2006年04月01日

阪神 開幕飾れず

セ・リーグがいよいよ開幕。新監督三人が勝利でスタート。

阪神 3 - 4 ヤクルト(神宮)
井川が初回は素晴らしいピッチングをして「今年はやるぞ」という気持ちを感じたものの、二回にソロを打たれた途端に制球が乱れて6イニング7四死球4失点。打線も今ひとつ元気なくつながりが無かった。
ラロッカ死球二つで怒っていた。出塁後の二塁へのスライディングは足を上げる危険プレイ。

横浜 2 - 12 巨人(東京ドーム)
二番小坂セカンドは驚いた。やはり仁志は原監督と…!? 四番スンヨプも活躍。今年の巨人はやるのか!?

広島 2 - 0 中日(ナゴヤドーム)
岩瀬が打たれた。完投型の黒田は6イニング95球で交代、外国人監督流采配だ。




posted by エデン at 01:10 . | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。