トップ > テレビ > 世界ウルルン滞在記 リターンズ #8 磯崎竜一
2009年01月23日

世界ウルルン滞在記 リターンズ #8 磯崎竜一

タグ:ウルルン

俳優・磯崎竜一さんがネパールの山岳へ蜂蜜取りに。

世界ウルルン滞在記 リターンズ
http://www.bs-i.co.jp/ururun
2009年1月23日(金)22:00-22:54 BS-i

内容、
「ネパールの酔っ払う蜂蜜に…磯崎竜一が出会った」
今回紹介する蜂蜜の特徴は、味が濃厚で、たくさん食べると体が熱くなり、まるで酔っ払ったようになること。ネパールではこの蜂蜜を、薬の代わりとして利用しています。ヒマラヤ山岳地帯様々な薬草の花から蜜を得ているため、薬効があると信じられているのです。蜂蜜が大好きという俳優・磯崎竜一(当時26歳)。ネパール中東部、ヒマラヤ山麓地帯の渓谷に暮らすタミ族のインディ村を目指します。
(番組説明から)


ほうほう、男らしい顔のかっこいい人。

明るく優しい彼の性格と家族たちのおかげでほのぼの楽しい回。
子供好きなんだろうな、そして子供たちもすごくなついてた。

崖に作られた蜂の巣、
その蜂蜜を採ろうと上から縄梯子を下ろして…。
想像しただけでも危険な作業!

落ちた人はいない、とパパさんが静かにうなずいてた。
ちょっと悲しみを感じとれたのは気のせいかな。 つまりいると。

買取に来た人がコブラで真偽テスト。
コブラはあの蜂蜜を嫌うということで役にたつ。
蜂蜜がコブラの体に触れると皮膚を溶かすそうだ。
不思議な効果だねえ。 薬草代わりの蜂蜜、毒を持つコブラ、自然の不思議だな。

山岳の景色、アジアの旅先、ああ、いいな、あいこちゃんの旅を思い出した。

次回は、斉藤由貴さん。
いよいよ女性の登場だ。

公式プロフィール
http://www.softpolis.co.jp/stork/t_isozaki.html
公式ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/isozaki/diary/200901130000/

4591104893
世界ウルルン滞在記 永久保存版 (単行本)

「世界ウルルン滞在記」制作スタッフ
ポプラ社 2008-09


posted by エデン at 23:29 . | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。