トップ > セーラー服と機関銃 > セーラー服と機関銃 第四話
2006年11月04日

セーラー服と機関銃 第四話

システムエンジニア・武の回。義理人情の回だ。良作。
バレーボールで10分遅れ。バレーは録画だ。時間調整してしっかり時間内に放送しろよ!

橋で目高組の皆に囲まれ、クラスメートに組長であることがバレそうになり走って逃げる泉。
おお〜! 揺れてる、揺れてる! ユッサユッサ!ユッサユッサ
かなりデカいらしいからな。

「めだか、一匹シメてこい」
分かりやすいな。

雑誌『un』を読んで転職を考えてるぞ、武。
ヘロインを追う浜口組に襲われ、弱音を吐く武。

黒木刑事は一体何者!?
(浜口組を訪れたところを佐久間が見た。○暴。対策六課所属。
 泉の父の取引がもめて5kgのヘロインがどこかに消え、
 皆ガセネタだと言うが…?)

泉はクラスメートに追求され、ついに目高組がヤクザであることを打ち明けちゃったよ!
『14才の母』では裏目に出たし、このドラマでも…。
友人は黙っておくことが出来ないのかな…?

ヤクザから足を洗いたい武に英樹が言う
「足洗いてぇならな、風呂行ってこい風呂!」

武のセリフ
「俺だってみんなと一緒にいてぇよ。
 けど迷惑かけたくねぇんだよ。
 俺はヒデなんかと違って、人を殴るのも殴られるのも苦手なんだよ。
 もし俺がヘロインのありかを知ってたら、あんな時迷わずしゃべってんだよ。
 みんなを売ってたかもしれないんだよ、それが自分でも怖ぇんだよ。
 襲われて、そのことが分かっちゃったんだよ。
 こっちの世界でやっていく勇気がない。
 もう組長も、組も、守る勇気がない。
 だから…、だから表の世界に戻ろうと思ったんです。
 それが組のためだと思って…。
 これが今の俺の本当の気持ちです。
 組、抜けさせてください」

本当の気持ちは心に響くね!

佐久間は武に言う。
「俺は表の世界に行く勇気がないんだ。うらやましいよ、武が」
そして就職試験を応援する。

その後、佐久間が泉に言う。
「みんなも、武がうらやましいんです」
「意気地なしは武のほうじゃなくて、私たちのほうなんです」
奥が深いね。表の世界も結構つらいけどね。

浜口
「あの女子高生には手を出すな、そう言われている」
一体誰!? 議員(緒形拳)か!? 黒木刑事か!?

真由美
「今夜からここで住むことにした」
男子校生なら喜ぶところか!? ジャニ亀のモノらしいが。

真由美
「お父さんが運び屋? バカみたい。あなたも頭が悪いよ」
泉も色々あって信じられない。

金さんが佐久間に言う「太っちょ」とは一体何?

「明日の午前10時に4丁目のコンクリート工場にヘロイン持ってきてください」
浜口に電話で言われ、武に伝えたものの面接の応援をする。
佐久間に伝える機会があったものの、武の面接と重なりそれを伝える。

動向を仕入れている黒木刑事は一体…!?

慌てて飛び出る真由美。ぶつかった佐久間が手紙(目高組の組長になったこと)を拾って真由美が言う。
「あなた佐久間さん?」
ちょ…、描く時間を省いたか?(笑)

武に佐久間からケータイに連絡あり。
面接と重なり…「すいません、今から面接なので」。
工場の件を伝えることは出来ただろうに。
「すいませんが俺の代わりに行ってやってください」と。

いざ面接だが、生きがいを問われ
「大切な人を守ること、ここで逃げたら一生後悔する」
と言って、もらったはっぴを着て…。

クレーンで吊り上げられる組長・泉。
そこへ武が現れ、自分のバッグの中にヘロインがあると言う。
中には確かに何か粉が。警察を呼んだと言って、泉を逃がす武。
すぐに粉がバレて…。

武、刺される。浜口組は退散。

武の死。お涙頂戴モノ悲しい
「どうせ俺は意気地なしだからさ」
ヒデ「意気地なしなんかじゃねぇ。意地とおしたじゃねえか!」

約束の指きりの小指を上げて言う。
「すいませんでした。約束破って」

真由美
「もしもし、お父さん。ヘロインのことで話があるんですけど」
これは議員で間違いない!

キャスト
星泉(長澤まさみ)

真由美(小泉今日子)

酒井健次(中尾明慶)目高組ナンバー5
西野武(田口浩正)目高組ナンバー3
酒井金造(山本龍二)目高組ナンバー2、仏の金さん
剛田英樹(福井博章)目高組ナンバー4

稲葉通男(井澤健)なまり言葉刑事
森蘭丸(森廉)
1階住人(杉浦双亮)(360°モンキーズ)

金田麗華(森本ゆうこ)
常盤和子(井端珠里)
小林朱美(谷亜里咲)

(森永健司)以下四人、おそらく浜口組組員
(木幡竜)
(森田雄人)
(田中智広)

(矢柴俊博)面接官、jfct
(田村元治)スーツ屋店主
(天田暦)jfct
(大石里紗)武の入院した病院の看護師か

黒木幸平(小市慢太郎)刑事
柴田光明(中野英雄)浜口組若頭
浜口昇(本田博太郎)浜口組組長

佐久間真(堤真一)目高組若頭

脚本 いずみ吉紘
演出 加藤新
第四話「愛した組員の死」

トラックバック先
セーラー服と機関銃第四話|LOVELY TELLY*TVな毎日
セーラー服と機関銃 第4話 - どらま・のーと
セーラー服と機関銃 第4話 親と子の関係 - レベル999のマニアな講義
テレビお気楽日記:セーラー服と機関銃 第4話 「愛した組員の死」




posted by エデン at 00:16 . | Comment(0) | TrackBack(0) | セーラー服と機関銃
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。