トップ > ドラマ > 家に五女あり
2007年09月04日

家に五女あり

ハラカナ出演ドラマ。

TBS「愛の劇場 家に五女あり」
http://www.tbs.co.jp/ainogekijyo/gojoari/
2007年9月3日から

定年退職の父と五人の娘たちの明るいホームドラマ。
退職金などを一人500万円ずつ家族で分配するが…。

主演は前田吟さんということでいいのかな。つぐみさんたち娘が続く。

人物紹介をしながら、お金の件でまず四女が荒れ始めた。未成年の二人には20歳になったらお金を渡すという設定で、四女には不満で父を嫌い始める。

父の定年を切りにお金の話が出たということだけど、なかなか難しい切り出しよね。末っ子の成年を待ってもいいかもしれないし、父としては早くにきっちりしておきたいし。

ふーむ、娘の年上の三人はなかなか美形。
三女役のハラカナのことを知っているのみで他の子は知らない。

三女、優秀な女子大生で、なんと教授と付き合ってる設定。
第二話、風呂上りの髪の濡れた姿が色っぽい。
金のない、そして欲しい四女に勝手にケータイを使われ厳しく叱るが、姉としてどうにかしてあげたい想いも感じられた。
ハラカナ、がんばれー。画像

長女、内気で華奢な女性で好印象。かわいらしい感じ。

次女、顔が強いな。強気なプロカメラマン役が似合ってる。

四女、反抗期の設定でマイナスだけどなかなかかわいい。

末っ子、ニコニコ明るい女の子。第一週はカツラのようで、どうやら今後空手にのめり込み坊主頭にするのかな、

キャスト
三沢平太郎(60歳):前田吟
(長女) 三沢一代(区役所勤め、30歳):つぐみ(1976年2月21日生、31歳)
(二女) 三沢二美子(プロカメラマン):桜田聖子(1978年1月8日生、29歳)
(三女) 三沢三也子(21歳、女子大生):原田佳奈(1981年12月11日生、25歳)
(四女) 三沢志奈子(中三):宮沢静香(1992年5月11日生、15歳)
(五女) 三沢伊世子(中一):麗美()

 桜田聖子公式ブログ : 『家に五女あり』始まりました!・・・
 原田佳奈 : 昼ドラ見てね〜

北川静香:内田春菊(パン屋『パンの実』女主人)
団吾郎(40歳):佐藤二朗(長女の見合い相手、ダンゴロー)
高村宗秀:鶴田忍(僧侶)
小田切教授(52歳):藤堂新二(三也子の大学の教授)
ナレーション:峯のぼる

その他
坂居耕二:西興一朗(次女のアシスタント)
→特撮『爆竜戦隊アバレンジャー』主役で、いとうあいこさん(アバレイエロー)やスケちゃん田中幸太朗くん(アバレキラー)を従えていた!

岡崎沙織:三浦涼子(サラエンターテイメントアカデミー、個人ページなし) 喫茶店従業員

今後の出演者
アトリエ 由衣(404エラー http://yuiblog.ai-yui.com/?eid=463999 )
双子の亜衣/由衣
久保尚暉(フジ『ライフ』出演中)

原作 源氏鶏太『家庭の事情』
脚本 関根俊夫(すてきにコモン)
音楽 山下康介(パパとムスメの7日間)
演出 清水満(すてきにコモン)

その他の情報は前記事で
http://edens.seesaa.net/article/45243149.html

余談、
ハラカナ、松下由樹さんとCM出演中!
フジパン『ネオバターロール』

追記感想

第一週、
四女の荒くれをメインに、意外に重いドラマだ。
結構大きな家だけど、三也子の寝場所が…、押入れ改造のドラちゃん。

第二週、
志奈子のワル友達を救ったことをきっかけに、志奈子がすっかりいい子に!分かりやすい展開、性格!
三也子が不倫相手の娘にビンタ!不倫で泥沼展開へ!

第三週、
三也子は父の怒りをすんなり受け入れ、家を出ることを諦め静かに暮らすことに。なにやら秘めていそうだ。末っ子が髪を切った!父の寂しさ(娘ばかり)を気遣って坊主頭(短髪)に。

第四週、三也子は教授を影から中傷。それを知った志奈子が「やめたほうがいい。アドレスを調べられたらバレるし」と説得しようとするが、三也子はビンタ。とんでもない仲の悪さ(汗)。末っ子の伊世子は、長姉の結婚の心配をして家事宣言、けんかする姉の仲裁に入るなど、とてもいい子。

2007年10月26日(金)、ついに最終回!
破局に見えた一代とダンゴローが…。

長女はダンゴローと一緒になり、旅館で働き始める。
皆で様子を見に行き宿泊することに。
父は亡き妻の遺影を手に涙。そんな父を囲んで皆で写真を撮り、
公式サイトトップページの画像こそがこの写真。

せっかくの温泉旅館、入浴シーンをぉぉ!

父→→静香のパン屋『パンの実』を継ぐ。
長女→ダンゴローと一緒になり女将修行。
次女→アシの彼は告白して退職。彼女は身近な“家族”を撮ることに。
三女→教授は病死。留学推薦書を書いていたなど、愛はあった。彼女も愛から悪質ないたずらをしただけに悲しい恋愛であった。
四女→料理に挑戦、スパゲッティは固まりで失敗。受験へ猛勉強。
五女→変わらず明るく前向きな子。
詳しく観てないけど、こんな感じ。

桜田聖子公式ブログ 〜Sei's Room TAKE A BREAK〜 : 『家に五女あり』最終回・・・
原田佳奈 : 明日はいろいろ最後です
ありがとうございました!!|宮沢静香オフィシャルブログ「ビタミン☆しずか」




posted by エデン at 21:44 . | Comment(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。