トップ > ドラマ > ひとがた流し 最終話
2007年12月18日

ひとがた流し 最終話

「永遠に」

2007年12月15日(土)21:00-22:00

千波、乳がん再発。
悲しむ千波に鴨足屋が力強くプロポーズ。

二人、結婚して幸せに過ごすが…。

母と一緒の墓に入った千波。
みんなは思い出を語る。
鴨足屋や牧子家族、美々家族のみんなでひとがた流し。

おもにセリフで優しい思いを見せるドラマ。
大きな影響を与えた千波の存在に泣けた。

高木さん、15年ぶりの女優の仕事らしいけど、
そんなブランクはまったく感じられなかった。
すっごいうまいんじゃないかな。

寺島咲さん、かなりいい感じ。要チェック。

その他、
玲、類が本当の父でないことを打ち明けられ、
優しい気持ちで受け入れる。

さき、民俗学を専攻したくて大学受験、合格。

牧子が見かける女子高生三人組、かわいい。

キャスト
石川千波(沢口靖子)アナウンサー、乳がんに
水沢牧子(松田美由紀)フリーライター
日高美々(高木美保)夫のマネージャー
──────────
鴨足屋良秋(瀬川亮)千波にプロポーズ
日高玲(森田彩華)日高家の娘
水沢さき(寺島咲)水沢家の娘
──────────
秋山菜緒(渋谷琴乃)編集者
大谷香織(大谷允保)千波の同僚
村上俊彦(坂田聡)千波の同僚
千波の母(水木薫)遺影
──────────
(尾崎右宗)遠山圭介、千波の同僚
(河村満里愛)回想、千波の幼少期
(大驛阿須実)回想、石川千波の高校時代
(高野歩日)回想、水沢牧子の高校時代
(高宗歩未)回想、日高美々の高校時代
(斉藤雅子)牧子が見かける女子高生三人組
(笠島彩香)同上
(岩田麻衣)同上
──────────
足立徹(ベンガル)千波の上司
常磐医師(寺泉憲)担当医
近藤和雄(大和田伸也)千波の仕事仲間
日高類(佐野史郎)モデルを撮るカメラマン
──────────

原作 北村薫
脚本 江頭美智留
プロデューサー 仁平知世
演出 池添博

ひとがた流し 第一話 ひとがた流し 第二話 ひとがた流し 最終話




posted by エデン at 07:53 . | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レベル999のマニアな講義 : 土曜ドラマ ひとがた流し 第3話(最終回)永遠に
内容『もう一度カメラの前に立ちたい』その気持ちが千波を支え続けた。そして、ほぼ治療は終わり。すべては上手くいっていた。短いニュースも決まり、順調だった。牧子と美々も、鴨足屋の存在をある意味嫉妬しながら..
2007-12-18 17:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。