トップ > ドラマ > 極楽町一丁目 第三話 第四話
2008年10月10日

極楽町一丁目 第三話 第四話

極楽町一丁目 第三話
「体にいいと聞いたものですから」
2008年10月8日(水)23:53-0:00

とみのために体に良いといわれる健康
グッズを買うのりこ。イオン水、酸、気功…。
のりこの間違った使い方が、とみを追い込んでいく…。
(公式サイトから)

宅急便でアルカリイオン水が届いた。
その水を使ったお茶を
姑は飲んで異変を感じる。
嫁は姑の口を押さえて体を羽交い絞め。
姑、嫁を投げ飛ばす!
(第一話と同じ投げ飛ばしシーンで使いまわしだ汗)
嫁、アルカリだけでなく酸性のものも入れていた。
姑「お酢やクエン酸は体にいいんだけどねえ」。
こぼれたお茶は畳を溶かしていた、つまり強い酸!

気孔の本が届いた。
カメハメ波を撃つように特訓する嫁。
ついに花を枯れさせることに成功「出来た♪」。
夜、姑が寝苦しく目を覚ます。
横で嫁が気を送っていた。
健康にさせたいと言う嫁。

超能力の本が届いた。
スプーン曲げを習得「出来た♪」。
首筋をもむ嫁、苦しむ姑。

ゴルゴ13のマンガ本が届いた。
姑から今度は何の勉強かと聞かれ、
嫁はただの漫画だと言う。
おわり。


尻すぼみ。
酸の衝撃度が強いから、終わりが惜しい。

二人だけで繰り広がる中、
第三者を入れると話も広がるね!

そのゲスト、
笠原秀幸さん、
宅急便配達の男、どうやら嫁に気がある。
「帰りたくない」と男。
しかし嫁にはまったく気がなく突っ返す。
二度目、
「帰り…」、
嫁は素早く突っ返す。
最後には、
嫁はしかめっ面で、男はすごすごと帰るしかない。


極楽町一丁目 第四話
「できません、そんなこと」
2008年10月9日(木)23:53-0:00

あらすじ、
「旅行にいきたい」と、とみ。
その行先が“天国”だと察したのりこがとった行動は…。
「久しぶりにあの人に会いたいわね」と、とみ。
その人が“あの世”にいると察したのりこがとった行動は…。
(公式サイトから)

姑は旅行に行きたいと言う。
嫁は、その行先が蓮の花の咲く小鳥の飛ぶ世界だと察し、
ひとり興奮しつつ、そんな所へは連れて行けないと言いつつ、
皮手袋をはめ、
必殺仕事人風に妄想の世界へ。
姑は勘違いだと指摘する。

姑は懐かしい庭職人に会いたいと言う。
嫁は、年老いた職人ですねと確認を取り、
ひとり興奮しつつ、あの人に会わせることは出来ないと言いつつ、
皮手袋をはめ、
スケバン刑事風に妄想の世界へ。
姑はその職人が亡くなったことを知る。

姑は嫁の苦労を分かっているつもりだと言う。
亡き夫にあの世から呼ばれているとも。
早く夫のもとへ行かせてほしいと。
嫁は、その言葉に悲しみを見せつつ、
エルム街の悪夢、またはウォーズマン風に妄想の世界へ。
そして姑に襲い掛かる!
姑は嫁を投げ飛ばす!
(第一話と同じ投げ飛ばしシーンで使いまわしだ汗)
いきなりどうしたのかと問う姑。
嫁は「だってお義母様が…
 <いっそ、ひとおもいに>
 って」
姑「ああ、あなた、ついに腹話術もマスターしたのね」
腹話術の教材を使ったらしい。
おわり。


第三話の宅配の話につながる感じ。

シュールでブラックだな〜☆

今回はかなり面白い!

庭職人に会いたいと言われても、あの人はもういないんだよ、
会いたいならそれは姑があの世に行くしか。
殺意満々だけど、意外にこんなところにも気も遣ってる。

『必殺〜』は分からんけど、
『スケバン刑事』は思わずにやける〜!

爪はウォーズマンかな?

ゲスト、
山中聡さん、実は一人二役だった!
以前、嫁の夫として手紙を読む声で登場したけど、
今回、姑の亡くなった夫として遺影登場。

極楽町一丁目 第一話
極楽町一丁目 第二話
極楽町一丁目 第三話 第四話
極楽町一丁目 第五話
極楽町一丁目 第六話 第七話
極楽町一丁目 第八話 第九話
極楽町一丁目 第十話 第十一話
極楽町一丁目 最終話




posted by エデン at 23:28 . | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。