トップ > ひとつ屋根の下 > ひとつ屋根の下 第八話
2007年02月02日

ひとつ屋根の下 第八話

小雪の母の回。

あらすじ
 店に家事にと多くをこなす小雪が過労で倒れた。そんな中、達也が小雪の母から電話を受けたこと、明日会うことを伝えるが、小雪は会うつもりはないと言う。

 小梅が代わりに朝ご飯を作るが出来が悪く皆から責められる。

 達也が会ってみると、お金を借りに来たと言う。新しい生活をしていて、店の資金に困っている。小雪とは会うつもりも無く、ダンナにも言っていない。

 文也の絵を見たルミ子はその出来にどうやら衝撃を受けたようだ。

 姉と比較され嫌気がさす小梅は、偶然小梅の母について知ってしまい、夜皆の前で打ち明けてしまった。それ以降、小梅、和也、文也が小雪は他人だと意識してしまう。達也は叱りつける。

 雅也は小雪の母にお金を渡し、もう小雪に会わないよう頼んだ。小雪の母も苦渋の決断で受け入れた。雅也は小雪に「会いたがっていた」など伝える。そして告白するが、小雪は達也のことが気になるようだ。偶然見てしまった小梅「家族じゃないよ、こんなうち!」。

 ギクシャクするのは私のせいだ、と小雪は家を出て行ってしまった。

キャスト
柏木達也(江口洋介)
木内雅也(福山雅治)
柏木小雪(酒井法子)22歳
柏木和也(いしだ壱成)
柏木小梅(大路恵美)
柏木文也(山本耕史)
日吉利奈(内田有紀)女優志望の病人
松前ルミ子(河合美智子)美大生。22歳。文也に絵を教える
(児玉頼信)
(川口政彦)
(中川弘)
(山崎一)利奈の芸能事務所の人
(手嶋みなみ)
(成瀬富久)
中川京子(風吹ジュン)旧姓工藤
広瀬幸夫(山本圭)

脚本 野島伸司
演出 中江功

第8話 「長女の悲しい家出」(1993年5月31日)視聴率26.5%
wikipediaから

ひとつ屋根の下 第一話 ひとつ屋根の下 第二話 ひとつ屋根の下 第三話
ひとつ屋根の下 第四話 ひとつ屋根の下 第五話 ひとつ屋根の下 第六話
ひとつ屋根の下 第七話 ひとつ屋根の下 第八話 ひとつ屋根の下 第九話
ひとつ屋根の下 第十話 ひとつ屋根の下 第十一話 ひとつ屋根の下 最終話


posted by エデン at 12:13 . | Comment(0) | ひとつ屋根の下
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。