トップ > 映画 > 機関車先生
2008年09月21日

機関車先生

坂口憲二さん主演映画、2004年公開。
口のきけない先生と瀬戸内の子どもたちの感動ストーリー。

BS2で放送されているのをたまたま見て、
医龍ファンとして、
「朝田先生! 何? 口のきけない役?
 無口な役じゃなく、声を出せない役か!」
と注目して視聴。
麻酔医、小高(大塚寧々)も登場。

2008年9月14日(日)0:30-2:35 BS2
http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/kikansha/
おっと、wowowでも放送済みだったようだ
http://www.wowow.co.jp/schedule/ghtml/018677001G1.html

機関車先生 スペシャル・エディション
B00069YJ16

2004-12-21

概要、
伊集院静の同名小説を映画化。
瀬戸内海に浮かぶ架空の離島を舞台に、障害のある
臨時教員と生徒たちとの交流を描いた人間ドラマ。
葉名(はな)島の小さな学校に、新しく赴任したのは
口のきけない青年教師。わずか7人の無邪気な生徒たちは、
「口をきかんせんせいだから“機関車先生”だ」
とあだ名を付けて大はしゃぎするが…。
これが映画初主演となる坂口憲二が、青年教師を
さわやかに演じて話題となった。
(番組説明から)


今回の目玉は、字幕標準装備!
タイトルにも<字幕スーパー>とあり、
洋画と同じように、日本語字幕が表示される。

口のきけない主人公の物語であり、
聴力に障害のある人も楽しめるように字幕が付けられている。
いつもテレビを字幕オンで視聴するオレとしてもうれしいよ。

さりげない島の日常、そこへよそ者がやって来て、
住民とふれあい、感動ストーリーが生まれる、
というのは人物設定が少々違うものの、
『瑠璃の島』がやろうとしたことだな。
あっちはトラブル少女、こっちは誠実教師。
倍賞美津子さんつながりでもある。
同じく感動ストーリーに仕上がった!

朝田先生、言葉を出せないものの、
手話や身振り手振りでうまく立ち回り、
患者と接する誠実さで島で生きる。

小高は面倒見のいい女将。
年上設定ながらも機関車を高嶺の花とあこがれる。

森田直幸くん、威勢のいい少年、修平を演じる。
1991年7月生まれ、映画公開の当時13歳ぐらい。
映画の撮影・制作期間は長いとして、当時11歳〜12歳かな、
それぐらいでないと本編での見た目の幼さと釣り合わない。
10歳とか9歳でも通じる幼さ。
しかし、うまい! いつもながらうまい!

倍賞さんもひょうひょうとした得意な役、いいわ〜。

意外なところで海堂さん(温泉)登場。

キャスト
坂口憲二………吉岡誠吾、声を出せないが、臨時教師として瀬戸内へ
倍賞美津子……阿部よね、明るく頼もしいおばさん
森田直幸(子役)…修平、父を海難事故で亡くす
吉谷彩子(子役)…洋子、絵で金賞を取る(『鹿男〜』にも?)
小井沼愛(子役)…妙子、長身
石川眞吾(子役)…満、メガネ少年、美作息子(『すてきにコモン!』)
太田琴音(子役)…景子
松田昴大(子役)…隆司
杉山りん(子役)…美保子
土屋匠(子役)……雷蔵
小市慢太郎……修平の父、次郎
真由子…………修平の母
鶴田さやか……潤三の母
迫英雄…………修平父の漁師仲間、同じく海難死
中山麻聖(ませい)…潤三、中学生『全力でぶつかれば山をうちぬくことも出来る』
千原靖史………素平(そっぺい)、美作の部下
神保悟志………素平の仲間、(『温泉へ〜』の海堂さん)
野上正義………漁師の作造?最後機関車先生を船で送る
大木正司………
逸見太郎………
岡崎礼…………
小村裕次郎……工(たくみ)、剣道対戦相手(実際に剣道3段とのこと)
石田晃一………
友川文絵………

徳井優…………溝口、新聞記者
寺島しのぶ……文子、機関車先生の母
佐藤匡美(まさみ)……佐古美重子、校長の娘
笑福亭松之助…兵衛門(ひょうえもん)
大塚寧々………室井よし江、居酒屋『どら』女将、景子のおば
伊武雅刀………美作重太郎、島の有力者[網元]、よねには頭が上がらない

堺正章…………佐古周一郎、優しい校長

スタッフ
原作 伊集院静
脚本 加藤正人、及川章太郎
音楽 国吉良一
主題歌 『Sanctuary ~夢の島へ~』 林明日香
監督:廣木隆一




posted by エデン at 23:00 . | Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]
Seesaa認証コード

※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。