」
ゆうこ「ふーん。それで?」
のだめ「まだこの高い鼻が折れたことがないんです!」
千秋「誰が高い鼻だ」
ゆうこ「何だかずいぶんと自信があるみたいだけど、
 ジャンはね、
 セバスチャーノ・ヴィエラの若手の弟子の中で
 一番の有望株なのよ!
 あなたは誰に師事しているのかしら?
 若そうだけど、学生? フフフフ」
のだめ「千秋先輩だってね、
 ミルヒー・ホルスタインの弟子です!」
ゆうこ「誰それ? 牛?」
のだめ「ミルヒーの本名、何でしたっけ?
 シュポ…。シュポ?」
ゆうこ「オーホッホッホ! 勝負あったわ!
 今回もジャンにはライバルはいないようね」
ジャン「ゆうこ。そろそろ時間だ。行くよ」
ゆうこ「あら。ごめんなさい、ジャン。
 ということだから、失礼。
 うーん。わー(千秋に投げキッス)」
のだめ「あああっ! だーっ!」

千秋<ヴィエラ先生の弟子。
 分かってる。そんなヤツ何人もいることは。
 俺は鼻を高くしたことなんかない。
 ずっとこの場所に来ることさえ
 あきらめかけてた。
 このチャンスは絶対モノにしたい>

のだめ「おおっと。えっ?
 先輩待ってください。
 のだめも行きます、コンクール!」
千秋「はあ?
 アニメフェスタに行くって言ってただろ?」
のだめ「絶対負けません!」
千秋「バーカ。
 お前が付いてきてどうする?」
のだめ「見守ってます」
千秋「3次まで非公開だ。見れるか」
のだめ「あっ。じゃあ付き人ということで」
千秋「(ひとり、電車に乗り込んで)
 動物は持ち込み禁止!」
のだめ「えっ? えっ? おわーっ!(投げ捨てられる)」

千秋<ここからは自分との戦いだ。
 女なんか連れて行けるか!>
ゆうこ「(ジャンに)すてきなところだといいわね」
千秋<連れて行くのかよ>

千秋「ちゃんとピアノの練習しておけよ」
(電車が出発、見送るのだめ)
のだめ「はううーん」

CM

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


二夜連続ドラマスペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ一夜 その4


posted by エデン at 23:50 . | Comment(0) | のだめカンタービレ ヨーロッパ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。