トップ > 嫌われ松子の一生 > 嫌われ松子の一生 第六話
2006年11月17日

嫌われ松子の一生 第六話

刑務所生活。

女子バレーボールで10分遅れ。試合はいつも通り20時半ごろに終わっていて、録画を含んだ放送。しっかり時間調整してください。男子バレーボールが始まるのでホントお願いしますよ。

衝撃的なシーンはないけど、刑務所を舞台とする小さな演劇を見ているようで楽しかった。あんまり中身は無いけどね。
ふせえりさん(『温泉へ行こう!』『時効警察』)と山田スミ子さんがとてもいい味を出していた。主にお笑いキャラだけどね。
中学校の先生でソープ嬢だった松子が人を殺したことを周りが責める中、「シャブ漬けは悪くないぞ〜」と手を振るふせえりさん、面白すぎ。

乱闘シーンは面白いね。松子と和子をきっかけになぜかみんなが乱闘。手前の二人が特に面白い。みんな本気で殴り合っていないのがドラマならではか。映画だったらもう少しリアルだったか。

タチとは? ネコとは?
女子刑務所で性の欲求。タチ(男役)、ネコ(女役)で、めぐみ(レズビアンではないが)はタチ。男前小池栄子さんにぴったり。明日香も女子高でタチだった(無駄なエピソード)。

めぐみは美佳という人からラブレターを受けた。
刑務所保安課長(片桐はいり)に追求されるも黙秘。そうやって黙っている態度が女性から受けがいいらしい。保安課長は嫉妬か?(笑)
めぐみは中学時代に義父から性的暴行を受け、中学卒業して家を出て、その後大きくなって、母の病で戻って死を看取り、そのとき再び襲ってきた義父を包丁で刺すが死には至らず未遂。

内山理名ちゃん、今回初めて気づいた、結構男前?
かつてドラマ『美しい人』で美少女っぷりに衝撃を受け、それ以降要注目の存在だったけど、男前だったとは!

な、なんと、龍の回想によると、松子と若き頃に一緒に住んでいた!? 松子を探していた龍がやっと一緒になったのに、DV男に!?

島津から手紙を受け、“待っている”と解釈し、喜ぶ松子。和子たちは別れを意味すると言うが…。

現代で、龍が沢村めぐみのもとを訪れようとすると刑事たちがサイレンを鳴らしやってきた。話を聞くだけだと言うなら、わざわざ鳴らす演出は無駄か。で、龍はなぜ訪れたのだろう。めぐみに話を聞くためか? 松子を殺したのは誰だろう?とこれを解明するのが最終目的?

NGシーン、いいよ、いいよ! ついに音声マイクやスタッフまで映りだした。楽しけりゃいい。

次週もゲスト出演者がいいね。『温泉へ〜』の海堂さんが!
松子は出所して島津に会いに行くようだ。
回想出演の北村さんや哲太さんはクレジットなし。
サントラプレゼント告知。


キャスト
川尻松子(内山理名)

龍洋一(要潤)
沢村めぐみ(小池栄子)
川尻明日香(鈴木えみ)
渡辺笙(小柳友)
汐見彬(羽賀研二)
後藤浩平(浜田学)
島崎聡(蕨野睦弘)
遠藤和子(山田スミ子)結婚詐欺
牧野みどり(ふせえり)シャブ中
真行寺るり子(有坂来瞳)DV被害を受け、息子と心中を図るが死にきれなかった
大谷春樹(吉永雄紀)龍の舎弟。skycorporation.co.jp、リア・ディゾン(Leah Dizon)も!
裁判長(伏見哲夫)
(氏家恵)看守役、氏家恵のおしゃべり式日記帳: 栃木ロケ!
(永嶋美佐子)看守2役、http://www.neoagency.co.jp/info/tv.html
(野口かおる)
(住吉玲奈)
(戲武尊)めぐみの義父役
(横山華)めぐみの幼少時代の母親役、時々横山華:『嫌われ松子の一生』第6話オンエアです☆
(樋口靖)(龍関係の覚せい剤の)取締官役
(今泉あまね)取調室看守役
(麻生潤也)
(山口李菜)子役。めぐみ中学生か

瀬川陽子(片桐はいり)刑務所保安課長

脚本 成瀬活雄
演出 堀英樹
第六話「女子刑務所雑居房」

トラックバック先
嫌われ松子の一生 第6話 リセット - レベル999のマニアな講義
嫌われ松子の一生第六話|LOVELY TELLY*TVな毎日


posted by エデン at 01:08 . | Comment(5) | TrackBack(0) | 嫌われ松子の一生
この記事へのコメント
エデンさん、またまた凄く早くてビックルです。
私は、やっと「だめんず..」の役者リストが上がったので、これから「松子」に
取り掛かりますので、不明なところは少々お待ちを...(明日になるかも..)

>内山理名ちゃん、今回初めて気づいた、結構男前?
確かに! でもあの時代に茶髪はどうもリアリティが...

ふせえりさん、私も好きな役者さんです。
役者リスト作った後は、早速二度見しなきゃ。
では...
Posted by シャブリ at 2006年11月17日 02:30
エデンさん、2度見終了です。お節介にも早速補足します。たぶんこんな感じ?
吉永雄紀 :大谷春樹 #6,7,8出演:龍洋一の舎弟分。(SKY CORPORATION)
伏見哲夫 :裁判長 #5,6出演
氏家恵  :松子担当看守・(U-2)
永嶋美佐子:松子担当看守(Neo Agency・スタントマン)
野口かおる:受刑者(クリオネ)・「国立大まで出て人を殺しちゃいけないよね」
住吉玲奈 :受刑者(SET) ・「学校の先生ともあろうお方が...」
戲武尊  :めぐみの義父(Neo Agency)
横山華  :めぐみの母親(U-2)
樋口靖  :麻薬の取締官(Neo Agency)
今泉あまね:入所検査官・看守(Neo Agency)・(「家族」亮平2番目会社の後の席)
麻生潤也 :るり子の夫(プロダクションタンク)
山口李菜 :中学時代めぐみ? '06「天てれドラマ・ど根性タケノコ」本間先輩役
Neo AgencyとU-2に囲まれた第6話でした。"るり子の息子"のクレジットは無でしたね。

「私は何も悪いことはしていない」・松子の本質を再確認できる回でした。
>エンドロール
私もこれから楽しみです。
では....
Posted by シャブリ at 2006年11月17日 06:05
>保安課長は嫉妬
私も実はそう思った。でもあまりにそれは怖かったので書かず(笑)。

看守に氏家さんがいたの、本編では気づかなくて、NGの時に気づきました。なんでだろ。

今回の内山さん、とくにかわいく撮れてましたよね。楽しく仕事できてる感じでイイ!確かに男前でもあり。

そうそう、普通にTB飛ばしてくださるだけでOKですよ(^^)いつもありがとさんです。
Posted by lovelytelly at 2006年11月18日 04:22
エデンさんへ
このドラマ先週何故かテレビがついてて見てしまい
なかなかおもしろいかもって今週も見ちゃいました
エデンさんの記事で1-4話のあらすじをチェックさせてもらいます

エデンさんは映画の方は見ましたか?
私はドラマじゃなくてDVDをレンタルして見ようと思っていて
最初からこのドラマは見る予定にしていなかったのですが
最初から見ておけばよかったと後悔しています

内山理名さんとてもかわいいしかっこいいですね
シャブリさんの言うとおりあの時代に茶色の髪は不自然な気もしますけど
Posted by えみち at 2006年11月18日 14:40
保安課長の嫉妬、lovelytellyさんも書かないような毒舌を書いてしまったか!(笑)
トラックバックは色々試行錯誤中。色々悩んでます。

えみちさん、うちはたいしたことを書いていないからトラックバック先も参考にしてくださいね。
映画は好評のようですね。機会があればぜひ。
茶髪は確かにねぇ、役者として黒に染めるぐらいはしてほしかった。
Posted by エデン at 2006年11月19日 15:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。