トップ > お見合い結婚 > お見合い結婚 第六話
2007年02月10日

お見合い結婚 第六話

温泉旅館と初キスの回。

あらすじ
ライター(ジッポー)のことが気になる二人。
光太郎は節子を以前約束した旅行に誘う。いざ誘ったもののどうすればいいかを光太郎が大畑たちに相談する。誘われたものの光太郎の真意が分からない節子がミカたちに相談する。そして話を聞いているうちに他の皆もそれぞれが行く気になった。節子と光太郎は温泉旅館へ。なんと大畑と恭子、ミカと田沼も同じ温泉だった。

節子はお互いのためにもライターを捨てることにし、放り投げ捨てた。その後、節子が酒を飲みながらヒロシについて話していると、酔って男性遍歴を話し始め、その数の多さに驚く光太郎。恭子はダンナが心配で帰ってしまったが、大畑とミカと田沼も同席し同じく驚く。

翌朝、一人外を歩く光太郎がライターを発見。

昨晩のことを何も覚えていない節子。
その後、光太郎は節子との結婚を躊躇し始める。
「あなた、とても正直な人です。でも、残酷な人だ」

バーで男の数と同じ数のグラスを飲み干していく光太郎。

節子はもし結婚が白紙になってもこれは渡したいと言ってバレンタインチョコを渡した。指輪を返そうとするが、光太郎はイタリアへ一緒に行こうと切り出す。ライターを見せ、節子の過去を忘れるんじゃなく受け止めたい、初めてのプレゼントであるライターも大事にすると言う。それを聞いた節子は、ヒロシの名が刻んであるライターの中身を捨て、外のカバーを渡す。大介は指輪を節子に返し、結婚が無しになんてならないと言い、お互いの気持ちが確認されてキス。しかしそれを見てしまったまゆみ。


「外のカバーを渡す」ということを文字でうまく表現できない。気持ちは素敵だよねー。新しく中身を手に入れてカバーを使えばいいんだし。
ミカと田沼、大畑と恭子もゆっくりと面白おかしく進展中。
温泉ロケって、泊まりだと出演者や制作スタッフも泊まるのかな、と無駄な疑問。

キャスト
松たか子 …中谷節子(24)
ユースケ・サンタマリア…広瀬光太郎(27)
窪塚洋介 …大畑純一、光太郎の友人
さとう珠緒…河合ミカ、節子の友人
川原亜矢子…羽田恭子、節子の友人
今井雅之 …田沼謙介、光太郎の友人
田山涼成 …中谷良平、節子の父
酒井敏也 …中谷正男、節子の義理の兄
久我陽子 …中谷育子、節子の姉
MIKI…まゆみ(キャバクラニューヨーク)
小林隆
山浦摩美 …まゆみの同僚
奥田絢子 …まゆみの同僚
重水直人
種子…温泉仲居
徳井広基
浜田大介
入江巨樹
大橋寛展
清水章吾    …桜庭部長、光太郎の上司
ジュディ・オング…桜庭陽子、部長の嫁、仲人マニア
いしだあゆみ  …中谷絹枝、節子の母

脚本 吉田紀子
演出 鈴木雅之

お見合い結婚 第一話 お見合い結婚 第二話 お見合い結婚 第三話
お見合い結婚 第四話 お見合い結婚 第五話 お見合い結婚 第六話
お見合い結婚 第七話 お見合い結婚 第八話 お見合い結婚 第九話
お見合い結婚 第十話 お見合い結婚 最終話


posted by エデン at 15:45 . | Comment(0) | お見合い結婚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。