トップ > ドラマ > 演歌の女王 第一話
2007年01月14日

演歌の女王 第一話

福田麻由子ちゃん目当てだけであり期待度は低かった。そして一話のみでおさらば。

色んなネタを含んだ「ごった煮ドラマ」。基本路線はコミカルな人情ドラマ。どのネタが視聴者に受けるかを見て、受けたネタを選んで展開しそうだ。

演歌の女王 オリジナル・サウンドトラック
B000M5B9S0

2007-02-28

演歌の女王 DVD-BOX
B000OIOKCC

2007-06-27

せっかくカテゴリを新設したけど、再放送ドラマに譲ることにした。

ちゃらんぽらん男のダメダメさがひどい。主人公ひまわりはかつてその男を信じて何度も痛い目にあったのに懲りずに信じてまた裏切られる。それもまたひどい。

福田麻由子ちゃんはまるっきり『てるてるあした』の“やす子”。つまり幽霊(生き霊)。今回は明るく話し、主人公の生き方に注意してあげるようだ。『てるてる〜』では無口で、主人公の母の子供時代の生き霊で、この『演歌の女王』では主人公の子供時代の生き霊だ。人生の選択をする崖のシーン、背景は全部CGかな?すごかった。この幽霊話だけは興味ある。

こたつで寝転がるデカ女、足がはみ出すぎ。合成とかトリックじゃなく実物だろうね。デカッ!

天海祐希(大河内ひまわり役)、原田泰造、福田麻由子(信友幸子役)、ほか
脚本遊川和彦
公式サイト『演歌の女王』http://www.ntv.co.jp/enka/

追記、第二話も観た。同じ内容。福田麻由子ちゃんの関西弁が良かった。そして成海璃子ちゃん登場。




posted by エデン at 20:07 . | ドラマ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。