トップ > パーフェクトラブ! > パーフェクトラブ! 第十話
2008年11月06日

パーフェクトラブ! 第十話

「痛みで進化する女」

武人と千草、それぞれ将来を描き始める中、
千草は講習会でしばらく東京を離れることに。
そして出発の日を迎える。

福山ましゃ、2010年大河ドラマ『龍馬伝』主演に決まった!

 「なんの夢見てたの?」。ある日曜の朝。武人(福山雅治)は千草(木村佳乃)のそんな問い掛けで起こされた。枕をきつく抱き締めた寝姿を見て、「エッチな夢でしょう」とたてつづけに言われた武人は、まさかみさ子(大石恵)の夢とも言えず、「まぁな」とあいまい返事。そんなやりとりをしているとき部屋の電話が鳴った。みさ子からだった。武人は咄嗟に融資の相談をしている銀行からとごまかしたが、千草はわずかな疑いを抱きスイミングスクールへと出かけて行った。
 その夜、武人は久し振りに『エル』に行った。みさ子は電話の効果ありでやってきてくれたことを喜んだが、自宅には電話してこないで欲しい。それからあの一夜ことは酔っていて…と言い辛そうに切り出した武人の言葉にショックを受ける。「お互いオトナ同志じゃないですか」とその時は返した。しかし、リュウ太(ユースケサンタマリア)が店の女の子ユリ子から、みゆき(畑野浩子)のことばかり口にすることを責められてる姿を見た大友は、「女の子を舐めると怖いぞ」と意味ありげに武人を見つめるのだった。
 数日後、千草は水泳の先生からライフセーバーの講習会に参加してみないかと誘われていることを武人に話した。武人は生半可な気持ちではできないと言うが、「彩さんのこと仕事は応援するのに…」と千草は不満だった。
 一方リュウ太とみゆきの関係も険悪なものになっていた。みゆきが見知らぬ男とデートしてる現場を目撃し、それを責めたリュウ太は「私のためになんにも我慢する甲斐性無しよりはいい」と突き放されてしまったのだ。
 そんな中、武人のマンションにやってきていた孝太郎(武田鉄矢)が喘息で倒れた。みさ子の電話で、武人とみさ子のことを知ってしまいマンションを出ていた千草は嫌われていることを承知で看病するといい出す。孝太郎はそんな千草のことを少し見直していた。しかし、「武人はいずれ故郷で開業することになる。その時一人お母さんを置いてついてくる覚悟はあるのか?」と武人との結婚についてあらためて問いただすのだった。
 その夜、千草は武人に和歌山にライフセーバーの講習会に行くことにしたと告げた。そして「今は目標持って頑張ることが楽しいし。誰かと一緒に居るにしても自分の中に目指すものがあった方がいいと思えるから」と素直な気持ちを話すのだった。
 出発の日。千草は武人のマンション立ち寄り、ペアカップの一つをバッグに詰めると、武人への手紙を書き始めた。とその時だった、留守番電話に彩(板谷由夏)のメッセージが入ってきたのだ。『東京のショーに呼ばれて一時帰国します。もう一度タケに会いに行きます…』。
 聞き終えた千草は込み上げる不安と闘い始めていた。
 (公式サイトから、一部誤字訂正)

つづき、
帰った武人は千草の出発の手紙を読み、見送りに走る。

「見送りに来た」
「たった5日間東京を離れるだけなのに」
「講習が終わったらどうするんだ? 戻って来いよ、俺のところに」
「今、ひとり立ちできるかどうか、人生の分かれ道にいる。
 あなたのところへは戻らない。もう少しひとりでがんばってみる」
「そうか」
千草は部屋の合鍵を返して、
お互いに人生を頑張ろうと言って、和歌山へ旅立つ。
あの髪留めを大事に持っている。
武人はただ見送るしか出来ない。
そして、
武人の帰り道、帰国した彩がやって来ていた。
つづく。


人生の岐路。
武人の人生、千草の人生、
それぞれの分かれ道がたくさん枝分かれしている中、
ふたりの人生の分かれ道はつながる点を見つけられるのだろうか。

中盤、
武人と千草、リュウ太とみゆき、それぞれ将来へ向け二人の仲が揺れ動く。

武人は地元福岡での開業の話に親のためにも、と悩む。
千草はついて行くかどうか、また自分自身のやりたいことを模索。
大げさではないドラマで、等身大の話に親近感がわく。

リュウ太はみゆき一筋だが頼りない男。
今でもキャバクラ通い。ビンボーなのに。
みゆきはしかし頼られるんじゃなく女として頼りたい面も。
そしてみゆきは他の男とデート。リュウ太が激しい嫉妬。
ダメ男だなー、リュウ太。

森口瑤子さん登場、
武人父の知り合いで、武人に「さきほどはどうも」。
武人は覚えがないが、なんとさっきの歯医者患者だった!
オレも思わず巻き戻した! 今と変わらず、やっぱりかわいい!

宇梶さんも登場。『ひと屋根』以来、勢いのあった頃なんだろうな。

キャスト
福山雅治……楠武人、ナンパな歯科医
木村佳乃……小山田千草、いい男探しのOL
ユースケ・サンタマリア……中西リュウ太、武人の友人
板谷由夏……富永彩、武人の元彼女
立川政市……大友克明、武人の友人
畑野浩子……久田みゆき、千草の同僚OL

仁科克基……武人の歯科医院同僚、太い眉
三島裕………同上、薄い毛
森詠美………歯科衛生士、武人の同僚
鈴木美恵……千草の同僚OL、ぽっちゃり
高木りな…千草の同僚OL、ショートヘア、多田
古郡やすこ…千草の同僚OL、ロングのウェーブヘア

大石恵………エルのみさ子、ナンバーワンキャバクラ嬢
宇梶剛士……倉沢、みゆきとデートする男

人村朱美……スイミングスクール講師、千草に教える
藤森みゆき…キャバクラ嬢、リュウ太を接待 井原幹雄……スイミングスクール講師? 中村嘉夫……医者、武人父を診察 古賀プロ
放映プロジェクト
劇団東俳
キットハウス
ルージュ

森口瑤子……春香
橘雪子………小山田ハルミ、千草の母
武田鉄矢……楠孝太郎、武人の父

脚本 浅野妙子
演出 高橋正秀


posted by エデン at 22:00 . | Comment(0) | パーフェクトラブ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。