トップ > ひとつ屋根の下 > ひとつ屋根の下 最終話
2007年02月10日

ひとつ屋根の下 最終話

フジテレビ内、DVD化希望メッセージ受付コーナー
https://wwws.fujitv.co.jp/safe/video/vip/kibou.html

あらすじ
小梅の今後について広瀬と話す達也は、やっぱりそばにおいておきたい、毎年小梅の誕生日を祝ってやりたいと言って、笑顔で断った。アキレス腱に古傷があるが市民マラソンに出場することも伝える。

達也は弁護士とともに告訴の手続きを進める。

家に帰ると、和也の友人が荷物を取りに来たことを知る。小雪の口から和也の解雇は和也が悪さをしたわけじゃないことを伝えられる。

雅也が小梅の荷物を取りに来た。
「告訴しないならすぐに戻ってもいい」。

利奈は舞台が全てであり、なければ死んだも同然だと言う。小梅のために告訴しようとしている達也ならこの気持ちを分かってくれるだろうとも。

小梅は広瀬、雅也、小雪に付き添われ犯人の面通しを。
(告訴しない派がなぜ? ←告訴をしないとしても、警察が確認のために)

市民マラソンスタート。
広瀬の言葉の一部
「小梅は今のままじゃ誕生日が来るたびにつらい思いをする。
 達也は自分を痛めつけることで皆を守る強さを身につけようとしている。
 馬鹿な考えだが、小梅を隔離するだけの私たちとはまったく違う」
(現実から逃げるんじゃなく、能動的な行動を)

利奈、命を削る女優活動で死亡。雅也、泣き叫ぶ。

和也を心配する津山に連れられ、小雪が和也を連れ戻しにやって来た。
達也が解雇の理由も聞かずに怒鳴ったのは小梅のことで頭がいっぱいだったせいで、今、達也が走っているのは小梅のためであり、和也のためでもあると伝える。
「ウサギって寂しいと死んじゃうんだから!」(二度目のセリフ)
和也は戻る決意をし、シャッターを下ろしてボス(おざわ)と決闘。
「失うものが無いやつより、守るべき人がいる、そのほうが強い!
 あんちゃんのほうが強い!」

小梅はテレビ中継で達也の走る姿を見て決意。
それを知った雅也は利奈の言葉を思い出す。
「あなたは今の妹さんを見てるだけなの。
 そっとしといて、死んだように長生きしろって」

古傷が痛み始め、右足を引きずるようにしてかばいつつ走る達也。
トップを走っていたものの、皆に抜かれていく。
傷だらけの和也が駆けつけ応援。給水ポイントでは雅也が。

小雪、文也、広瀬がゴール地点で待つ中、足を引きずりながら達也がやって来た。スタッフが片付け始める中、ゴール目前で倒れる。皆が「あんちゃん! あんちゃん!」と応援し、体を起こそうとする達也の目線の先には、小梅がいた。誕生日プレゼントのワンピースを着ている小梅「あんちゃん!」。達也は気力を振り絞ってゴールし、皆と抱き合う。

その後、小梅は兄弟皆と一緒に警察へ告訴に行く。
(行ったという事だけで詳細は描かれず)

ケーキを争い、つかみ合いのケンカ。
小梅の誕生日のやり直しであり、「上を向いて歩こう」を歌うなど、仲良く祝う。

皆のその後が映り、最後はお客を迎える達也の笑顔。

終わり

兄弟愛の感動作。
いざ文字にすると、どこまで感動が伝わるのか分かんないね。
おまけに最終回はやたらと間接的な表現が多い。
ドラマは感性で観ることが出来るけど、文字のみのブログは限界アリ。

キャスト
柏木達也(江口洋介)
柏木雅也(福山雅治)
柏木小雪(酒井法子)
柏木和也(いしだ壱成)
柏木小梅(大路恵美)
柏木文也(山本耕史)
日吉利奈(内田有紀)女優志望の病人
(山本顔ノ介)
(中川弘)
(川口政彦)
(古川九一)和也の友人(ワル仲間)
(西崎博)
(志村和彦)
(岡安泰樹)
(成瀬富久)
(手嶋みなみ)
(山崎一)
(森山米次)
(藤井雅宏)
大橋里枝子(萩尾みどり)女性弁護士
広瀬幸夫(山本圭)柏木父の親友

脚本 野島伸司
演出 永山耕三

最終話 「上を向いて歩こう」(1993年6月28日)視聴率35.9%
wikipediaから

VHS
ひとつ屋根の下〔1〕 ひとつ屋根の下〔2〕
ひとつ屋根の下〔3〕 ひとつ屋根の下〔4〕
B00005FXZN
ベスト オブ 財津和夫〜サボテンの花“ひとつ屋根の下より”

パイオニアLDC 1997-04-23

ひとつ屋根の下 第一話 ひとつ屋根の下 第二話 ひとつ屋根の下 第三話
ひとつ屋根の下 第四話 ひとつ屋根の下 第五話 ひとつ屋根の下 第六話
ひとつ屋根の下 第七話 ひとつ屋根の下 第八話 ひとつ屋根の下 第九話
ひとつ屋根の下 第十話 ひとつ屋根の下 第十一話 ひとつ屋根の下 最終話


posted by エデン at 15:00 . | Comment(3) | ひとつ屋根の下
この記事へのコメント
感想。イヤ完走、お疲れ様でした。

>おまけに最終回はやたらと間接的な表現が多い。
>ドラマは感性で観ることが出来るけど、文字のみのブログは限界アリ

そうなんですよね。特にこのドラマは。
私も現在の再放送を見ていましたが、ホント良いドラマでした。
確かに、文字にするのは難しいですが、
少なくとも私には伝わってましたよ。

それはさておき。
関西テレビが、今年に入ってから昼に流している再放送は
結構良作が多いですよね。
今クールの夜ドラよりも、良いモノがホントに多い!

そう感じているのが私だけでなくて、ホッとしています。
Posted by レベル999 at 2007年02月11日 16:04
伝わっていてひと安心!
そうそう、今クールの夜のドラマより、再放送ドラマのほうがよっぽど楽しめる。
関西テレビは連ドラ再放送が多くて、さらに良質でいい。
個人的に嫌いなノリカが出演するドラマも楽しめるから不思議(笑)。
この『ひと屋根』は夜のゴールデンタイムに再放送してもいいぐらいですよね。
Posted by エデン at 2007年02月12日 12:37
質問掲示板で役に立ってる〜!
ttp://okwave.jp/qa3183438.html
ttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa3183438.html
ttp://question.excite.co.jp/qa3183438.html
ttp://willcom.okwave.jp/qa3183438.html
ttp://questionbox.msn.co.jp/qa3183438.html
ttp://soudan.bizocean.jp/qa3183438.html
ttp://virus.okwave.jp/qa3183438.html
ttp://qanda.rakuten.ne.jp/qa3183438.html
へえ、複数のサイトで同期されるんだー。
人気blogランキングもお願いします
http://blog.with2.net/link.php?389701
Posted by エデン at 2007年07月20日 08:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。