トップ > ドラマ > 事件記者〜警視庁クラブ〜 松木里菜
2008年10月07日

事件記者〜警視庁クラブ〜 松木里菜

タグ:松木里菜

松木里菜さんヒロインということでチェック。

金曜プレステージ・事件記者〜警視庁クラブ〜
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2008/08-229.html
2008年9月12日(金)19:57-21:48

概要、
事件記者を続ける理由、
それは「埋もれている真実も掘り起こすため…」
警視庁クラブを舞台に繰り広げられる記者たちの人間ドラマ。
事件の裏に見た真実とは…。
(番組説明から)

あらすじ、
実直で優秀な刑事・三上(本田博太郎)が妻を殺した。
新聞記者キャップ・矢作(西岡徳馬)たちが真相を調べ始める。
刑事・是枝(田山涼成)たち警察が公表した事実が真実なのか。
熱血新人記者・津上(松木里菜)が極秘スクープをつかんだ。
情報源を明かせないという彼女だったが、
実は刑事に偽情報で操作されていて、
そのせいで三上の息子が自殺未遂を起こす。
津上は責任を感じ、辞めるつもりでいたが矢作に説得されて
真実の追究を目指し、偽情報の真実を調べはじめ、
過去の事件の被害者・浮浪者から真実を聞き出し、
三上の息子は過去の事件で無実だったことが分かる。
一方、矢作は三上の妻のホストクラブ通いからの借金の
事実を調べる。このホストクラブは暴力団と接点があり、
監察による摘発情報を的確につかんでいたことから、
警察内部情報もつかんでいるのだろうと、
矢作は内部情報漏洩を疑い調べ始める。
(略)
真相、妻殺しの真犯人は三上。
言い争う中で妻の持つナイフを妻に刺してしまった。
言い争う理由はホストクラブ通いの借金に困った
妻が三上のPCから警察情報を漏洩していたこと。

漏洩の証拠DVD、
是枝がいち早く三上宅で探していた。
なぜ是枝がDVD情報を得ていたのか、是枝こそが悪玉。

是枝はこのホストクラブから暴力団関係の情報を
裏取引で仕入れていて、大きな情報源として守りたく、
さらに、○暴の三上の妻が情報を流していたことを
公にしたくなくて、警察の威信を守るためだった。
いや、それ以上に自分の裏取引のこと、
自分の地位を守るためだった。
ある程度見抜いていた久住と、
三上との接見で妻の事実を知らされた矢作、
銃を向ける是枝に立ち向かい、
ふたりの前で是枝は観念。

三上が守りたかったのは、
警察の威信よりも、昔の事件で信じずに
傷つけてしまった自分の息子との絆だった。

矢作が今回は久住のスクープだという中、
久住は撃たれてケガをした矢作のために代わりにキーボードを叩く。

矢作の退院祝いの中、事件の一報が入って記者たちは飛んでいく。
おわり。


続編があるかもしれないということで、覚書として多めに書いた。

まあ、ドラマとしては並かな。
真実の追究、
偽情報を報道された被害者の苦悩、
矢作(優しい)と三上(厳しい)の父親像、
記者たちの調査でつながって判明する意外な真犯人、
このあたりが印象的だった。

久住の無口で謎めいた存在感、特に強烈だった。
しゃべらないし行動は見えないし、
因縁から矢作を敵視しているのかもしれないし、
証拠DVDのシーンでもおいしい登場をするし。

田山さんのこと好きだけど、
シリアスドラマの犯人キャラじゃないな。
あくまでコミカルな存在が似合ってるな。

matsuki-rina.jpg
松木里菜さんのかわいさ☆
色白、薄化粧、いいよなあ☆
黄色いアイシャドー☆

お酒のシーンはあの旅番組を思い出させる。
そう、けっこう強いらしく飲みっぷりがいい。

“またぎ”
真実を追う新人記者・津上が
浮浪者にしつこく問い詰めるシーンで、
浮浪者が引き換えに路上で裸を見せろという。
このシーンがいわゆる“またぎ”、
21時ちょうどに合わせられていて、
津上はどうしても真実を知りたく、
ボタンを外し始める。
視聴者を引き寄せる手段だなと。

キャスト
西岡徳馬……矢作克己役、東陽新聞社社会部キャップ
 父としても優しく頼れる人
岡江久美子…妹尾美由紀役、極東タイムスの新キャップ
 女性キャップとして張り切る
松木里菜……津上智子役、東陽新聞社新人女性記者
 新人として張り切るが逆に悪い警察幹部に利用される

橋本じゅん…大阿久俊哉役、極東の記者
土屋裕一……鶴園修一役、東陽新聞社記者、鶴岡修一は間違い
山本龍二……藤吉浩二役、暴力団幹部
粟根まこと…土井垣肇役、東陽新聞
有薗芳記……小山信行役、大和新聞キャップ
深沢敦………三瀬洋二役、大洋新報キャップ
広岡由里子…三上佐和子役、三上の妻
飯田基祐……警視庁監察官・立石
小林正寛……平戸鈍也役、大洋新報社新聞記者

山田辰夫……内海、警視庁広報官
美保純………矢作良子役、克己の良き妻
田山涼成……是枝剛司役、警視庁捜査一課

増沢望………遠山刑事
本城丸裕……清水、浮浪者
宮嶋剛史……川岸祐作役、さやかの彼氏
大橋てつじ…大阿久の同僚
青柳塁斗……矢作悠太役、克己の良き息子
中山京………三上幸平役、ヒキコモリの高校生
中村千怜……妹尾さやか役、美由紀の娘、彼氏と海外へ行く予定
内浦純一……悪徳ホストクラブ店長
桑原裕子……陽子、警視庁広報官、内海の部下
竹本純平……岡部、刑事、二年前の事件を担当
吉永秀平……刑事、
岩田丸………テレビ報道記者?
高野弘
根本俊二
兎本有紀……
松永隼………回想、久住の若き頃
横田エイジ…取材を受ける刑事
速見領………取材を受ける刑事
牧徹…………
紅湖…………リポーター
赤澤輝美……看護師
大窪晶
村野友美……聞き込みを受ける主婦
森澤早苗
StormRider
古賀プロダクション

清水めぐみ…美冬役、居酒屋みふゆ女将、記者たちの憩いの場
本田博太郎・友情出演…三上幸雄役、警視庁警部補、妻殺し犯人の疑い

筧利夫………久住俊介役、元東洋新聞、フリージャーナリスト
 かつてスクープを矢作に信じてもらえなかった過去がある。
 久住が偽情報をつかまされたことを矢作は見抜いていた。
 矢作に対しては若き頃のこともあり尊敬している。

“極東タイムス、山田弘樹”、
背の高い20歳代後半ぐらい、演じる俳優不明。
放送中の字幕テロップで表示されるけど端役。

(オープニング)テーマ曲 「花束」 徳永英明

脚本 伊藤崇
演出補 池辺安智
演出 植田泰史




posted by エデン at 23:05 . | Comment(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。