トップ > 連続ドラマW プリズナー > プリズナー 最終話
2008年12月15日

プリズナー 最終話

圭吾の巧妙な策略、和田の暗躍と正体、面白かった。

連続ドラマW プリズナー|WOWOW ONLINE
http://www.wowow.co.jp/dramaw/prisoner/
2008年12月14日(日)22:00-23:00

B0027BT0T2
プリズナー DVD-BOX

玉山鉄二, 鶴田真由, 大森南朋, 中村俊介
TCエンタテインメント 2009-08-05

内容、
悪魔と戦うには、自分も悪魔になる。 圭吾はビッグボスに金をちらつかせ、 国外に脱出しようとしていたポンを 捕まえることに成功する。しかし、 圭吾の真の狙いは、ジョイとビッグボスを、 その地位から引きずりおろすことにあった…。 ビッグボスに、「ジョイを捕まえ、さらに 大金を手に入れないか?」と持ちかける。 ポンに教わった、“黒い代書屋”を使って 借用書の偽造を行ない、ジョイを陥れようと いう計画なのだが…。 (番組説明から)


前回あたりは同じテンション続きで中だるみが感じられたけど、
謎解きとでも呼べる最終回はさすが面白かった。

まあ、全5話でももうちょっと絞って全3話ぐらいでもよかったかもね。

一ヶ月以上にまたがせて契約数を稼ごうなんてwowow策略があったり?

圭吾の策略、
偶然手に入った偽札を、
署長を快く思っていない副署長の内面をも利用して、
素早い発案が見事だったな。

新型テスターの危機も交渉に乗った副署長のおかげで切り抜ける。
このシーンはもしかしたら副署長は交渉に乗らないのかと
ハラハラしたよ。

その偽札を売った現地人の代書屋、
演じる人も実際に現地の人かと思ったら、日本人役者でビックリ。

2009年3月、連続ドラマWの第3弾だとさ、期待してる。

プリズナー 主なキャスト

玉山鉄二……井沢圭吾、無実の罪で投獄され実刑10年を受ける
鶴田真由……西山亜希、編集者、井沢の冤罪を晴らそうと協力
大森南朋……ポン、日本人のハーフ、井沢に国の実情を教え協力

池田成志……アリ、副署長、井沢をだまし続ける
津田寛治……佐伯、編集者、日本にいる西山の上司(不倫)
木下ほうか…韓国大使館員
遠山俊也……現地人の代書屋
草刈麻有……タオ、譲原の孤児院の現地人
竹花梓………チャン、現地のボス・王の部下
大林丈史……外務省の槙原和夫、大使宇部の上司
柳野幸成……和田の仲間、土地権利書に関して動く

ジョン・カミナリ…ジョイ・サーガ、白人の実業家、真犯人
ウォルター・ロバーツ…ビッグ・ボス、署長、ジョイと組んでいる
ミルトン・ジェイムズ…オクスーン、刑務所投獄者の中のボス

小日向文世…宇部肇、駐在大使、なぜか非協力的
松重豊………王尊民、ジョイのボス、譲原の土地を欲しい
石黒賢………和田暁、バーに出入りする男、協力的

原作 沢井鯨 『P.I.P. プリズナー・イン・プノンペン
脚本 大石哲也
音楽 澤野弘之
エンディングテーマ WISE "Unchain my heart feat. May J."
監督 水谷俊之

B001GM7GVW
プリズナー オリジナル・サウンドトラック

2008-11-12




posted by エデン at 08:00 . | Comment(0) | TrackBack(1) | 連続ドラマW プリズナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レベル999のマニアな講義 : 連続ドラマW プリズナー 第5話(最終回)最後の戦い
内容戦いを決意した圭吾(玉山鉄二)は、警察署長・ビッグボス(ウォルター・ロバーツ)に取引を持ちかける。ジョイ(ジョン・カミナリ)が譲原(中村俊介)から、だまし取った金と引き替えに、ジョイを捕まえ、そし..
2008-12-15 22:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。