トップ > パーフェクトラブ! > パーフェクトラブ! 第八話
2008年10月31日

パーフェクトラブ! 第八話

「満月は欠ける運命」

付き合い始めた武人と千草。
しかし彩のパジャマをきっかけに千草が怒る。
武人は千草と付き合うという強い想いを伝え信頼を取り戻す。
さらにマグカップを買ってきて…。

リュウ太、ケータイに無線が入って、妊娠話から逃げる。

 ある日曜日。千草(木村佳乃)は武人(福山雅治)とのデートを楽しんでいた。付き合い始めたことが嬉しくて仕方ない千草は、千草と名前で呼んで欲しいとか、ペアのマグカップを買って好きな人と一緒に朝のコーヒーを飲みたいなどと言いだし武人を困らせる。武人は「しょうがない奴」といいつつも、どこか千草を愛しげに見つめるのだった。
 翌日、オフィスでのランチタイム。幸せそうな千草のことを羨やむ同僚たちの中、なぜかみゆき(畑野浩子)だけ元気がない。「どうしたの?」と千草が尋ねても「なんでもない…いいな千草は将来に迷いが無くて」と返すだけ。
 だが、その理由は次の休日の“ダブルデート“の時に発覚した。武人とリュウ太(ユースケ・サンタマリア)が待つクラブにやってきたみゆきは、このデートが気乗りしないと言うと、リュウ太に妊娠したかもしれないと突き付けたのだ。驚いたリュウ太は、無線で呼ばれたと見え見えの嘘をついてその場を去っていった。みゆきも、そして千草もリュウ太の誠意の無さに激怒。
 しかしリュウ太は、その後もみゆきに会うのが怖くて、武人のマンションに身を寄せ逃げまわるのだった。
 そんなリュウ太を見兼ねて、孝太郎(武田鉄矢)もリュウ太をかくまうことに協力する。だが、ある日のこと千草が武人にかけた電話に、リュウ太の声が聞こえたことで居所がバレてしまった。
 武人のマンションに乗り込むみゆき。だが、あいかわらず逃げ腰で何も言えないリュウ太を見て、とうとうみゆきは「これでフンギリがついたわ。あんた男のクズよ。二度と目の前に現れないで!」。リュウ太に別れを宣言したのだった。
 この一件がもとで武人と千草もなんとなく気まずいムードになっていたが、武人は思い切って千草に会いに行くと、仲直りの“豪華ディナークルーズ“の招待状を手渡した。
 その日千草は、わくわく気分で武人が来るのを船着場で待った。しかし、きたのは約束の時間を二時間ほど遅れるという武人からの電話。
 ガッカリとして沈みこむ千草。
 その頃武人は彩の別れた夫・鎚本(中山俊)と会っていた。そして彩が日本での成功を振り切って、何一つ頼るものないパリに行ったことを聞かされたのだ。デザイナーに誘われてといったのは、武人を安心させるための嘘だったと。
 ようやくやってきた武人を迎えたた千草は、オヤジが急に帰ることなってといいわけをした武人の言葉を信じた。
 しかし、ゆっくりしたいからと武人のマンションで食事をすることを選んだ千草は、そこで紙袋に入れられた彩のパジャマを見つけてしまう。それは、さっきまで確かに武人が手にしていたものだった。
 「……彩さんに会いに行ってたの…?」
 ひどく傷ついた表情の千草は、部屋を飛び出して行った…。
 (公式サイトから)

つづき、
追いかけた武人は、彩のことは忘れていないが、
千草と付き合うことを決めたと言って、抱擁。
翌日、
「おみやげがある」と言って出したのはペアのマグカップ。
「一緒に暮らさないか? 千草」
初めて呼んだー! キス。
つづく。


名前で呼んで欲しい千草に、
武人「乳房」「ちぐ…、チグリスユーフラテス川」

「けと」
千草が武人(たけと)をこう呼び始めた。

リュウ太のケータイに無線が入ったらしい(笑)
妊娠の話を避けるのは、どうなんだろう。

リュウ太、水着ギャルにお触りおっぱい、ツンツン。
ふとそこに、みゆきが登場。
背負っている赤ん坊がリュウ太そっくり「おっぱい」
実は夢だった。
ユースケさんが赤ん坊頭巾をかぶって、面白い。

ホテルのルーム係で第一話の女性が再登場。ゆみこ。
こういうキャストの使い方って好きだな。


武人父が、リュウ太の妊娠逃げの話に、武人の独立話に、
優しくいい話で大活躍。

そしてリュウ太はみゆきの妊娠を現実として受け入れた。
大きなぬいぐるみと花束で祝おうとする。
みゆき「(生理が)来たわよ」。
リュウ太、せっかく気合を入れてやって来たのにがっくり。
みゆき「ありがとう」
ラブラブー☆


武人、彩の元ダンナから彩がコネもなくパリに行ったと知らされる。
デザイナーから誘われたと信じていた武人。
彩の性格からしてあり得る嘘だから話の作り方がうまいなー。

キャスト
福山雅治……楠武人、ナンパな歯科医
木村佳乃……小山田千草、いい男探しのOL
ユースケ・サンタマリア……中西リュウ太、武人の友人
板谷由夏……富永彩、武人の元彼女
立川政市……大友克明、武人の友人
畑野浩子……久田みゆき、千草の同僚OL

中山俊………彩の別れた夫・鎚本、彩を好きだが彩は嫌う
仁科克基……武人の歯科医院同僚、太い眉
三島裕………同上、薄い毛
森詠美………歯科衛生士、武人の同僚
高木りな…千草の同僚OL、ショートヘア、多田
鈴木美恵……千草の同僚OL、ぽっちゃり
古郡やすこ…千草の同僚OL、ロングのウェーブヘア
羽野敦子……千草の同僚OL、お局

大石恵………みさ子、ナンバーワンキャバクラ嬢

みづほ………第一話の歯医者患者、今回ホテルルームサービス係
嘉門洋子……キャバクラ嬢・レイナ、みさ子の同僚
古賀プロ
放映プロジェクト
キットハウス
劇団東俳

橘雪子………小山田ハルミ、千草の母
武田鉄矢……楠孝太郎、武人の父

脚本 浅野妙子
演出 中江功


posted by エデン at 22:38 . | Comment(0) | パーフェクトラブ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。