トップ > 14才の母 > 14才の母 第六話
2006年11月15日

14才の母 第六話

ようやく話が動いた感じ?

でも遅すぎたかな、オイラ、テンション下がりまくってますよ。
話は少し締まってきたけど、今度は逆に音楽がうるさい(笑)。
いや、いい音楽だけど、鳴りすぎです。音楽のない時間がかなり少ないね。

良い本、良い役者、良い音楽が化学反応せず、整合感なくバラバラな感じです。

ニュース字幕がせわしい一時間でした。
津波警報&注意報の地域表示(北海道全体から太平洋側中部地方)が右下に、そして詳細を上部に。さらに和歌山県談合事件で大阪地検は木村知事を逮捕のニュース速報。

真由那が恵に言う
「本当はさびしいでしょ?
 一ノ瀬のこと親友だと思ってたのに、彼氏と赤ちゃんに奪われて」

おー、分かる分かる。中学生にしてこんなことを言えるなんてすごいね。

不気味な音と共に、未希の前に現れる桐野静香。すっかり悪者ですね。ああいう考え方も悪くはないはずだけど。

姉弟で話すシーン。
「で? どうしたんだよ、無視されて…」
「うん、『無視するなー』って言った」
「つまんね。オチないじゃん!」
お笑いキャラか!(笑)

いじめられているにもかかわらず、未希に「産めよ!」と励ます弟くん、
「俺、テカにすっから」。
テカとは? おそらく手下の意味か。

三田マコトのギターの弾き語りに弟くんが「うるっせーよ!」。
ツッコミ速い!(笑)
(追記:http://ja.wikipedia.org/wiki/マザー_(ジョン・レノン)
に曲の解釈が少し書かれている。14才の母第六話|LOVELY TELLY*TVな毎日より)

自分のことで家族に迷惑をかけそうなことを知った未希はマコトのところで暮らそうとするが、母の優しい説得で家族の絆を固めることに。

いじめにめげず学校へ行こうとし、あいつの分も頑張ると言うキリちゃん、それを聞いた静香は涙。真由那の言葉に返りますね。

波多野編集長、いいねぇ。でも彼の目的が分からなくなってきた。

香子先生、そして校長は未希の味方です。
「風にさらされる用意はありますよ」。

最後、母子手帳を取りに行くシーン、あの声の大きさで奥の人たちが反応することに違和感。聞こえないでしょう?

ドラマ:なぜ今「14才の母」か−−脚本家・井上由美子さんに聞く

http://www.barks.jp/watch/?id=1000016480
「しるし」ミュージック・ビデオ

昨日、CMで志田未来ちゃんを発見、横には少年がいる。映画『椿山課長の七日間』のCMだ。まさか姉弟で再び共演!? 調べてみると、その少年は須賀健太くんだった。このドラマの弟・小清水くんじゃなかった。
須賀くんは、ドラマ『スタートライン〜涙のスプリンター〜』(出演:山田孝之、鈴木杏、ほか)で義足の少年を演じていましたね。

キャスト
一ノ瀬未希(14)(志田未来)
一ノ瀬加奈子(43)(田中美佐子)
一ノ瀬忠彦(45)(生瀬勝久)

遠藤香子(25)(山口紗弥加)
三井マコト(34)(河本準一・次長課長)
桐野智志(15)(三浦春馬)
柳沢真由那(15)(谷村美月)
久保田恵(14)(北乃きい)
原口和明(28)(井坂俊哉)
三井ひな子(27)(金子さやか)
山崎光陽(29)(海東健)
松本リカ(40)(大沢逸美)
猪原光江(50)(長谷川稀世)
長崎さやか(14)(小池里奈)
一ノ瀬健太(11)(小清水一揮)
(伽代子)樺島陽子、週刊トップ
(皆川明子)看護師か
(橋沢進一)母のパート先の上司
(西原信裕)キリちゃんのクラスメートか
ジミ()犬

的場春子(52)(高畑淳子)

(森下能幸)役所受付
(高井純子)
(たなべ勝也)
(井上浩)
(桜木裕子)
(波瑠)
(照井健仁)以下二人、おそらくキリちゃんのクラスメート
(山野辺英司)
(枚田菜々子)以下三人、おそらくクラスメート
(屋端名結)矢端名結?
(雨野美咲)

中谷栄三(58)(小野寺昭)

波多野卓(38)(北村一輝)

桐野静香(48)(室井滋)

脚本 井上由美子
演出 佐久間紀佳
第六話「私にも母子手帳くれますか」

B000J10DHA
「14才の母」o.s.t

TVサントラ
バップ 2006-11-29

B000JGWB3E
しるし

Mr.Children 桜井和寿 小林武史
トイズファクトリー 2006-11-15

トラックバック先
14才の母 第6話 ドラマが始まったが、不安が - レベル999のマニアな講義
ハマリもん: 14才の母 第6話 評価“・・で?・・ 星2.5”
14才の母 第六話 - どらま・のーと
テレビお気楽日記:14才の母 第6話 「私にも母子手帳くれますか」
「ボブ吉」デビューへの道。 Mr.Childrenの似顔絵。「14才の母」第6話「Dr.コトー診療所 2006」第6話




posted by エデン at 23:56 . | Comment(11) | TrackBack(1) | 14才の母
この記事へのコメント
エデンさん、早いUPですね。
テレビブログの"番ログ"はまだクレジットが入っていないのに...
凄すぎです。

こちらはやっとゲストの顔(写真)がそろったので、PrintOutしたリストを片手にこれからVTR Checkです。
いまだに皆川明子さんと山野辺英司さんの画像を入手できず..この二人に関しては、暗中模索です。
(津波速報でクレジットが見辛かったぁ)

では、後ほど...
Posted by シャブリ at 2006年11月16日 01:22
エデンさん、こんばんは!いつもありがとうございます!
今回は、見るの早かったんですねえ!

>良い本、良い役者、良い音楽が化学反応せず、整合感なくバラバラな感じです。
う〜〜〜む、なかなかナイスな表現ですねえ。でも本、
良いですかね?(苦笑)あとの二つはいいと思うけど。
やっぱりちょっと評価が違う気がする(笑)

>ああいう考え方も悪くはないはずだけど。
悪くないどころか、すごくまっとうだと思う。自分自身も
経験してきたことだからこそ言えることでもあるんだろうし。
あながち、自分ちのことだけを考えて言ったわけでもなく、
それなりに未希のことも思って の言葉に聞こえたしねえ。

このドラマって、結局のことろ、1人の人間が意地を張り
通すと、周りはそれに付き合うしかない ってことを
言いたいのかとか思ってしまうような展開になってきた。

なんだかな〜〜〜〜。

では、またよろしくお願いします〜!
Posted by まりりん at 2006年11月16日 01:30
シャブリさん、こんばんは。
"番ログ"…、検索しました。ああ、存在だけは知ってました。なんかすごいところですね。
クレジットロールで、津波注意報で右半分を奪われてつらかったですね(笑)

まりりんさん、こんばんは。
オンタイムで一度、録画してさらにもう一度見たけど、あんまり良いところがなく、いくつかのセリフを振り返る程度で、これなら記事アップも早いっす。
まあ、本に関しては多少ヨイショしてますよ。
>それなりに未希のことも思って
そうそう、息子が一番ではあるけど、未希にとって悪いわけでもないからね。
ではまたー。
Posted by エデン at 2006年11月16日 02:43
シャブリです。2度見しました。(時効警察のふせえりではありません..)
ある評論家は映画とか見るときに、主人公の対極にある役(ここで例えるなら桐野静香と
か波多野卓とか)の気持ちになって観ることで、視点を変えて楽しんでいるそうです。
このドラマ、問題提起だけして、きれい事ですましてしまいそうなので、私も別の視点で
見ていこうかと思い始めました。それにこのドラマ、少し芯のない感じがするので...

さて、今回も難敵でした。
皆川明子 :看護師・写真で確認できないが高畑さんと同じ2話からなので・台詞有だし
橋沢進一 :加奈子のパート先上司(店長?)
西原信裕 :桐野智志のクラスメート・前の席・台詞「やるなぁおまえ..」・(女王の教室出演)
森下能幸 :役所の市民課窓口
高井純子 :これがわからない・5話から登場・職員室で台詞だけ聞こえる先生役?
たなべ勝也:これもわからない・5話から登場・高井純子と同様に先生役?
井上浩   :これもわからない・5話から登場・高井純子と同様に先生役?
波瑠     :あとに書きます。
照井健仁 :桐野智志のクラスメート・前々の席・台詞「やっぱ金持ちはちがうなぁ」
山野辺英司:たぶん桐野智志のクラスメート・後の席・台詞「うらやましい」
枚田菜々子(実14才):たぶん未希のクラスメート・週刊誌を囲んで集まっている?
矢端名結(実13才) :たぶん未希のクラスメート
雨野美咲(実14才) :たぶん未希のクラスメート

問題は、ファミレスのパート仲間。大沢逸美さんはクレジットにありますが、1・2話登場の
出口結美子さんの名がありません。台詞もあったのに。もしかすると高井純子さんが...

波瑠。まだ謎です。ホリエージェンシー所属の人物とすると15歳でクラスメイトには
ちょうどいい。あとでもう一度クラスを眺めてみようと思います。第一話から出ずっぱり
なので、もしかすると”ジミ(犬)”?でもそれじゃあ波瑠につづく役者さん(照井君とか)は
犬以下になってしまう。はははっ。

長くなってしまいました。ご容赦! では...失礼いたします。
Posted by シャブリ at 2006年11月16日 04:31
シャブリです。
波瑠を見つけました。結論からいうと、未希のクラスメイトと思われます。
第6話では、真由那が恵に「本当はさびしいでしょ?....」と言われている恵の向かって
右後ろの、少し離れた大きい目、少し大きい鼻、少し厚い唇の子が波瑠ではないかと... 
ホリエージェンシー (最新情報)
ttp://www.horiagency.co.jp/cgi/docs11/new_top.cgi
を遡っていくと、新人として波瑠の紹介があります。その画像が決め手でした。
売り出し中なのでしょうかねぇ。台詞もないのに...ホリエージェンシーの力でクレジット?
少なくとも”ジミ(犬)”ではなかったようです。はははっ

先生も特定できたつもりです。
高井純子  :職員室で教頭の後ろで立っている・しゃべっている絵無しで台詞だけ
たなべ勝也 :職員室で教頭の後ろで立っている高井純子の隣・同様に台詞だけ
井上浩   :職員室で教頭の前に座っている・絵では横顔・同様に台詞だけ
(桜井裕子) :5話だけクレジット有・たなべ勝也の隣に立っている先生がそうでは
        ないかと思われます。今回は台詞無しでクレジットから外れる?

というわけで、ファミレスのパート仲間は。高井純子さんではありませんでした。
出口結美子さんの立場は...

エデンさん、まだVTR残っていますか?残っていましたら是非ご確認を。
では...失礼いたします。
Posted by シャブリ at 2006年11月16日 19:01
エデンさん、こんばんは。

すごい情報量ですね!
シャブリさんも書かれていますが、西原信裕さんは『女王の教室』に
出演していました。
”泥棒顔”と呼ばれた子です。
志田さんとは再共演ということになりますね!
Posted by ちーず at 2006年11月16日 20:13
シャブリさん、すごいですね!
波瑠=ジミもありかなと思ったら、生徒でしたか。あとでチェックしてみようと思います。どうもありがとう。出口さんの件は…(謎)。
>それにこのドラマ、少し芯のない感じがする
うん、一体誰が主人公やら。

ちーずさん、こんばんは。
オイラは簡単な情報しか書いていないけど、シャブリさんがすごいです!
『女王〜』は未見ですが、機会があればぜひ。
Posted by エデン at 2006年11月16日 22:03
エデンさんへ
このドラマは最初から見ていますが
私が10代だったら未希を応援したかもしれないと思うけど
私もいい年齢だし未希に共感できないまま見続けています

未成年で子供を1人で産みたいと言っても
親の援助がなければ生活できないし
生まれてきた子だって父親がいないことに少なからず
寂しさや疑問をいだくことになると思う
キリちゃんには「あなたの好きなものになって」と言っているけど
未希の自己満足の世界になっている気がしてしまう
桐野静香は扱いが悪者になっているけど言っていることは
正論だと思っちゃいます
Posted by えみち at 2006年11月18日 14:53
えみちさん、どうも。
共感かぁ、男だし、世代が違うし、未希には出来ないなぁ。
編集長に共感していたものの、彼のやることが怪しくなってきた。
自己満足、母親がまた応援するし(笑)。
みんなやっぱりキリちゃんママのことを冷静にみてますね。さて、今後どうなるやら。
Posted by エデン at 2006年11月19日 15:39
14歳の母の5話6話に出演させていただきました。
役は教師でした。井上浩さんと高井純子さんも同僚教師役でした。
Posted by たなべ勝也 at 2007年12月25日 13:59
たなべ勝也さん、貴重な情報をどうもありがとうございます。
ケイエムシネマ企画
http://www.kmcinema.plan.ne.jp/
同じ所属事務所の高嶋さん、かわいいですね☆よろしくお伝えください。
さらなるご活躍を応援しております。
Posted by エデン at 2007年12月25日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

LOVELY TELLY*TVな毎日 : 14才の母第六話
「私にも母子手帳くれますか」 雑誌に載って騒ぎになる話やイジメがメインかと思いきや、そうでもなかった。それはやっぱり波多野が味方になるからじゃないのかとしつこく書き続けるワテクシ(笑)。今回「..
2006-11-16 11:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。