トップ > 嫌われ松子の一生 > 嫌われ松子の一生 第九話
2006年12月07日

嫌われ松子の一生 第九話

ヤクザの追っ手から逃げる回。ちょっとしたカーアクションに、暴力シーンに、ハラハラドキドキ。ただしそれは前半の少しだけ。

要潤くんがとてもかっこ良かった。髪は下ろしたほうがいいかもね。B'zのボーカルに似ていると思った。

イヌの龍は組長に呼び出され、ボコボコにされ、ハンマーで足を潰された。ひえぇぇ。なるほど、のちに杖をつく理由はこれか。

龍の回想。田所校長は後に県議会議員になり、少年院に視察にやってきて、収容されていた龍と顔をあわすことに。何歳かは分からないけど、龍の背の高さがすごい。

ホテルで隠れていたものの組長に追い詰められ、逃げ切れないと判断して、警察に電話をしてクスリの件で逮捕、刑務所へ。ヤクザは刑務所内までは手を出さないらしい。サブタイトルにあるとおり殺人が重要なキーワードだけど、逮捕はクスリの件。誰を殺したっけ?と考えちゃったよ。

そして出所後二人は一緒になる=結婚するかどうかの考えが違う中、松子は龍の子を身ごもっていた。

龍は恨みで田所(元校長)を銃殺。再び逮捕。おお、これが“殺人”か!

そう言えば、明日香の妊娠エピソードもあったな。先週予告で検査薬購入シーンを見せ、そして今回そこで終わる程度だった。不要な話と思うからさっさと終わってちょうだい。

前半はスリルがあって楽しめました。


キャスト
川尻松子(内山理名)

龍洋一(要潤)
沢村めぐみ(小池栄子)
川尻明日香(鈴木えみ)
渡辺笙(小柳友)
汐見彬(羽賀研二)
後藤浩平(浜田学)
徳山拓也(新妻大蔵)
森崎よしえ)聞き込みを受ける女性。かわいいマダム
桜井ひとみ)聞き込みを受ける女性

吉沢竜二(美木良介)

田所文夫(佐藤B作)

脚本 成瀬活雄
演出 堀秀樹
第九話「始まりに戻るための殺人」

関連記事
嫌われ松子の一生 第9話 一途な愛が暴走 - レベル999のマニアな講義


posted by エデン at 23:49 . | Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌われ松子の一生
この記事へのコメント
エデンさん、こんばんは。またまたリンクに感謝です。
おばさんたち、私はどちらかと訊かれれば背の高い桜井ひとみさん派だなぁ。

>>ハンマーで足を潰された。ひえぇぇ
最近、単にボコボコにするシーンを見慣れていたので、ハンマーで足を砕かれるシーンはゾッとした。そういった意味でいい?演出なのかも。
>>要潤くん...髪は下ろしたほうがいいかもね。
(最近、黒木メイサっぽく見えてきた。)
>>田所(元校長)を銃殺
あれこれ語らずぶっ放してしまうところはGood!。B作さんの死に際の細かい演技がサスガでした。

今はきっと家族準備で忙しいんでしょうね、ファイト! ではまた...
Posted by シャブリ at 2006年12月08日 20:04
>メイサっぽく見えてきた
言われてなるほど。目元からそういう印象がありますね。
>死に際の細かい演技
撃たれた衝撃で体が弾むところ。なかなか難しいと思うけど好演しましたね。
Posted by エデン at 2006年12月09日 02:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。