トップ > ドラマ > はだしのゲン 前編
2007年09月15日

はだしのゲン 前編

原爆の恐ろしさを伝える名作漫画のドラマ化。

金曜プレステージ・“千の風になって”ドラマスペシャル第3弾「はだしのゲン」<前編>
http://wwwz.fujitv.co.jp/gen/
2007年8月10日21:00-22:50

戦争を通じて家族の絆、命の大切さを描き、
子役の名演技もあり、四時間の大作にふさわしい名作に仕上がった。

B000ZLS91Q
はだしのゲン [DVD]

2008-01-25

原爆被害の悲惨さ、爆心地の酷さ、爆風で飛んだ窓ガラスの破片が刺さった被害、焼けただれて引きずる手の皮膚、などがかなり抑えられていて、主に家族の絆を描き、見やすいファミリードラマに。

ゲンを演じるのは小林廉くん。ここまで自然体の演技ってすごいね。
相棒の弟を演じる今井悠貴くんも同じく上手で、まるでベテラン兄弟。

丹下左膳、当時の流行りモノか。

簡単なあらすじ、
昭和二十年、貧しくも明るく強く生きる中岡家。
父は戦争反対の態度で非国民と呼ばれる。

下駄を売って生活の糧にしようとしたが、町内会長の嫌がらせでおじゃん。嫌がらせは続き、父は警察に連行される。元と進次が仕返しに町内会長を襲い、その夜、町内会長が怒鳴り込んでくるも母が強い態度で子供たちを守る。

元の作文が叱られ、浩二は工場で放火犯と疑われ、英子は学校で盗っ人と疑われ、進次は友達と遊んでもらえず、非国民とののしられる影響は大きい。

父が解放され帰宅。朴さんからもらった芋でお祝い。子供たちが自分の分を父にあげようとするが、父「お前らの気持ちだけで満腹じゃ」。

英子が学校での盗っ人疑惑を打ち明け、父が怒鳴り込む。父は町内会長の息子を問い詰め、その子が真実を話すとほめてあげる。そして校長たちを教師失格として鉄拳制裁。

帰ると、浩二は志願兵になることを報告しにやって来た。家族が非国民と呼ばれないようにと言うが、父は大反対で見送りせず。浩二は機関車で出発。父は泣きながら川に出て汽車へ向かって見送りの声を上げる。

ここまでで一時間五分。本当に簡単な内容を書いているだけであり、中身が濃い!

妊娠中の母だが、栄養失調で倒れてしまう。元と進次はこっそりと戦争孤児を装った浪曲で稼ぎ、中岡家にお金を投げ入れる。それを知った父は気遣いに感謝し、絆を深める。

八月六日、八時十五分、原子爆弾を積んだエノラ・ゲイ号が爆弾投下。
すさまじい爆風のCGがすごい。

元は学校の塀で守られた。
家にいた父姉弟は家の下敷きに。母はかろうじて助かった。
二人で父たちを助け出そうとするもどうにもならず、火の手が近づく。
父は「生きるんじゃ!
 頼むから逃げてくれ。しっかり生きるんじゃ」と二人を追い払う。

元は母を連れて逃げる決意をし、家が崩れ落ちるのを見て泣き叫ぶ。

つづく


出演者

中岡大吉(中井貴一)
厳しくも優しい一家の長。戦争は無益な争いだという信念を貫き、町の人から“非国民”と呼ばれ、冷たい仕打ちを自分も家族も受けるが、強い信念で乗り越えていく。下駄作りで生計を立て、麦畑も持つ。原爆による家屋倒壊と火災で死亡。

中岡君江(石田ゆり子)
優しい母。町内会長が元と進次を懲らしめようとする際に包丁を持って守ろうとする強い心も持つ。妊娠中。
石田ゆり子公式サイト "from Yuriko"の8月5日がイイ!

中岡元(小林廉
物語の主人公。次男。小学二年生。明るく元気でいつも裸足。弟ととても仲がよく、一緒に歌う浪曲の相性はぴったり。

中岡浩二(中尾明慶)
長男。呉の武器工場で働き一時帰宅中。工場で非国民の仕打ちで特高警察に放火犯と疑われ暴行を受ける。それを機に、父の反戦の意思に反して、志願兵として出兵。原爆の難に遭わず。

中岡英子(小野明日香
長女。体は病弱ながらも、心は強く明るい。非国民の仕打ちで学校で盗っ人の疑いをかけられ裸にされるが、父が乗り込んできて疑いを晴らす。家屋倒壊と火災で死亡。
すごくかわいい子。当ブログ二度目の登場。

中岡進次(今井悠貴
三男。“ウロン(うどん)”が好物で、麦の刈り取りを期待する。まだ学校に通わない年齢。家屋倒壊と火災で死亡。

(川井つと)元の担任教師、元の戦争批判の作文を叱る
(新城彰)近所の医者、君江の栄養失調診断
(志水季里子)
(栗田桃子)
(海老原敬介)海軍
(佐藤恒治)
(田村三郎)倉石商店、町内会長の命を受け中岡家に味噌を売らない

警察署長(矢島健一)非国民の中岡大吉の思想を改めさせようとする。
浜田警察官(市川勇)署長とともに中岡大吉を矯正しようと暴行する。
佐伯司令官(升毅)海軍
http://yaplog.jp/mstks/archive/370
沼田先生(大河内浩)学校の先生。町内会長の企みから中岡英子を盗っ人扱い。
 真偽を確かめずに英子を疑い裸にしたとして大吉の怒りを買う。
http://blog.livedoor.jp/ohkouchi_hiroshi/archives/50687670.html
豪邸の主人(ト字たかお)元と進次が鯉を盗みに入った家の主人
特高警察刑事(田中要次)中岡浩二を非国民で放火犯だと疑い暴行。
田中校長(鶴田忍)校長。町内会長の企みから中岡英子を盗っ人扱い。
 真偽を確かめずに英子を疑い裸にしたとして大吉の怒りを買う。
(鈴木悠生)町内会長の息子竜吉
(藤本旺輝)
(鈴木麻祐理)
(阿部考将)近所の悪ガキ
(小柴亮太)
(畠山彩奈)人形とともに爆風を浴びる少女
(青木敬史)
(藤田登美子)
(豊崎美由紀)
(浜田光恵)
古賀プロダクション
トライアルプロダクション
全映テレビタレントセンター広島
セントラル子供タレント
劇団ひまわり
スペースクラフト
宝映テレビプロダクション
テアトルアカデミー
劇団東俳

朴永甫(勝村政信)中岡家の隣人。戦争反対の信念を貫く大吉を尊敬し、中岡家に協力的な態度。

鮫島伝次郎(小野武彦)町内会長。非国民の中岡家に冷たい仕打ちを与える張本人。

中岡元[現在の元]、ナレーション(山本學)広島平和記念公園を訪れ、過去を振り返る。

原作 中沢啓治
脚本 君塚良一
音楽 佐藤直紀
テーマソング 秋川雅史「千の風になって」
プロデューサー 増本淳、小椋久雄
演出 西浦正記(FCC)
制作協力 共同テレビ
制作著作 フジテレビ

視聴率 18.2%

関連ブログ
どらま・のーと弐 | 千の風になってドラマスペシャル第3弾「はだしのゲン」
金曜プレステージ“千の風になって” はだしのゲン 前編 はじまり - レベル999のマニアな講義

うちの記事
はだしのゲン 前編 はだしのゲン 後編




posted by エデン at 07:36 . | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。