トップ > 野球 > WBC 日本優勝!
2006年03月22日

WBC 日本優勝!

WBC 決勝戦 日本 10 - 6 キューバ
試合経過など詳細

Victory.jpg

なんかイチローのはしゃぎっぷりが予想外。
アテネ五輪の時はシーズン中ってことでMLBが許可しなかったと記憶しているが、出られるなら出たかったんだろうか?(そのときの代表メンバーリストはこちら

今回の優勝後のコメント
このチームでメジャーで戦いたいくらい。それくらい素晴らしいチームだった
これはホントに嬉しいコメントだ! もし実際にメジャーで戦っても結構いい成績を残しそう。

球審のジャッジにスタンドがブーイングすることが何度かあった。
キューバに不利なジャッジだったけど、確かに「あれ?」と思えるものだった。
例えば初回の小笠原のフルカウントからの四球はストライクと言ってもいいコースだった。松坂の高めに外れた球もストライクと判定されてたなぁ。

でもその球審は大事なところで非常に良い仕事をした!
九回表イチローのライト前ヒットで川崎がホームインしたシーンだ。
ぱっと見はアウトに見えたけど、川崎の右手がホームベースに触れていた!
いやぁ、よく見てるわ!
すごく変な姿勢のスライディングで、なんで右手なんだ?って感じ。

(追記:ソフトバンク川崎が右ひじ故障、開幕戦欠場)

八回裏左腕藤田が右打者にホームランを打たれて一点差に迫られた時は焦ったね。
でも守護神大塚が登場、見事に後続を断ち切った。
準決勝・決勝が行なわれたペトコ・パーク(PETCO Park)はサンディエゴ・パドレスの本拠地で、大塚は昨年までパドレスに所属、試合前にパドレスの抑え投手ホフマンに連絡し、彼のテーマソング使用を打診し、許可を得たそうだ。
「サンディエゴといえば彼の曲。どうしてもあの曲で締めたかった」
くぅ〜! しびれる想いだ!
ちなみにその曲とは、AC/DCの"Hell's Bell"(地獄の鐘の音)だそうだ。
9回裏2アウト、2ストライクから三振を狙う球は何かと思えば直球で、あいにく外に外れた。その次の最後の球は得意の縦のスライダーかな? 見事三振奪取!

MVPに松坂
ベストナインにイチロー、松坂、里崎が選ばれた。
ちょっと少ない気もするけど他に特にいい活躍をした選手はいなかったからねぇ。
チームとしての総合力が高かった、その結果の優勝だろう。
韓国からも朴賛浩投手と、日本でもおなじみの李スンヨプと李鍾範が選ばれた。
スンヨプは打ちまくったし、ジョンボムもいい守備と打撃をしてたからねぇ。

NTVの船越雅史"絶叫"アナは不必要。
テレビなんだから、ラジオじゃないんだからベラベラしゃべらなくていいよ。実況・解説等の無い、球場音声のみでいい。でも野球をよく知らない人のためにも必要なんだろうなあ。

次回大会は2009年に開催予定。
イチローは「いい選手であり続けて、お呼びがかかることを目標にしている」というようなコメントをしたらしい。もちろんファンも期待している!

アメリカでどう報道されているのか、ニュース続報が楽しみだ。
MLB主導の運営だった今大会…。
球数制限や、タッチアップの新ルール、ポール直撃は二塁打という新ルールなど変な点は今後改善されるだろうか。日本的にはかなり盛り上がったが世界的にはどうなんだろうか。
これから色んな記事を読んでいこうと思う。

参考、
Wikipediaの項目
ワールド・ベースボール・クラシック
ペトコ・パーク




posted by エデン at 00:36 . | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。