トップ > インターネット > うさうさ(右脳・左脳)性格診断
2006年11月12日

うさうさ(右脳・左脳)性格診断

タグ:うさうさ

指を組んだ時、左右どちらの親指が上になるか。
腕を組んだ時、左右どちらの腕が上になるか。

かなり前…、10年以上前かな、テレビか何かで知った性格診断。
物事を見聞きした時の思考法(インプット)と、それを表現する時の思考法(アウトプット)それぞれが論理的か自由発想的かどうか
野球で言うとノムさん的か長嶋さん的かどうか。

受ける時に右脳を使い、出すときに左脳を使う。
受右出右、受左出左、受左出右と四種類に分かれる。

右脳と左脳の使い方だ。右脳が直観力、左脳が分析力。
体の動きを支配するのは利き腕と反対の脳。右利きなら左脳、左利きなら右脳。
左利きの人に独創性豊かな人が多いのは直感で動くからだ。納得できる医学的見解。

この性格判断をまとめた『うさうさ』が話題のようだ。
どちらが“上”じゃなく、“下”で診断。さらに男女別で説明を。

うさ男「義理と人情の頼れる兄貴」でした。

インプットを右脳、アウトプットを左脳で行う「うさ」は、物事をイメージでパッととらえた直感をベースに自分なりの解釈を加え、筋道立てて行動します
一見クールでぶっきらぼうに見えますが、情にもろく、一旦ココロを許してしまえばとことん面倒見がいいのがこのタイプ。スレたフリをしながらも、純粋な心の持ち主です。その一方、一瞬の印象で好き嫌いを判断するので、人間としてのマナーに欠け無礼なふるまいをする相手にはとことん嫌悪感を示してやりこめたり、一度嫌ってしまったら絶縁という厳しさも持っています。また、いったん受け取った印象にとらわれることも多いので、意固地に思われてしまうことも。好奇心が旺盛であれこれ夢見るロマンチストなので、いろんなことにチャレンジするのが好きですが、左脳で抑制機能が働くので無茶はせず「石橋を叩いて渡る」堅実さも持ち合わせています。大きな失敗はしませんが、時々弾け切れない自分自身に物足りなさやジレンマを感じたりします。飲み会などでは場の空気をつかむのが早く、盛り上げたり、会話もスムーズにこなすので、かなり好感度は高いはず。

知っている性格診断だけに、予想通りの結果です。
友人や家族、自分の子供などに試してみると楽しいでしょうね。

「話題の「うさうさ」、タイプ別リアクションを調査 | エキサイトニュース」のクチコミ(口コミ) | 話題の.jp

うさうさうさうさ【右脳左脳占い】 二枚貝




posted by エデン at 16:05 . | Comment(2) | TrackBack(0) | インターネット
この記事へのコメント
アメブロでもお題にあがってたので、書こうと思いつつこれまた書けず(涙)。私は左利きのせいもあり、「うう」なのです。「うう女」って超ヤバげ。気に入らん(爆)。ってしょうがないんだけど。

「うさ」もいい人じゃないですか。いいなぁー羨ましい!
Posted by lovelytelly at 2006年11月13日 03:18
検索すると、6月とか8月とかにブームがあったようですね(汗)。まあ、バラエティ系はあまり観ないので…。
左利きのlovelytellyさん、“うう”ですか!予想通りですね!(笑)
「うう女」は何だろう?と見てみれば…、「無鉄砲なチャレンジャー」(笑)!!
ま、だからこそ個性的なブログ記事なのかなとも思えますよ。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by エデン at 2006年11月13日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。