トップ > ドラマ > 初恋net.com 第六話
2007年12月17日

初恋net.com 第六話

「私…壊れちゃう…」

2007年12月16日(日)01:00-01:30

<episode 3 陽に向かう(中編)>

凛太郎、
髪を引っ張って抜いてしまったポニ子に
申し訳なさを感じつつ、
二学期、髪を切ったポニ子を見て、
校内放送を利用して謝罪。
放送委員のあの子にあこがれていたけど、
いつしかポニ子のことが好きになっていた。

有希子、
龍一、実は一年前に彼女を交通事故で亡くしていた。
有希子とのあのキスの日がその人の命日だった。
その彼女との思い出の単語をつづったメモ帳を見て落ち込む。
最後の単語、映画『ひまわり』(前編で登場済み)は
有希子もかすかにつながりを感じる。
でもその後、有希子と龍一は別れてしまった。

田口支配人、
亡くなった娘のことで妻に…(責められている?)。
有希子がメールの男とやり取りを続けることに
疑問、心配を感じている。

現在の凛太郎、毎回顔が映らない男、
あの喫茶店を訪れて、チョコを食べた。
有希子に未来をおいしいと感じて欲しいとメールで伝える。

有希子、
そのメールを読んで、日付がつい数時間前で、
急いで喫茶店へ行こうとする。
支配人、慌てて止める。
調べた結果、横浜の某会社の凛太郎という男は存在しないのだ!

ほお、じゃあ、龍一が実は生きていて、
有希子は死を伝え聞いていただけで、
次週、感動の再会か!?

支配人がメールの男を装ってるとか?

メインは、
愛する人を失って未来を感じない女性が、
メールの男と語り合うことで明るい未来を見出す…、
というような展開のはず。次、どうなるんだろう。

眠ったままのユキの前にノートパソコンがあるのは一体なぜ?
そもそも誰?(放送委員のはず)
凛太郎も誰?(ホントに誰よ)

チョコ
passe 過去
maintenant 現在
futur 未来

プレゼント告知、
ドラマ連動企画本
『忘れられない恋のうた〜ガソリンスタンドガール』
徳間書店12月19日発売を30名に。
表紙がかわいいんですけど、誰?
4198624550
忘れられない恋のうた ガソリンスタンドガール

花坊/写真 小原信治
徳間書店 2007-12-15


のちにモデル本人がブログで公開、
金ヶ江悦子さん。
http://ameblo.jp/kanagae-etsuko/day-20081112.html

キャスト
野村有希子(伊藤裕子)ユッコ、映画館従業員
ポニ子(谷村美月)過去、凛太郎のバスケ部仲間
紺野凛太郎(中学時代)(山崎将平)過去、もう一人のR.K.
川田龍一(尾上寛之)過去、有希子の忘れられない人、パン屋の龍ちゃん
田口真樹夫(立川貴博)現在、映画館支配人
美少女(咲世子)過去、凛太郎の忘れられない人、ユキ、放送部員
──────────
(堀あかり)現在、映画館従業員
(加東希望)過去、龍一の友人、マユミ
(高瀬リエ)ポニ子のクラスメイト?
──────────
緑子(野村佑香)
紅子(わかぎゑふ)べにこ

初恋net.com 第一話 初恋net.com 第二話 初恋net.com 第三話
初恋net.com 第四話 初恋net.com 第五話 初恋net.com 第六話
初恋net.com 最終話




posted by エデン at 08:10 . | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。