トップ > H-code(ハンターコード)〜愛しき賞金稼ぎ〜 > H-code 最終話
2007年03月04日

H-code 最終話

全八話の最終回。次週スペシャル一時間。
30分ドラマで、60分に換算すると第四話。テンポよく充実したドラマ。
久々の快作!

「衝撃の結末!?」
3/3(土)深夜24:30〜

人気blogランキングへ にほんブログ村へ
ブログランキング参加中、押してな〜☆

H-code〈ハンター・コード〉-愛しき賞金稼ぎ- DVD-BOX
B000PWQZQG

大浦龍宇一 蒲生麻由 唐渡亮

あらすじ
ヤマモトの正体を見破ったジェイ。
決して確証はなかった。半分は予想、半分は運。
見破ったきっかけは、NOPDから逃げるザイゼンが一発も銃を撃たなかった、弾が入っていないから撃てなかったこと。そして決定的なことは、ザイゼンがレナではなくヤマモトを連れて逃げたこと。レナよりも守るべきなのはテラーだからだ。

「青い炎のタトゥ」は正しい情報ではなかった。
だがヤマモトが見せてやろうと言って、上着を脱ぎ、背中に浮かび上がった。特殊なホルモンの分泌により現れるものだった。そして骨髄の病気は嘘だった。
今回の一件は、国家機関がレナの能力に注目し、ヤマモトからレナを奪おうと企てていることを察知したヤマモトから始まる。国家機関から身を隠すため、そしてレナを極限まで追い詰め、能力を覚醒させるためだった。
一千万円の賞金首は国家機関が仕組んだことだった。
覚醒したらその能力で実態のつかめないバウンティハンターズギルドを潰すつもりだった。もちろんハンターコードを持つ賞金稼ぎたちも。
レナの予知、新たに追加され、たしかにヤマモトがジェイを撃つ。

ジェイとテラーを探すハラダの前にクイーンが現れ、テラーの居場所を教えることと引き換えに交換条件を出す。

レナはヤマモトに泣きつき、ジェイを説得すると言うが、ジェイは賞金首を前に手ぶらで帰るつもりはない。それを聞いてヤマモトが発砲し、ジェイは倒れる。レナの予知と重なる現実。ジェイがペンダント(ハンターコードのIDプレート)を身に付けていること以外は。

悲しむレナは短剣で自殺しようとする。その手をジェイが止めた。生きていた。レナの作ったペンダントがジェイを守ったのだ。
「私の予知が外れた」
「そうじゃない。このペンダント作ったのお前やろ、お前が運命を変えたんや」

また発砲しようとするが弾が出ない。
ジェイは疑問に思うヤマモトに言う。「なぜか教えてやる。俺は無敵や!」。

「テラー、ハンターコードの権限により、お前の身柄を拘束する」
ナイフで抵抗するヤマモトを特殊警棒で気絶させる。象をも気絶させるものだが、ヤマモトは唇の色を変え、立ち上がる。
「レナ…、お前にその力がある限りは、必ず誰かがお前を狙う」
と高笑いするが、何者かに頭を撃ち抜かれた。ハラダだ。
手柄が目当てだ。テラーを仕留め、さらにレナを引き渡せと言う。
俺からレナを奪いたいんやったら! 殺してから連れて行け」
「仕方ないな、そうしよう」バン!発砲

Another Day
NOPD遺体安置室でレナとザイゼンが横たわっている。ジェイとヤマモトはどこに? ハラダは虹彩スキャンでレナとテラーであると確認済みだと言う。刑事局長に過去の汚名は帳消しだと賞賛され、ハラダはにやける。Wanted.netでも二人は死亡と表示。

ジェイは大黒堂に支払いを済ませる。もちろん虹彩スキャン。

ハラダはジェイの工作話に乗り、大きな貸しを作ったのだ。
そこへ逃亡の一報が入る。リヒテルの逃亡だ。ハラダ「次のゲームの始まりや!」。ハラダが去ると、横たわるレナの背中が光る。レナの替え玉がヤマモトだ。

堤防でジェイとレナが話す。
ハラダが弱みを握ったつもりでいるが、握ったのはジェイのほう。バウンティハンターと結託してレナの死亡を偽装したのだから。
賞金が目当てだったが、ペンダントで救われた命、これ以上の賞金はないとジェイ。
このまま一緒に、と言おうとするレナ。
一週間だけのパートナーだと言うジェイ。
見たくない予知で苦しんできたレナのことを勘がいいだけだと言って励ますジェイ。
「未来はいくらでも変えられる」。
別れを惜しむレナに優しくキス。そして去って行く。

夜、ジェイにクイーンから近況が伝えられる。なんとお手柄の数はジェイを抜いた。ハラダとの交換条件、それはNOPDの極秘の犯罪者データだった。

ジェイはレナと写った写真データを消去する。
(第五話セリフ「今があれば、過去の思い出も未来の予知も必要ない」)
そしてリヒテルが賞金首として登録された。「次のゲームの始まりや!」

朝、ジェイが目覚めるとなぜか朝食が用意されている。
「おはよう、ジェイ」とレナがペンダントを手にウインク。
ジェイも指を差してポーズを決める。

人気blogランキングへ にほんブログ村へ
ブログランキング参加中、押しとこうや☆

なんと爽やかな終わり方。
練られた話、クイーンやリヒテルもしっかり絡んで、イイ!

確かにザイゼンが銃を持っているくせに格闘することに違和感があった。でもそれだけで、弾が入っていない、と命をかけるのは無謀よ。

ヤマモトのドスの利いた声、豹変振りがすごいね。
特殊なホルモンは全身に…、タトゥも全身に浮かんでしまうようだ。どうせなら見せて欲しかった。また、平常心を失って興奮状態になってしまうらしい。てっきり化け物に変身するのかと期待したものの、そこまではない。

撃たれるシーンは予知とは違って、ジェイの胸元にIDプレートのペンダントがあり、何かが起きる!と期待大。ベタな展開でそれがジェイを守った。公式動画によると、IDプレートは銃弾でさえ貫通しない。また、ハンターコードはAからZまであるそうだ。

大黒堂、きっとまた出ると思ってた。偽のジェイが登場して、身代わりとして撃たれるかと予想していたけど、それはなかったか。

次回スペシャルがあるように、今後、続編または派生作品(スピンオフ)も可能。期待している。また、原作はなく、完全オリジナルのテレビドラマであり、漫画化、映画化、などそういった派生も期待できる。
公式サイトによると、「2007年初夏DVD発売」

第二話感想
> レイズアカデミーがwanted.netに不正アクセスしてレナを賞金首登録したようだ

そうじゃなかったね。国家機関がレナを欲しがって登録した。

キャスト
J〜ジェイ(大浦龍宇一)Ohura Chips - 永遠なるいま

ニシキドレナ(蒲生麻由)

Q〜クイーン(メイサツキ)
ハラダ警視(唐渡亮)
ザイゼン(稲健二)
セルゲイ・リヒテル(井之上チャル)

刑事局長(妹尾和夫)(特別出演)

ヤマモト(渋谷天外)

脚本 八津弘幸
監督 元村次宏(東通企画)

関連ブログ
H−code ハンター・コード−愛しき賞金稼ぎ−第8話 運命 - レベル999のマニアな講義

H-code 第一話 H-code 第二話 H-code 第三話 H-code 第四話 H-code 第五話
H-code 第六話 H-code 第七話 H-code 最終話 H-code 特別編

H-code〈ハンター・コード〉-愛しき賞金稼ぎ- DVD-BOX
B000PWQZQG




posted by エデン at 08:02 . | Comment(2) | H-code(ハンターコード)〜愛しき賞金稼ぎ〜
この記事へのコメント
最後まで、細部までよく練られ
テンポ良く進む、ホント良い感じのドラマでしたよね。

軽い感じのドラマに仕上がるのではなく、
爽快感を感じるドラマって言うのも最近には珍しく、
面白かったですよね。

次回のSPが楽しみで仕方ありません。
それ以上に、続編が見たい感じです。
Posted by レベル999 at 2007年03月04日 12:40
いつもお世話になっております! そう、テンポの良さが一番の特徴!
スリリングなアクション・ミステリー・ドラマ(強引にジャンル分け)でした。
コミカル要素も必見! 美男美女が主役も大きなポイント! 良いドラマでした!
Posted by エデン at 2007年03月05日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。