トップ > 嫌われ松子の一生 > 嫌われ松子の一生 第五話
2006年11月09日

嫌われ松子の一生 第五話

島津との出会い。警察の捜査は進む、の回。

バレーボールで15分遅れ。録画放送はちゃんと時間調整しなさいよ。

指名手配から逃げるように、玉川上水(太宰治の自殺場所。東京都三鷹市か)へ行き死のうとしたものの、流れの弱い浅い川で驚く。松子の自殺を察知して話し掛けてきた島津と出会い、共に暮らすようになる。

そんな中、北海道へ行った赤木(漁師)に連絡をとり、綾乃の墓を教えてもらい、長野・諏訪へ墓参りする。そこへ赤木が現れ、話をする。
背後が海(どこかの湾)のように見え、長野だろう?海の無い県だろう?と思って調べたら諏訪湖か。大きい湖だ。

赤木から共に逃げようと言われるが、それを断り再び島津のもとへ。しかし警察の捜査が進んでおり、松子の存在がばれていて逮捕される。

現代
捜査中に沢村めぐみの名前があがる。年齢は、汐見刑事(48)、沢村めぐみ(52)ということで、汐見は「若いころお世話になったなぁ」と思っているに違いない!?

だんだん衝撃度合いが小さく…。あっさり島津と夜を共にするのは、校長との出来事を忘れるため? 赤木との会話もあまり気にならず聞き逃してる。詳しくストーリーを把握しようとも思えなくなってきた。退屈です。次週は刑務所生活。

内山理名25歳のバースデー、バラの花束とケーキ贈られ笑顔
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200611/gt2006110910.html
内山理名「バラとケーキ」で誕生祝い
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/11/09/05.html

加藤美佳のオフィシャルブログ : 嫌われ…
http://yoshikatv.exblog.jp/5994360/


キャスト
川尻松子(内山理名)

龍洋一(要潤)
沢村めぐみ(小池栄子)
川尻明日香(鈴木えみ)
渡辺笙(小柳友)
汐見彬(羽賀研二)
後藤浩平(浜田学)
吉冨一義(崎山凛)
レイコ(瀬戸早妃)
巡査(佐藤二朗)
海老沢刑事(武野功雄)
裁判長(伏見哲夫)
(春延朋也)
(浜田道彦)
(針原滋)
(芦田昌太郎)

島津賢治(杉本哲太)お箸が左利き

赤木研一郎(北村一輝)

脚本 成瀬活雄
演出 酒井聖博
第五話「愛を乞う逃亡者」

嫌われ松子の一生 第5話 ターニングポイント - レベル999のマニアな講義


posted by エデン at 23:43 . | Comment(3) | TrackBack(1) | 嫌われ松子の一生
この記事へのコメント
こんにちはー。杉本さん左利きですよね。自分もそうだから左利き見るとつい手元見てしまう(笑)。
Posted by lovelytelly at 2006年11月10日 14:34
杉本さんの左利きは、検索すると結構有名のようですね。自分は右利きですが、左利きシーンはやっぱり目が行きます。キャストで左利きを見かけると書き残すようにしていますよ。
Posted by エデン at 2006年11月11日 01:13
お節介焼き、シャブリです。
(春延朋也)赤ちょうちん屋台のおやじ
(浜田道彦)北海道漁港で赤木に「飯食いに行こう」と声を掛ける男
(針原滋) 松子殺しの警察捜査会議で最初に発言する刑事
(芦田昌太郎)捜査会議に沢村めぐみの情報を持って入ってくる刑事・芦田伸介の孫
こんなところです。では...
Posted by シャブリ at 2006年11月14日 06:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

LOVELY TELLY*TVな毎日 : 嫌われ松子の一生第五話
第五章「愛を乞う逃亡者」 「私もすぐそっちに行くけど、アンタのトコじゃないからね」と小野寺の死体に向かって言い放つ冒頭からかなり引き込まれて見た。返り血をキレイに洗い流し、悠然と化粧をする姿なん..
2006-11-10 14:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。