トップ > スイッチを押すとき > スイッチを押すとき 第四話
2006年08月11日

スイッチを押すとき 第四話

大脱走の回。

『これは2030年 未来の物語である』

池田は死体袋に入れられた。
猿渡が南に言う。
「あいつらがここから出られる方法は一つだ。
 あの袋に入って運ばれるしかない」

悲嘆に暮れる被験者たち。そして南もまた。

彼らのことを心配する南は、夜大型車で乗りつけ、
施設から逃がすことを企て、監視員たちを倒し、
皆を連れてスイッチを忘れず持ち出し、また車に乗り込んだが、
車のキーが無い。猿渡がそれを持って立ちはだかり南は返り討ちにされる。
「正義の味方のつもりだったのか」
「そんなんじゃない!
 あの子達にはしたいことをする権利がある。生きていく権利があるんだ」
新庄の手助けで猿渡をも倒し逃亡。

車で抜け出すシーンでCYPとは"Civilize Youngsters Project"と判明。

堺が南のケータイへ、戻ってくるよう言うが南は当然否定。
・心臓に取り付けられた装置を取り外すのは不可能

堺の部下・平山役、前田耕陽さん登場。
堺のひとり言「南、復讐のつもりか?」

計画も立てず衝動的な行動を取った南。
「もし捕まれば間違いなく施設に戻される。
 しかも今度は全員ばらばらの施設に収容されるだろう」

来週は逃亡生活か。皆が私服だ。
8月7日かな、成宮くんが『徹子の部屋』に出演、ちょび髭だった。
若葉くんマネージャーブログによると、
朝日のシーンは4月でまだ寒い頃の撮影だったようだ。
http://diary.jp.aol.com/dhfpwt/298.html
耕陽さんブログでちょっとネタバレ!?
http://mycasty.jp/kouyou/html/2006-05/05-09-363873.html

南洋平(25)(成宮寛貴)監視員
高宮真沙美(木南晴夏)被験者、明るい娘
新庄亮太(川本貴則)被験者、荒い性格
小暮君明(若葉竜也)被験者、車椅子、『マイ★ボス マイ★ヒーロー』出演中
池田了(原田琢磨)被験者

猿渡勝(木村栄)監視員、年配
(前田耕陽)平山、 (三浦誠己)坂本正樹、監視員、若い、関西弁

(小森敬仁)施設内の警備員か
(原元太仁)同上

堺信秀(近藤芳正)本部長

原作 山田悠介
脚本 杉山嘉一
主題歌「車窓」オトナモード 収録アルバム 小さな旅
監督 白川士
第四話「反逆」

4286000001

ドラマ公式ブログ http://blog.livedoor.jp/switch_official/

『スイッチを押すとき』 オフィシャルブログ:◎ 今週のストーリー★第4話 「反逆」(8/11〜)へトラックバック

スイッチを押すとき 第一話 スイッチを押すとき 第二話 スイッチを押すとき 第三話
スイッチを押すとき 第四話 スイッチを押すとき 第五話 スイッチを押すとき 第六話
スイッチを押すとき 第七話 スイッチを押すとき 第八話 スイッチを押すとき 第九話
スイッチを押すとき 最終話




posted by エデン at 02:47 . | Comment(0) | TrackBack(0) | スイッチを押すとき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。