トップ > パーフェクトラブ! > パーフェクトラブ! 第九話
2008年11月03日

パーフェクトラブ! 第九話

「ゴーゴー同棲GO」

武人と千草の同棲が始まった。
それぞれの親同士のいがみ合いも二人がなだめて解決。
しかし、彩からの手紙をきっかけに、武人と千草は…。

 「好きなだけここにいていろよ」。彩(板谷由夏)のことは忘れ、千草(木村佳乃)と向き合っていくことを決めた武人(福山雅治)は、自分のマンションに寝起きしても構わないきと千草に言った。喜んだ千草は、早速武人のマンションに転がりこんできて、ずっと武人の側にいれる幸せを実感していた。
 そんな様子を聞いた千草の同僚たちは、二人のことを羨ましがりながらも、「そういう関係は意外と結婚と結びつかなかったりするもの」「やりたいことだけやって、飽きたらポイよ」など茶化すように不安なことをいうのだった。
 数日後、武人は孝太郎(武田鉄矢)に電話で、千草との様子や偶然千草の母ハルミ(橘雪子)に会ったことなどを話した。これで武人が結婚を真剣に考えているものと早合点した孝太郎は、「こちらも挨拶に伺わんと」というと、次の日曜日にはもう武人のマンションにやってきた。
 しかし、部屋の中を見た孝太郎の表情が変わった。二人の生活の様子が見たいと遊びにきていた千草の友人たちか大勢押しかけおり、千草は普段の武人のことをおもしろおかしくぶちまけていたのだ。
 孝太郎は、以前と違う様子の千草に愕然。「娘さんのご行状のことでお話しが」とハルミを呼び出すと、親が親なら娘も娘!と罵倒すると「結婚は絶対許さん」と叫んだのだ。そして娘を侮辱されたハルミも黙っておらず、「今はまだ結婚は考えていない」といった武人を責め、「先々のことも考えず暮らすようなことこそふしだら」と千草を引っ張り帰ってしまった。 
 その後武人は、孝太郎に「思ってるほど悪い子じゃない」ととりなし、千草は「今は先のことより武人と一緒にいたい。お母さんに反対されるのが一番辛い」と今まで通り付き合うことの許しを得た。
 そんなある日のこと、武人は何気なく開いたクリニックの待合室にあるファッション誌の中に、彩の姿を見つけた。
 ツテもコネも無い中、彩は見事にチャンスを掴んでいたのだ。武人は、編集部を通じて聞きだした電話番号で、パリの彩に電話をし、おめでとうを言うと、お互いに頑張ることを約束して受話器を置いた。
 だが、折り畳まれ武人のスーツのポケットにしまわれていた彩の載った記事をふとしたことで千草が見つけてしまったのだ。書きこまれた電話番号。千草の気持ちが、また不安で一杯になっていく。そして、さらに不安を掻立てるように届いた彩からのエアメール。宛名はもちろん武人。
 しばらく机に置いた手紙を見つめていた千草は、たまりかね封を切った。
 (公式サイトから、一部誤字訂正)

つづき、
その後、
千草は帰ってきた武人にいら立ちを隠しつつ接する。
武人が彩からの手紙が封切られていることに気づいて、
信頼されていないことに怒って、手紙を破いて出て行った。
武人が行き着いたのはキャバクラ・エル。
そんな中、千草は手紙を元に戻そうとテープで貼り付ける。
その後、武人は酔いつぶれてみさ子の部屋に。
帰ろうとする武人をみさ子が止めて誘惑。
朝帰りの武人に、千草は彩からの手紙を同じ文章で書き上げ、
それを読み上げる。
彩の、武人への愛と仕事を優先した謝罪。

千草は彩の愛の深さと自分の浅さを感じて出て行こうとする。
武人は千草を追いつめてしまったことを謝る。
「許してくれ、千草」抱擁。
つづく。


>そんな中、千草は手紙を元に戻そうとテープで貼り付ける。
このシーンは泣けるねえ。
破いた手紙を元に戻そうと必死。
欠けらが足りなくて必死に探す千草。
申し訳なさがひしひしと伝わる!

職場のお局は、
いい本があると言って体位特集本を同棲し始めた千草にオススメ。
家族で観るかもしれないドラマに、こんなもの恥ずかしいな、おい。

武人の姉って誰?

リュウ太、貯金を始めた。でも空っぽで、ビンボー。
でも、みゆきを愛する決心は変わらない。
“クラ”立ち、あらゆるクラブをやめるよう言い渡され悲しむリュウ太。

いがみ合ったそれぞれの親。
千草母が怒って帰る捨て台詞、「お茶もいただきませんで」。
おお、武人たちお茶を出してねえー。
こういった挨拶の経験豊富であろう母親ってものは目ざといな。

リュウ太、みゆきに指輪を買ったものの、
浮気がばれて、別れを切り出されてしまった! どうなる!

キャスト
福山雅治……楠武人、ナンパな歯科医
木村佳乃……小山田千草、いい男探しのOL
ユースケ・サンタマリア……中西リュウ太、武人の友人
板谷由夏……富永彩、武人の元彼女
立川政市……大友克明、武人の友人
畑野浩子……久田みゆき、千草の同僚OL

仁科克基……武人の歯科医院同僚、太い眉
三島裕………同上、薄い毛
森詠美………歯科衛生士、武人の同僚
鈴木美恵……千草の同僚OL、ぽっちゃり
高木りな…千草の同僚OL、ショートヘア、多田
古郡やすこ…千草の同僚OL、ロングのウェーブヘア
羽野敦子……千草の同僚OL、お局

大石恵………みさ子、ナンバーワンキャバクラ嬢

嘉門洋子……キャバクラ嬢・レイナ
澤田喜代美…千草母の友人、今回は武人と出会う
古賀プロ
放映プロジェクト
劇団東俳
キットハウス
稲川素子事務所

橘雪子………小山田ハルミ、千草の母
武田鉄矢……楠孝太郎、武人の父

脚本 浅野妙子
演出 高橋正秀


posted by エデン at 22:34 . | Comment(0) | パーフェクトラブ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。