トップ > 野球 > 阪神 若手の台頭
2007年07月05日

阪神 若手の台頭

7月4日の対ヤは惜しかったねー。
今岡の送球エラーがなければ…。
おかげでジェフが失点1(自責0)で負け投手(2敗目)になっちゃったよ。

2試合ずつの交流戦、なんだか不定期な日程の感じだし、
阪神もあんまり勝てず、盛り上がらなかった。

チームは若手の台頭が始まり、若手が出て活躍することも。
狩野捕手に始まり、桜井外野手、上園投手(先発)、
庄田外野手、坂内野手(二塁)など。

林威助も左投手&変化球の苦手を克服しつつあり、大活躍中。
ちょっと不振もあったけど、打率.300以上をキープ。

でもなぜか岡田監督は調子の上がらないベテランを起用する不思議な采配。
不調で2軍落ちしたシーツをすぐに3番で打たせ、復帰後は23打数3安打だとか。
矢野、関本、シーツたちの打率.220台が勝てない大きな要素。
復調してくれないと、チームの上昇はない。がんばれ!

セッキー、オープン戦は好調、シーズンで不調、
これはまさしく2006年の桧山。
せっかくオープン戦でレギュラーを勝ち取ったのに、シーズンインとともに
不調に入り、抜け出せなかったところがまったく一緒。

その桧山、主に代打で登場中。でも打率.200に届かない。
速球に押され、変化球に踊らされ、クリーンヒットが見られない。
がんばれ!

さあ、7月20日、21日は『2007ガリバーオールスターゲーム』。
ファン選出は抑えの球児だけ。
交流戦に続いて、球宴も盛り上がらないかも!?画像

がんばれ、阪神タイガース!




posted by エデン at 00:11 . | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。