トップ > 野球 > 阪vsヤ15回戦
2006年08月19日

阪vsヤ15回戦

2006年8月18日(金) 対ヤクルト 15回戦 神宮
阪 5 3 1 0 0 1 0 0 1 |11
ヤ 2 0 2 0 0 1 6 0 1x |12

なんと神宮での試合は開幕戦以来らしい。
7/8&9に秋田でヤクルト主催があって、神宮は久しぶり。
(ABCラジオ情報を含む)
先発の谷間と言われるヤクルトは坂元弥太郎をマウンドに。

2-3年前にヤクルト首脳陣の伝達ミスで監督の意図する先発投手と投手コーチの意図する先発投手が違って、弥太郎がスクランブル登板して、阪神は抑えられてしまったことがあったなぁ。2002/09/12の出来事か。

いざ試合は…、弥太郎を1回0/3でKOしたものの、オクスプリングは不安定で5回で降板、7回の江草、橋本が乱調で大逆転を許してしまう。なんとか同点に追いついたものの、9回裏ウィリアムスも不調で押し出し負け。
投手陣にツキがなかったな。奪三振3、与死四球10って…。

点を取れないといわれるノーアウト満塁。6回表にその状況があり、やっぱり濱中の犠牲フライのみ。
7回裏打者11人の猛攻で大逆転される。投げれば打たれるという恐ろしい状況だった。

しかしまあ負けるかよ…。

日程
http://www.npb.or.jp/schedule/
テーブルスコア
http://www.hanshintigers.jp/game/score/table/table0818.html
追記
翌朝のサンスポ記事
http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200608/tig2006081901.html




posted by エデン at 00:22 . | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。