トップ > 14才の母 > 14才の母 第八話
2006年11月29日

14才の母 第八話

キリちゃんが母親の窮地で覚醒!? 序盤は回想多いな。

入院することになった未希。
弟が花を一輪。おぉ、自分で買ってきたのか?えらいな。
おじ嫁はぬいぐるみ、いいね。おじはハンバーガーかよ!

生瀬パパと波多野編集長が桐野母の会社について対談。すごい演技バトルになるかと思いきや、意外とあっさり。次回に期待か。

「彼女の融資先であるメインバンクが突然手を引いたんですよ。
 結果、だぶついてた物件を原価割れで売却して、返済を迫られ、
 他の融資先も潮が引くように消えていった。
 倒産するのも時間の問題でしょう」
なんで手を引いたんでしょう。ライバルとかの存在かな。

キリちゃんは波多野編集長との、また母親とのシーンで大きく成長し始める?
・逃げ回って、さらに突っ走ろうとする母を止めようと、居場所を教えて記事にしてくれと交換条件。だが波多野は「止めたきゃおまえが自分で止めればいいだろう」と相手にしない。良いネタになるだろうに諭すとは、波多野は良いヤツなのか分からんな。
・そして母を説得しようとする。母はあの子(未希)は父のいない子を産んで育てられなくて後悔すると言うが、「(女手ひとつで育てた)ママは後悔したのかよ!?」とキリちゃん。セリフが光った! 一瞬だけ。そのあとはいまいち。結局母についていく?

男の子か、女の子か!? 未希は聞かないことにした。

退院。そして髪は…、ばっさり切るんじゃなかったの?

赤ん坊と母体の両方が危険になったら未希を選ぶと言う母・加奈子。先生にもそう頼んでいるが、それを聞いた未希はいざその時が来たらと考え…。最後に「選べない」と。

恵と先生が家にやってきた! 外には真由那がいた。心配で来たのかな?

生瀬パパ、「ただいま」って早いお帰りね。会社はどうなった?

家族四人の写真。夕焼けのような天気から晴天へ。次の日か? 先生たちがいないってことはそうなんだろうな。

波多野、痛みに襲われた未希を心配してあげる。良かった、声もかけないような人間じゃないのね。

サントラCDプレゼント告知あり

「14才」のあの子のケータイは? ドラマで使われるケータイたち 2006年秋編
すごいよ、各ドラマをチェックして、使われたケータイがどの機種か特定している。ケータイ会社がドラマ提供会社に付くのは当然になりつつあり、14才の母はNTTドコモ。未希のN702iSは見た目から印象的だよなぁ。

「10年に1人の逸材」志田未来の明るい未来
 「14才の母」は、初回の視聴率が19.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)をマーク。以後も高視聴率をキープしているため、日本テレビでは、当初10話だった放送予定を1話延長する異例の措置に。最終回(12月20日放送予定)は80分の拡大版になることも決まっている。
んー、大丈夫か? ただでさえ間延びした展開が1話プラス延長されて。回想だらけの実質総集編になるんじゃない?

追記:なんだか今までと感じが違ったなぁ。演出家が違うから? いや、波多野のキャラが今までのように責める感じじゃなかったからかな。ストーリー迷走中!?

キャスト
一ノ瀬未希(14)(志田未来)
一ノ瀬加奈子(43)(田中美佐子)
一ノ瀬忠彦(45)(生瀬勝久)

遠藤香子(25)(山口紗弥加)
三井マコト(34)(河本準一・次長課長)
桐野智志(15)(三浦春馬)
柳沢真由那(15)(谷村美月)
久保田恵(14)(北乃きい)
山崎光陽(29)(海東健)
三井ひな子(27)(金子さやか)
原口和明(28)(井坂俊哉)
桃田ヒロミ(西野妙子)看護師兼助産師、母親学級の講師

松本リカ(40)(大沢逸美)
奥村美子(32)(出口結美子)
一ノ瀬健太(11)(小清水一揮)
稲葉真也(22)(宮下雄也)
(伽代子)
(皆川明子)
(橋沢進一)母のパート先の上司

的場春子(52)(高畑淳子)

(逸見太郎)あゆみ旦那
(天現寺竜)借金取立人?が以下数名
(浜田道彦)
(本田清澄)
(夏井貴浩)
(野村信次)静香が頭を下げる交渉相手
(広瀬満)
(皆川陽菜乃)あゆみの子か。4歳ぐらい
(笠山侑馬)あゆみの子か。1歳ぐらい

池山あゆみ(34)(戸田菜穂)

波多野卓(38)(北村一輝)おかわりおじさん

桐野静香(48)(室井滋)

脚本 井上由美子
演出 山下学美
第八話 「二つの命…どちらを選ぶ?」

B000J10DHA「14才の母」o.s.t
TVサントラ 沢田完 高見優
バップ 2006-11-29

by G-Tools

関連ブログ
14才の母 第8話 女の戦いと正義の味方波多野 - レベル999のマニアな講義
ハマリもん: 14才の母 第8話 評価“彼方へ。星3つ”
14才の母 第八話 - どらま・のーと
テレビお気楽日記:14才の母 第8話 「二つの命…どちらを選ぶ?」




posted by エデン at 23:51 . | Comment(6) | TrackBack(0) | 14才の母
この記事へのコメント
エデンさん、こんばんは!いつもありがとうございます!
今日はリアルタイムでご覧になったのですね!

>すごい演技バトルになるかと思いきや、意外とあっさり。
ああ!私もですよ〜!おおっ って期待してちょこっと
目を見開いたのに、ショボボボボ〜〜〜ンとなってしまいました(笑)
なんかこのドラマ、こういうの多いですよね〜。まあ、俳優陣の
演技バトルを期待してるのは完全にこっちの勝手なんだけども。

>セリフが光った! 一瞬だけ。そのあとはいまいち。
ぎゃはははは!(超笑)ナイスツッコミ!!早々とエデンさんに
今回のツッコミ大賞を差し上げま〜〜す!(笑)

では、またよろしくお願いします〜!
Posted by まりりん at 2006年11月30日 01:08
エデンさん、こんにちは。

それにしてもよく門の前の債権者達を判別できますね。サスガです。
気になるのは"広瀬満さんが室井さんが泣きつくおじさん"であること
くらいかなぁ。あっ、遂に"波瑠"が消えましたね。
ドラマの興味はもうその程度。はははっ

>>んー、大丈夫か? ただでさえ間延びした....
この決定には、ちょっと閉口気味です。 では...
Posted by シャブリ at 2006年11月30日 15:19
まりりんさん、まいど。
あの二人の演技バトル、誰もが期待したに違いないっ! 本当に拍子抜けでした。「セリフが光った」はドラマ全体のセリフとしてね。ありがちかもしれないけど、良い流れでした。

シャブリさん、まいど。
債権者の俳優は見分けていなくて、“誰かこの役でいるだろう”という覚え書きです(笑)。結構な人数だったしね。波瑠さんと、そして犬のジミも出番がありませんでしたね。
Posted by エデン at 2006年12月01日 01:07
おはようございます☆.。.:*・°
波多野は絶対味方になると思ってたので、やっと来たかな感じでした。しかし気になるのは柳沢さん。好きだった人=体育教師=担任の彼って事…?本筋より気になる(笑)。
Posted by lovelytelly at 2006年12月01日 07:42
エデンさん、こんばんは。債権者配置はこんな感じ?
____(夏井) (who)
(本田)(天現寺)(浜田) <--浜田がチャイム押す?
[門]----------------------[門]
ふっ〜〜〜、疲れた...
Posted by シャブリ at 2006年12月02日 19:02
lovelytellyさん、色々推測しながら観ているんですね〜。
真由那の過去について、香子先生を含めた三角関係かも!? 興味深い!

シャブリさん、いつもすごいです。お茶どうぞ( ̄∇ ̄)つ且~
Posted by エデン at 2006年12月03日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。