トップ > テレビ > 世界ウルルン滞在記 リターンズ #6 塚本高史
2008年12月20日

世界ウルルン滞在記 リターンズ #6 塚本高史

タグ:ウルルン

ニキビ面の若き塚本高史くんが、バナナで南米エクアドルへ。

世界ウルルン滞在記 リターンズ
http://www.bs-i.co.jp/ururun
2008年12月19日(金)22:00-22:54 BS-i

内容、
「エクアドルの本場のバナナに…塚本高史が出会った」
世界一のバナナ生産国・
赤道直下のエクアドルを訪れたのは、
海外旅行初体験の俳優・塚本高史(当時19歳)。
その頃プロフィールにバナナ好きと書くほどの塚本が、
バナナ園の従業員生活を体験する。
塚本が働くサンマルコス農園は、
東京ドーム214個分もの広さがあり、
すべて人の手による自然栽培でバナナを作っている。
塚本は350人の従業員に仲間入り。
果たして一週間で、
うまくバナナを熟れさせることはできるのだろうか。
(番組説明から)


ひたすら力仕事!

仕事! 仕事! 仕事!
家族とのふれあいが足りず、ものすごく単調。
バナナ生産過程を知れたのはよかった。

いやあ、担当の上司が一見怖そうで、
塚本くんが怒られるんじゃないかとハラハラ。
ああいった力仕事系の人って仕事には厳しいからな。
けど、かなり優しい上司でひと安心。

重労働、50キロとかのバナナを担ぐ!
塚本くん、重すぎてフラフラ。
従業員たちはさすが慣れたもの、軽々と。
オレなら担ぐ前につぶれるわ。

次回は、18歳、若き小栗旬くんが厳寒の地へ。

B001FWITDW
世界ウルルン滞在記Vol.4 塚本高史 [DVD]

2009-01-23


posted by エデン at 11:46 . | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。