トップ > ドラマ > 介助犬ムサシ
2007年04月21日

介助犬ムサシ

介助犬ムサシ 〜学校へ行こう!〜 - フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/musashi/index2.html
2007.04.20 (Fri.) 21:00-22:52

脊髄性筋萎縮症で車椅子生活になって落ち込む久美子(成海璃子)は笑顔を失ってしまった。
介助犬ムサシが生活も心もサポートしてくれ、笑顔を取り戻す。

久美子の不安、それを乗り越える前向きな心、
彼女を支える周囲の人の優しい気持ちなど、涙の感動ストーリー。

介助犬の存在を道具や当然の義務としてではなく、対話して心の通じ合える、
病気になって死ぬこともある生き物として描く。

璃子ちゃんと犬の感動ストーリーといえば、『君が光をくれた』(2006.12)を思い出す。
半年も経っていないのよね。あっちのほうが好きだなぁ。
あっちは泣きまくったけど、こっちは涙ぐむ程度。まあそれでも、良い作品には違いない。

久美子の友人、田島ゆみかちゃん、改名したのね。
田島有魅香の名で出た某CMがとても印象的。
もう一人の友人役は佐武さんかな。なかなかかわいい子。
高山さんは質問した一人だろうね。かわいい子たち、がんばれ!

白石さん、厳しくも思いやりあるいい先生。低い声が魅力的。
不安な気持ちを吐く久美子を突き放すように、
でもしっかり勇気付けるさまがいい。
大型犬の介助犬導入による危険性の学校責任を問う保護者を叱りつけるさまも。

若葉くん、久しぶりっす。かっこいい青年になった。
彼もまた勇気付ける言葉がいい。ちなみに17歳の彼が中学2年を演じた。

裏番組の「生徒諸君!」で若葉くんは不登校として出番なし。
こっちで重要な役だからかな。
でもみずきは電波ジャック状態。
ほんの数回映ったけど、他のかわいい脇役生徒よりよっぽど目立ったぞ。

久美子の子供時代を演じる子役、香純ちゃん。
璃子ちゃんと顔の系統が似ている感じで、将来有望!?

エスクラ(エスクラリネット)、知らない物で聞き取りにくかった。
クラリネットより軽いが音の扱いは難しいらしい。

キャスト
成海璃子……板倉久美子
吹越満………森岡祐司。介助犬育成
白石美帆……田口綾子。先生、吹奏楽部顧問
田島ゆみか…水野コズエ。久美子の親友
若葉竜也……森岡新一。転校生で祐司の息子
大河内浩……○○主任。学校の先生。
 ブログ記事 http://blog.livedoor.jp/ohkouchi_hiroshi/archives/50566312.html
ふせえり……保護者。介助犬に否定的な意見
斉藤暁………ブリーダー。森岡が訪ね介助犬の適性のあるムサシを引き取る
三井善忠……理科の先生
浅沼晋平……獣医
保坂香純……久美子の幼少
南好洋
塩山みさこ…母が見かける車椅子の女性?
大塚ちか
下村恵理
土屋史子
村山紗弥…電車旅の途中で出会う少女
佐武宇綺  高山侑子
岡野真也  小野寺華那
高野歩日  山口李菜
久野みずき 田嶋友
小林郁未  佐藤葵
原聖里香  幡かほり
永瀬千裕  坂本涼香
加藤拓也  深澤友貴
門脇知希  福島真平
伊藤航   久芳竜馬
小島大輝  川口倫己
春日優介  杉山大喜
田中順也  上田光明
大平峻也  西野瑠菜

相島一之……板倉実。父
大杉漣………池山和之。医者
片平なぎさ…板倉祥子。母

介助犬武蔵と学校へ行こう!―日本初・難病の久美子ちゃんがチャレンジ
介助犬武蔵と学校へ行こう!―日本初・難病の久美子ちゃんがチャレンジ

原案 「介助犬武蔵と学校へ行こう!」綾野まさる
脚本 清水友佳子
主題歌 Bank Band 「糸」
SPECIAL THANKS
 板倉ムサシ→アメリ号 松山号 ハート号 ヤマト号
 さくら→エース号
プロデュース 関谷正征
演出 川村泰祐
製作著作 フジテレビ


posted by エデン at 14:17 . | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。