2006年03月03日

WBC初戦快勝

2006/03/03(金)
日本-中国 18-2 八回コールドゲームで快勝!
(日本が先攻)

毎日放送で18:25から試合終了まで生中継があった(奈良県)。

テレビカメラは日本選手を追いすぎ=写しすぎ。
ボールを追ってくれ。

外野を抜ける打球が飛んだら打者走者を写すんじゃなく、外野手がどう処理して中継プレーはどうかなどを写してくれ。
中国投手がボークを取られたけど、カメラがベンチの選手とかを写してる最中だったからどういうボークだったか写らず…。ボールを追っていれば写せたはず。

左サイドスロー投手の投球を審判の後ろ(マウンドから見て右後ろ)から写すアングルは良かった!
ボールが左バッターから逃げていくのが分かった。

試合時間は三時間を超した。
オリンピックで除外されるのも試合時間の長さが理由のひとつにあるんじゃないかと推測。一チーム一日一試合で金メダルを決めるのに一週間とか長い日にちがかかってしまう。
運営側からすると面倒だと推測。

野球人気があれば…!
盛り上がれ、ワールド・ベースボール・クラシック!
がんばれ、ジャパン!

03/04 読売テレビで対台湾戦。
03/05 朝日放送で 対韓国戦。




posted by エデン at 22:56 . | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。